最高の打ち心地「Razer Ornata Chroma JP」をレビュー

スポンサーリンク

自宅用のキーボードを新調しました。自宅の自作PCで使っていたキーボードは、Razer BlackWidow Ultimate 2016というキーボードですが、今回もRazerのキーボードを購入しました。今回購入したのは、「Razer Ornata Chroma JP」というキーボードです。

Razerというメーカーは、ゲーマー向けの製品を作っているメーカーです。あまり聞いたことがないという方もいるかもしれませんが、ゲーマーの厳しい要求に応えるだけあって、どの製品も完成度が高い製品ばかりです。今では多数の製品をリリースしているRazerですが、Razerを代表する製品といえばキーボードです。初めて見るとビックリしてしまう、七色に光る電飾がRazerのキーボードの特徴でもあります。

派手な見た目から敬遠してしまうかもしれませんが、一般の方にも使ってほしいのがRazer製品。どの製品も拘った作りになっており、普段使っているデバイスより圧倒的な快適さで使うことができます。

ゲーミングキーボードというジャンルの製品は、何もゲームをするためだけのものではありません。上質なキーボードの打ち心地が、普段の仕事をバッチリサポートしてくれます。

仕事やプライベートで、文字をたくさん打つ方に強くお勧めしたい素晴らしいキーボード、「Razer Ornata Chroma JP」を紹介します。

同梱されているもの

Razer Ornata JP外箱

cof

キーボード本体と、パームレストです。USBハブのような機能はないので、説明書も入っていません。

セッティング

パソコンのUSB端子に差し込むだけです。USBキーボードですから、これで普通に使うことはできますが、Razer SynapseというアプリをRazerのホームページからダウンロードすると、ボタンのカスタマイズや、派手な電飾の設定をすることもできます。電飾が目障りという方は、光る色を調整して、自分の好みに合うように設定しましょう。

同梱されているパームレストは使わなくても支障はありませんが、タイピングをサポートしてくれます。手首のあたりを置いておくと、気持ちよくタイピングができるでしょう。非常に上質な触り心地で、とても気持ちの良いパームレストです。

パームレストは、磁石でピタリとくっつくようになっています。ただのパームレストではなく、細かいところまで気の利いた仕様になっています。普通に使う分には、パームレストが外れることはないでしょう。

実際に使ってみた感想

最高です!なかなか良いキーボードに出会えませんが、これは個人的には満点に近いキーボードです。軽くもなく、重くもない絶妙なキーの重さ。メンブレン方式とは思えないかっちり感です。かっちりはしていますが、緑軸や青軸のような打鍵感とは違います。メカニカルよりは柔らかい押し心地は、メンブレン方式だからでしょう。

Razerが独自開発した「メカ・メンブレン」というキースイッチが、このカチカチとした打ち心地を実現しています。何も知らなければ、普通にメカニカルスイッチを採用していると思うぐらい、メカニカルキーボードに近い感じですが、しばらく使っていると、メカニカルより柔らかいのが分かります。

  • Razer Ornata Chromaのキーをアップで撮影
  • Razer BlackWidow Ultimate 2016のキーをアップで撮影

キーストロークもメカニカル系のキーボードよりは浅く、軽いタッチでタイピングしていけます。Razer BlackWidow Ultimate 2016のキーと比較すると、ややキーのストロークが浅いのが分かります。

キートップは、マットな感じになっています。滑り止め加工をしたような感じになっており、シックでかっこいいキーになっています。指の触り心地も上々で、触っているだけで気持ちのいいキーです。

しっかりした作りと、絶妙な打鍵感が生み出す快適なタイピング環境。打ちやすいキーボードを探している方は、「Razer Ornata Chroma JP」を強くお勧めします。

キー配置



いたって普通のキー配置です。こういったキーボードは、基本に忠実なキー配置が1番です。

タイピングをしていて違和感を感じることはないでしょう。

打鍵音の比較

  • Raer Ornata Chromaをタイピングしている様子。

メカ・メンブレンの音を確認してください。

  • Razer BlackWidow Ultimate 2016 JP 緑軸をタイピングしている様子。

カチカチとしたメカニカルキーボードの音がします。

キーボードの光り方

  • ほとんど設定を変更していない状態の光り方です(光るペースだけ速くしています)。

    ここまで設定できるのかというぐらいに細かく設定することもできますが、とくに手を加えなくても、派手な電飾を楽しめます。

これは買い!

間違いなく買いのキーボードです。これはゲームをやるためだけのキーボードではありません。文字をたくさん打つ人にもピッタリです。この上質なキーボードが、1万5千円以下で購入できるのですから、迷わず買うしかありません。

派手な電飾が不要という方は、緑にしか光らない「Razer Ornata」というモデルを購入しましょう。Chromaとついている製品はレインボーに光りますが、ついていないモデルは緑色にしか光りません。緑にしか光らないモデルだと、3,000円ほど安く購入できます。

打ちやすいキーボードを探している方、文字をたくさん打つ方は、「Razer Ornata Chroma JP」の購入を検討してみてください。上質な打ち心地が、あなたの仕事をしっかりとサポートしてくれるでしょう。

 

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly