スマートフォンの時代は終わる?プレスト生みの親が今思うこと。

スポンサーリンク

最近の話題といえば、スマートフォンばかり。電気屋さんに行っても、スマートフォン関連商品ばかりが、前面に押し出されています。僕らの生活に欠かせない端末になりましたが、スマートフォンの時代は終わると語る人がいます。

「スマートフォンの時代は終わる」:日経ビジネスオンライン
プレイステーション生みの親。

PlayStationを作り、次期SONY社長かと噂もされましたが、PlayStation3がなかなかうまくいかず、結局責任を取ってSONYを去った久夛良木 健氏が、スマートフォンの時代はもうすぐ終わると語っています。

昔からとんでもない発想で、無茶苦茶なところもあるのですが、その先見性で、PlayStationという世界を変えたマシーンを作りました。最近のSONYは元気がありませんが、久夛良木 健氏がいたら、どうなっていただろうかとよく考えます。

その久夛良木 健氏がスマートフォンの時代はもうすぐ終わると言っています。今の状況を考えると、そんなことあるわけないとしか思えませんが、数年前までは、ここまでスマートフォンが普及するとは思ってもいませんでした。そう考えると、スマートフォンの次の時代というのは、もっと端末が小さくなって、負荷のかかることはサーバー側で処理する時代がくるのかもしれません。

久夛良木 健氏は、昔からサーバを使った壮大な世界を思い描いていました。その実現の時期がそろそろ来ているのかもしれません。5年後の、僕らの世界がどうなっているか楽しみです。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly