名古屋といえば地下街。君は伏見の地下街を知っているか

スポンサーリンク

1番行きたくない街になってしまった名古屋ですが、そんな名古屋でも名古屋といえばというものがあります。名古屋といったら地下街でしょう。巨大な地下街があることが、名古屋の特徴のひとつです。

今は名古屋駅に押され気味の栄ですが、やっぱり名古屋の中心部は栄です。栄の地下街に多数のテナントが入っており、歩いているだけでも楽しめます。女性向けのアパレルショップがたくさん入っているので、休日は女性客で賑わっています。

日に日に変わり続ける名古屋駅にも地下街があり、大型ビルの建設に伴い、栄以上に名古屋駅の地下街は発展してきています。

そんな名古屋の地下街ですが、今1番熱い地下街が他にあります。地元の人でも知る人ぞ知るという地下街です。

隠れた名古屋の名所、伏見地下街、を紹介します。

伏見地下街とは

どこに地下街があるんだと思うほど小さい地下街です。地下鉄伏見駅の東改札口と直結しており、東改札口から駅を出ると、そのまま伏見地下街に入ることができます。

伏見地下街に入ると、目を疑うような古い地下街の作りに驚くでしょう。昭和にタイムスリップしたかのようなお店が並んでおり、昭和を知る年代の人は、どこか懐かしい気持ちになるでしょう。

そんなレトロ感溢れる地下街ですが、2年ほどまえから立ち飲み屋さんが続々とオープンしており、レトロ感溢れる地下街の中に、こじんまりとした素敵な立ち飲み店が多数並んでいます。

栄や名古屋駅の地下街がリニューアルして綺麗になっていく中、今でも開業した1957年の雰囲気を残している伏見地下街は、歴史的価値の高い地下街と言えるでしょう。

伏見地下街への行き方

小さい地下街のため、どこから行ったら辿り着けるか分かりにくのが、伏見地下街の難点でもあります。地元でも知らない人がいるぐらいなので、遠方から来る方なら尚更でしょう。

名古屋駅からの行き方
旅行や出張などで名古屋へ来られた方は、名古屋駅から地下鉄東山線(黄色路線)藤が丘方面へ向かう電車に乗車してください。方角的には名古屋駅から東へ向かう電車です。

名古屋駅から1駅で伏見駅に到着します。伏見駅に到着しましたら、電車と同じ方向に向かって歩きましょう。先頭車両に乗っているといいかもしれません。

ほとんどの乗車客は、電車の乗車口から出た方向のまま歩いて行きますが、惑わされずに東改札口を目指してください。電車の進行方向に歩いていくと、古い改札口が見えるでしょう。この改札口を出ると、名古屋の秘境、伏見地下街に入ることができます。

栄駅からの行き方
栄から地下鉄に乗って伏見へ来られた方は、伏見地下街に辿り着くのが少々難しくなります。

栄駅から1駅で伏見駅ですが、電車を降りたら反対側のホームへ向かう階段を探してください。名古屋駅藤が丘方面へ向かうホームへ向かいましょう。下に下がる階段が、藤が丘方面へ向かう階段です。線路の下を通って、藤が丘方面のホームに到着します。

下に降って通路を歩いて階段を登ったら、多くの乗車客と同じように左に行ってはいけません。惑わされずに真っ直ぐ歩いていきましょう。東改札口が見えてくるはずです。

伏見地下街の案内図はこちら

たくさんの立ち飲み店が

改札を出たらすぐに立ち飲み屋さんがあります。ズラーっと立ち飲み店屋さんが並んでいる訳ではなく、ハンバーガー屋さんがあったり、スマートフォンの修理屋さんがあったり、靴の修理屋さんがあったり、洋服屋さんがあったりする中に、ポツポツと立ち飲み屋さんがあります。どのお店も綺麗なお店もばかりで、女性の方でも楽しめるでしょう。ほとんどのお店が禁煙なのも嬉しいところ。美味しい食事とお酒を楽しむには、タバコの煙がないほうがいいですから。

店員さんが2人程度で、こじんまりとしたお店になっています。大型チェーン店のような愛のない料理ではなく、しっかりと手作りした料理ばかり。それでいて料金もリーズナブルなので、毎日通っているようなお客様もチラホラ見かけます。気さくな店員さんたちが、1人でお邪魔する方も、温かく出迎えてくれるでしょう。

料理とお酒の写真

どのお店も素敵なお店ばかりなので、きっと自分にあったお店が見つかるでしょう。あなただけのお店を見つけてください。

伏見の地下街で楽しめるお酒と料理がどんな感じか分かる写真がこちらです。14時からお酒が飲めるお店もありますので、ごゆっくりとお楽しみください。

cof

cof

cof

sdr

cof

cof

cof

cof

cof

cof

cof

cof

伏見の地下街は、長者町横丁とも呼びます。

伏見地下街オフィシャルサイト

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly