ようやく日本メーカーから競争力のあるノートPCが登場「LAVIE Note Mobile」

スポンサーリンク

最初に記事を読んだとき、思わず目を疑ってしまいました。まさかNECからこういったコンセプトのノートPCが登場するとは思いませんでした。

NEC PC、重量904gのB5モバイルノート「LAVIE Note Mobile」 – PC Watch
これは売れる

軽い、そこそこの性能、安い。3拍子揃ったノートPCです。こういったPCを日本メーカーが出すと、CPUがAtomなのに10万オーバーという意味不明な製品ばかりでした。

ところが今回NECが発表したノートPCは、Atomより性能が高いCore Mを搭載しながら、15万円以下というノートPCです。MicrosoftのOfficeを搭載して139,800円前後なら、春商戦でかなり売れるでしょう。

RAMが4GBというのが少々不安点ですが、この製品のコンセプトを考えると許せる仕様です。どうせ4GBのRAMならば思い切って一番下のモデルにするのもいいかもしれません。

Pentium 4410YというCPUになりますが、Atomよりはマシです。このモデルなら税別104,800円前後です。文字を打つことを中心に使うなら、最下位モデルを選ぶのもいいでしょう。

LAVIE Note Mobileの良いところ

よく仕様表を見てみると、ユーザーのことを考えられて作られていることが分かります。

  • Micro SDではなく、フルサイズのSDカードスロット
  • USB Type Cではなく、フルサイズのUSB 3.0

最近のモバイルPCは、たいしてコンパクトでもないのに、使い勝手の悪い端子ばかり搭載しています。Micro SDカードではなく、フルサイズのSDカードを差すことができるので、一眼レフカメラやコンデジで撮った写真も、すぐにLAVIE Note Mobileで確認することができます。

採用数がまだまだ少ないUSB Type Cではなく、普通のUSB端子を搭載しているのもいいところ。新しいMacBook Proのように、変換ケーブルだらけになることもありません。

想定しているユーザーが、どうやって使うかを分かって作られたのが伺えます。

CPUのベンチマーク(参考)

実機のレビュー記事が上がっていませんが、参考までに搭載されているCPUのベンチマークを載せておきます。

  • Core i5-7Y54 3301
  • Core m3-7Y30 3606
  • Pentium 4405Y 2074
  • Atom x7-Z8700 1971

こちらのページを参考にしました。
(Pentium 4410Yのベンチマークが見当たらないので、前の型番4405Yのベンチマークを載せました。)

なぜか、上位モデルと中位モデルの数字が逆転していますが、、、一番下のモデルと、それ以外のモデルを比較すると、結構性能差があります。真ん中のモデル、Core m3-7Y30を搭載したモデル(124,800円)がベストバイかもしれません。

この春台風の目になりそうな、NECの「LAVIE Note Mobile」。どこでも文章を打つのに最高のノートPCです。購入を検討してみてください。

NEC Direct(NECダイレクト)

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly