もうAirPodsは要らない?!「allimity 完全ワイヤレスイヤホンQ5 」をレビュー

スポンサーリンク

またとんでもないものを購入してしまいました。今回購入したのガジェットは、両耳が完全にワイヤレスのBluetoothイヤホンです。両耳が完全にワイヤレスのイヤホンといえば、昨年の12月に購入したのはAppleのAirPodsがあります。あまりの完成度の高さから、これでBluetoothイヤホンを買うことはないと思ったのですが、AirPodsに匹敵するものが、約3,000円で買えてしまうとは、、、

この完全ワイヤレスのイヤホンを購入するに至った経緯を説明すると、何か面白いものがないかと毎日Amazonを見ていますが、最近両耳が完全にワイヤレスのイヤホンをチラホラと見かけるようになったからです。どれも値段が5,000円以下だったため、きっと安かろう悪かろうで使い物にならないと思い、購入するのをやめました。

そんな僕の気持ちを嘲笑うかのように、日に日に増えていく完全ワイヤレスの格安イヤホン。ここまで増えてくると、もしかしたら結構まともに使えるんじゃないかと思い、思い切って購入してみました。

購入してから3日間使った感想は、

こんな凄いものを3,000円で売ってしまっていのだろうか

そう思ってしまうほど素晴らしい完成度です。

間違いなく今年ブレイクするガジェットが、左と右を繋ぐケーブルもない完全ワイヤレスのイヤホン。まだまだ値段が高いものが多い中、ブレイクを後押しする格安の製品が登場しました。

「allimity 完全ワイヤレスイヤホンQ5 」を紹介します。

同梱されているもの





イヤホン本体、イヤーピースS・M、充電用の2股micro USBケーブル、携帯用ポーチ、取扱説明書が入っています。

イヤーピースの形状的は、BOSEのイヤホンに近い形状です。このタイプのイヤーピースは、カナル型のように耳の奥に入りません。遮音性は低い、周囲の音が聞こえるタイプです。2サイズのイヤーピースが入っていますので、自分の耳に合うほうを使いましょう。

使い方

AirPodsのような充電用のケースはありません。左と右のヘッド部分を直接充電する仕様です。同梱されている2股のmicro USBを使うと、2つ同時に充電することができます。Androidスマートフォンなどを充電する一般的なmicro USBケーブルでも充電できますが、別々に充電しなければいけなくなります。同梱されている2股のmicro USBを使ったほうがいいでしょう。

「allimity 完全ワイヤレスイヤホンQ5 」を使うには、ペアリング作業が必要になります。一般的なBluetoothイヤホンと同じように、ボタンを長押ししてペアリングします。

左のヘッドと右のヘッドにある、押し込み式のボタンを2つとも押し続けましょう。青いランプが点滅して、スマートフォンとペアリングする状態になります。スマートフォンにQ5と表示されたら、Q5をタッチしてください。これでペアリング作業は完了です。好きな音楽体験を再生して、思う存分音楽を楽しんでください。

「allimity 完全ワイヤレスイヤホンQ5 」の面白い機能として、片耳だけでも使うことができるようになっています。左のヘッドの方は、両耳でペアリングしてあれば、片耳だけでのペアリング作業は不要です。右側だけで使う場合は、「allimity 完全ワイヤレスイヤホンQ5 」の電源が切れた状態で、右耳のヘッド部分にあるボタンを長押ししてください。ペアリングの待機状態になったら、スマートフォンのBluetooth設定画面に出てくるQ5という文字をタッチしてください。

Q5が2つペアリングされていることになりますが、これは両耳のQ5と、右耳だけで使うQ5がペアリングされているということです。両耳と左耳は同じペアリング、右耳だけで使うときは、新しく追加されたQ5のほうで繋がるようになっています。

分かりやすくするために、スマートフォンに表示される名称を変更するといいかもしれません。

両耳と片耳をフレキシブルに使えるのも、allimity 完全ワイヤレスイヤホンQ5の素晴らしいところです。

音質は

ほとんど混線せず、雑音が入らないことに驚きます。両耳が完全にワイヤレスイヤホンは、どうしても音が途切れてしまうのを経験しています。2015年末に発売されたEARINは、完全ワイヤレスの世界を切り開いてくれましたが、度々右のイヤホンの音が途切れていました。30分に1回でも音が途切れると、結構なストレスになります。耳は非常に敏感なので、ちょっとでも不快なことがあると気になってしまうのです。

構造的に音が途切れるのは仕方がないと思っていましたが、2016年末に登場したAirPodsは、今までの常識を覆す新しい世界を切り開いてくれました。さすがAppleだと思いましたが、AirPodsと同等のものを、3,000円のBluetoothイヤホンが実現してしまいました。3日ほどズーッと使っていますが、1回しか音が途切れていません。その1回もそこまで不快じゃない途切れ方です。3,000円のワイヤレスイヤホンが、ここまで快適なことに驚かされます。

Bluetoothイヤホンの音が途切れるのは、環境に依存されます。Bluetoothイヤホンが途切れやすい場所にいったら、頻繁に途切れるかもしれません。Bluetoothイヤホンの音が途切れやすいコンビニでテストしてみました。コンビニは様々な電波が飛んでおり、Bluetoothイヤホンには厳しい環境です。

コンビニでallimity 完全ワイヤレスイヤホンQ5を何度も使いましたが、まったく音が途切れません。車にスマートフォンを置いて、allimity 完全ワイヤレスイヤホンQ5を装着してコンビニ店内に入っても音が途切れることはありませんでした。駐車場から1番遠い、おにぎりや弁当が置いてあるコーナーの前でも途切れません。大半のBluetoothイヤホンは、これぐらい距離が離れると、間違いなく音が途切れます。この接続性の高さは、高いBluetoothイヤホンより上じゃないでしょうか。

3,000円のBluetoothイヤホンで、ここまで音が途切れないとは。驚くのを通り越して、こんなものを3,000円で売っていいのだろうかと心配になってしまうほどです。

気になる音質は、3,000円のイヤホンということを考えると値段以上です。1万円のイヤホンと比べると音質は劣ります。たしかに高級イヤホンと比較すれば劣りますが、左右が完全にワイヤレスのイヤホンで、音がほとんど途切れないということを考慮すれば、十分に満足できる音です。

2万を越すEARINと比較すると、音の解像度が足りない感じですが、結構低音は鳴っています。人によっては、「allimity 完全ワイヤレスイヤホンQ5 」の音のほうが好きという方もいるかもしれません。

AirPodsと比べると、音の質感は劣ります。AirPodsの音はしっとりと上質な感じの音になっていますが、allimity 完全ワイヤレスイヤホンQ5 は、やや質感が足りない感じです。しかし、低音や高音が強調された、ポップスやロック系の曲が聴きやすい音になっています。

細かく他のイヤホンと比べなければ、十分に満足できる音です。3,000円という値段を考えると、この音で文句はないでしょう。

音の遅延は

動画も何本か視聴してみましたが、大幅な遅延は感じませんでした。よーく口の動きを見ると、少し遅いかなぁと感じますが、AirPodsと同等レベルの遅延です。3,000円のイヤホンでこれなら文句はありません。AirPodsには劣りますが、EARINより遅延はありません。

様々な動画を見た結果 、動画の視聴に耐えうるレベルの遅延です。

バッテリー持続時間は

仕様通り、2時間半ほどでバッテリーが切れました。AirPodsより少しゴツいので、もう少しバッテリーが持ってほしいところですが、3,000円という値段を考えると仕方がないところです。

満タンに充電するには2時間ほどかかります。2色購入すれば、もう片方の「allimity 完全ワイヤレスイヤホンQ5 」を使いながら充電できます。これで再生時間の短さをカバーできるでしょう。

買うしかない

3,000円という値段を考えると、全てにおいて満足ができます。音質、遅延、混線のなさ。ここまで完成度の高いものが3,000円で購入できる時代になりました。AirPodsが出た後に、それと同等レベルのものが、誰でも購入できる価格になってしまいました。

総合的な製品の完成度は、AirPodsのほうが上です。バッテリー持続時間は2時間半しかもちません。簡単に充電できるAirPodsのようなケースもありません。一般の方には敷居が高いペアリング作業も必要です。しかし、「allimity 完全ワイヤレスイヤホンQ5 」の値段は3,000円です。値段を考慮すると、「allimity 完全ワイヤレスイヤホンQ5 」を購入することを強く勧めます。

この完全ワイヤレスのイヤホンを購入すれば、コードがないことの素晴らしさがわかるでしょう。

とりあえず買っておいても損はしません。AirPodsがなかなか購入できずに困っている方は、「allimity 完全ワイヤレスイヤホンQ5 」を購入すれば、買えないイライラを解消できるでしょう。いや、これを買ってしまったら、もうAirPodsはいらないかと思ってしまうかもしれません。それぐらい使用感に不満はありません。

音が途切れない完全ワイヤレスのイヤホンが3,000円で買えてしまう。とんでもない未来がやってきたとしか言いようがありません。バッテリー持続時間が2時間半ほどなので、色違いで2つ購入して、片方のバッテリーが切れてしまったら、充電中はもう片方のカラーを使いましょう。2色購入しても6,000円。AirPodsはひとつで税別16,800円です。2つ購入しても圧倒的に低コストです。

もう購入するのを躊躇う必要はありません、今すぐ「allimity 完全ワイヤレスイヤホンQ5 」を購入して、完全ワイヤレスの世界へいきましょう。

新しい音楽の聴き方を全ての人に。allimity 完全ワイヤレスイヤホンQ5のような格安な完全ワイヤレスイヤホンが、世の中の音楽視聴スタイルを変えていくのでしょう。

AirPodsとの比較
| | AirPods | Q5 |
|:———–:|:————:|:————:|
| 音質 | 4 | 3 |
| 音の途切れなさ | 5 | 5 |
| 音の遅延 | 4 | 4 |
| バッテリー持続時間 | 4 | 3 |
| 簡単に使えるか | 5 | 3 |
| コストパフォーマンス | 3 | 5 |
| 合計点 | 25 | 23 |
値段を考えると、文句の付けようがない製品です。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly