1日1食経過報告(10日経過)

スポンサーリンク

1日1食を初めて10日が経ちました。10日実行して、どんな変化があったか報告します。

疲れにくい

気のせいかもしれませんが、以前より疲れにくくなりました。数値で表すことができないため、説得力が低くて申し訳ありませんが、疲れが溜まりにくくなりました。

夜になっても、あまり疲れたという感じがありません。疲れにくい体質に変化しているのかもしれません。

寝起きが良い

これも気のせいかもしれませんが、朝の寝起きが良くなりました。元々早起きなので、寝起きは良いほうですが、以前よりスッと起きれるようになりました。起きた時にダルイという感じがありません。スッと起きて、すぐに朝の準備に取り掛かることができます。

これから日の入りが早くなればはるほど、さらに充実した朝の時間を過ごすことができそうです。

体重は

1日1食を始める前と、体重はほどんど変わっていません。体重は500gほど軽くなり、体脂肪率が、20%から18.5%に落ちました。見た目も痩せたという感じはなく、以前とほとんど違いはないと思います。

筋力は

筋肉も落ちたという感じはありません。毎日走っているおかげで、バランスの良い筋肉を維持できています。多少痩せた分、良いバランスの体になっています。

耳が良くなった

これも気のせいかもしれませんが、いつもより音が聞こえるようになりました。車のカーステレオで音楽を聴いていると、いつもは聞こえない、細かい音を感じることができました。埋もれて聞こえない音が、小さく聞こえてくるので、なんとも言えない違和感を感じました。

細かい音をより感じようと音に集中すると、車の風切り音の状態まで聞こえてきました。今までにない感覚だったので、少々びっくりしました。これが気のせいなのか、1日1食の効果なのか。今後も引き続き調査する必要があります。

食べなくても走れるのか

朝食を食べずに、よくランニングできるねと言われます。もともと朝食を食べていなかったので、走ることには支障はありません。これからも毎日走り続けることができるでしょう。

お腹の空き具合は

1日1食を始めた時は、11時から12時の空腹感がキツかったのですが、今はわりと落ち着きました。12時過ぎ具合にお腹が減って辛くなります。しかし、13時を越すとピークは過ぎます。このピークを過ぎると、空腹感が落ち着きます。

再び15時頃にお腹が空いてきますが、ここを乗り越えれば食事にありつけます。空腹に耐えられない時は、ラテを飲んでお腹を落ち着かせています。

とにかく食事が美味しい

1日1食を始めて1番良かったことは、とにかく食事が美味しいということです。16時ぐらいから食事を解禁していますが、口に食べ物を入れた時の感動は言葉では表すことができません。

とにかく美味いとしか言葉が出てきません。空腹状態マックスで食事をするので箸もグングン進み、いっしょに食事を食べている人と、楽しい時間を過ごすことができています。

食べれることの有り難さ。
いっしょに食べる人と楽しい時間を過ごすことができる。

当たり前のようで当たり前じゃない、とても大事なことに気付くことができました。

どうしても辛い時はつぶやく

お腹が空きすぎて辛いときは、Twitterでつぶやきましょう。
Twitterでつぶやいても、お腹が満たされるわけではありませんが、少しは気が紛れます。

まったく意味のないつぶやきですが、とてもTwitterにあっているつぶやきだと思いませんか。空腹に苦しむのを見た誰かが、頑張ってください!と応援してくれるかもしれません。

どうしても辛い時は、ハラヘッターしましょう!

今後も経過報告します

まだまだ始めたばかりなので、これが正しいのかは分かりません。まだ1週間ですが、自分の中では大きな収穫を得ています。このまま続けてどうなっていくのか。今後も報告していくので、興味がある方はいっしょに実践してみませんか。

via PressSync

  • どうしても空腹に耐えられないときは、チョコを食べて我慢してます。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly