たまには0%まで電池を使い切ろう。iPhoneの電池の減りが早すぎる人はお試しあれ。

スポンサーリンク

最近、iPhone5のバッテリーがみるみる減っていき、昼には50%を切る毎日を過ごしていました。これは、新型に変えろということなのかと思っていましたが(まだ新型は発売されていません)、どうやらそうではなかったようです。

バッテリーの減りが早い時にすること


色々、使っていないアプリを削除したり、通知するアプリを減らしたり、色々試しました。しかし、そういう問題ではなかったようです。

アップル – バッテリー – iPhone
一番下に書いてあることが大事?!

このAppleのオフィシャルサイトに書いてある、一番下のことを試してみました。

iPhoneを定期的に使う
リチウムベースのバッテリーを適切にメンテナンスするには、バッテリー内の電子を時々動かすことが重要です。毎月最低でも1回は充電/放電サイクルを完了する(完全に充電した後、バッテリーを使い切る)ようにしてください。

そういえば、MacBook Air等のノートパソコンも、たまに0%まで電池を使い切ってから、フル充電すると、電池の持ちが回復するという記事を読んだことがありました。iPhoneも同じリチウムポリマーバッテリーを使用しているので、効果があるかもしれない。

明らかにバッテリーの持ちが変わった!


結果は、バッテリーの持ちが全然違いました。いつもだと、朝のブログを書いている時点で、75%ぐらいになっていましたが、今日はまだ98%!!!間違いなく、これは効果があると思います。

なんで0%にするといいの


これは、全部使い切らずに充電し、満タンにするということを繰り返しているうちに、機械がバッテリーの容量をその範囲で計算してしまうようになってしまうからのようです。本当はもっと使う電池があるのに、実際の容量より、少ない電池容量の範囲で計算をしてしまうようです。

iPhone,iPad,macのバッテリを劣化させないために知っておくべきこと – NAVER まとめ
リチウムポリマーバッテリーはメモリー効果が起きにくい?!/strong>

でも0%にするのって、意外に大変


やってみたのはいいですが、意外にバッテリーを0%にするのって大変。まず0%にするまで使い切るのが大変。僕は、電池消費量が一番激しそうな、ゲームをやり続けて、無理矢理0%まで持っていきました。そこからさらに、満タンまで充電する必要があります。満タンまで、何もせずにiPhoneを置いておくのも大変なんですけどね。

しかし、おかげでiPhone5は新品になったかのように快調です!みなさんもたまには、iPhoneのバッテリーを0%まで使い切りましょう!

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly