AirPodsを使ってしまうと、他のイヤホンが使えなくなってしまう理由

スポンサーリンク

3,000円で購入できるイヤホン、allimity 完全ワイヤレスイヤホンQ5を絶賛しました。3,000円でAirPodsにもせまる使い勝手を実現した完全ワイヤレスのイヤホンです。値段の差を考えると、AirPodsではなく、allimity 完全ワイヤレスイヤホンQ5 がオススメしてしまいます。

AirPodsは1万6千8百円(税別)もします。イヤホンに2万近いお金を出せる人は、そう多くはないでしょう。

3,000円なら買っても後悔しないだろうということもあり、allimity 完全ワイヤレスイヤホンQ5をオススメしました。しかし、すでにAirPodsを購入している人は、allimity 完全ワイヤレスイヤホンQ5を購入する必要はありません。AirPodsの使い勝手が良すぎます。他のイヤホンを使う理由が見つかりません。

AirPodsの何が凄いのか

どうしてAirPodsばかり使ってしまうのか考えました。

蓋を開けるだけでいい

これに尽きます。とくに何も考えずに、白いちょっとぷっくらとした可愛いケースからAirPodsを取り出すだけで良いのです。

電源を入れる必要はありませんし、バッテリーが減ってきたら白いぷっくらとしたケースに入れるだけです。たまに、Lightningケーブルで白いぷっくらとしたケースと繋いで充電してやればオッケーです。

これが一般的なBluetoothイヤホンですと、まずボタンを5秒ぐらい長押しして電源を入れます。この時点で疲れます。本当にボタンが押せているか確認するために、耳に装着してボタンを長押しするため、余計にストレスが溜まります。

音楽を聴くために、ボタンを長押しするという行動をするだけで、結構なストレスなのです。

バッテリーが無くなれば、Bluetoothイヤホンとケーブルを接続して充電する必要があります。ゴムで塞がれているMicro USB端子をむき出しにしないと充電ができません。この端子を保護しているゴムが小さくて、取り外すだけで苦労します。充電するたびに、このチマチマした行動をしなければいけないのです。充電するたびに、イライラしてしまいます。

AirPodsはこういった面倒なことを全て無くしてしまいました。イヤホンで1番大事なものは音質だと思われていましたが、もっと気軽に聞けることのほうが大事だったのです。

音質面で不満の声が少ないのは、必要十分な音を鳴らしている上で、最高の使い勝手を実現しているからでしょう。あまりに使い勝手が良いために、もっと音が良かったらという欲が出てきません。

音楽の聴き方を根本的に変えてくれるイヤホンがAirPodsというイヤホンです。iPodは携帯型音楽プレイヤーを再定義しました。iPhoneは携帯電話を再定義しました。AirPodsはイヤホンを再定義したのです。

Appleが作り出した、白いケーブルで音楽を聴くというスタイルを消し去ろうとしています。自分たちが作り出したものを否定してしまうような製品を出してしまうのが、Appleらしさでもあります。

昨年AirPodsという製品が出たことで、今後のApple製品にも期待できそうです。次にAppleが再定義するモノが何なのか。その日が来るのを楽しみに待ちましょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly