Appleが16GBのストレージを廃止したのは朗報

スポンサーリンク

新製品の発表だけではなく、既存製品も微妙に改定されています。値段が下がった製品が多数あるので、この機会にApple製品を購入しておくのもいいでしょう。

値段が下がっただけではなく、他にも興味深い動きがあります。iPhone7、iPhone7 Plusだけではなく、すでに発売されている端末のストレージ容量が変更になっています。16GBだったのが、32GBに変更になっています(iPhone SEは除く)。今回の変更により、1番安いApple製品を購入しても、ストレージ容量で困ることは減っていくでしょう。

クラウドサービスが進化し、自分の端末にデータを残しておく必要がなくなってきました。通信さえできれば、様々なコンテンツを楽しんだり、自分のデータを参照することができます。自分の端末にデータをダウンロードしておく時代ではありませんが、micro SDカードでストレージ容量を拡張できないiPhoneは、16GBモデルだと、色々と不都合がありました。

OSのバージョンアップをするのに、空き容量が足りなくて困る人も減っていくでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Switchが購入できるかも

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly