中古でレッツノート「CF-NX2」を購入したけど最高です

CF-NX2の全体が分かる写真
スポンサーリンク

今年始めて購入したガジェットは、Lenovo YOGA BOOKでした。見た目のインパクトが強すぎて、思わず買ってしまいました。斬新なデザインで素晴らしい端末ですが、少々実用性に欠けます。キーボードに癖があるのは分かっていましたので、そこに関しての不満はありません。一番耐えられないことは、モッサリすぎるということです。

CPUがAtomでは処理能力が足りません。フル機能のWindowsを動かすには荷が重すぎました。以前Surface3を購入して分かっていたことですが、また同じことを繰り返してしまいました。やはりCoreプロセッサーでないと、Windowsを快適に使うことはできません。

現在発売されているCoreプロセッサー搭載ノートPCに欲しいものがない

現在販売されている、Coreプロセッサーを搭載したノートPCを色々と調べてみましたが、これといったPCがありません。薄くて軽いノートPCはキーボードが打ちにくいですし、1.2kg程度のノートPCも、値段が高い割には特徴がありません。

無理をしてPCを買う必要はないかとも思いましたが、9.7インチiPad Proではできないこともあるので、それなりにマトモに使える中古のノートPCを購入することにしました。

どういったノートPCが欲しいのか、じっくりと考えた結論がこちらです。

  • 打ちやすいキーボード
  • そこそこサクサク
  • USB端子やSDカードが挿せる
  • まぁまぁ軽い
  • バッテリーがもつ

この5つが、僕がノートPCに求めるものです。この条件でノートPCを探したら、ほぼ該当するものがありませんでした。唯一該当したのがレッツノートでしたが、レッツノートは価格が高すぎます。軽く20万オーバーのものばかり。たしかに拘っている仕様なのは分かりますが、まともに購入していいのか悩みながら中古のレッツノートを探してみると、4、5年落ちのレッツノートが、驚くような値段で売っているのを見つけました。

4万前後でレッツノートが

3~5万ぐらいで、ゴロゴロとレッツノートが販売されています。3年落ちぐらいのレッツノートだと、最新のレッツノートにも引けを取らない性能だからでしょうか、10万近いものしかありません。しかし、4、5年落ちのレッツノートだと、4万以下で販売されています。かなり状態の良い中古は5万オーバーになりますが、外装に傷があるものは4万以下のものが多数あります。

使用する上で支障のない傷なら問題ありません。液晶やキーボードの劣化も、劣化の程度次第では許せます。ネット上で中古のレッツノートを見ていくうちに、なんとなく相場が分かってきました。

状態が悪いものは3万以下

液晶とキーボードの劣化が激しいものは3万を切ります。外装に傷はあるけど、液晶とキーボードの劣化が激しくないものは、4万前後で販売されています。程度が良いものは、5万をオーバーしています。

随分と悩んだ結果、液晶とキーボードが少し劣化している、36,504円(税込)のレッツノートを購入しました。この当時のレッツノートは、HDDを搭載しているモデルばかりですが、SSDに換装すれば、Atomを搭載しているWindowsノートPCよりは快適に使えるでしょう。

購入したレッツノートは

今回購入したレッツノートは、「Let’s note NX2 CF-NX2JDHYS」という型番のレッツノートです。2012年の6月に発売されています。

  • CPU Core i5 3340M(Ivy Bridge)2.7GHz/2コア
  • RAM 4GB
  • HDD 250GB
  • OS Windows7 Pro

本体性能は上記の通りです。レッツノートはSSDに換装しやすいノートPCです。SSDに載せ替えてしまえば、メインマシンとして活躍できるはずです。

傷の程度は

かなり安い中古ということで、どの程度劣化しているかが気になります。


目立つ傷は天板ぐらいでした。この程度の傷なら許容範囲です。

キーボードはキーがテカっていますが、使用する上ではとくに問題はありません。

概ね良好で、かなり程度は良いといえるレッツノートでした。

実際に使用してみて

Windows Updateをして、本体が落ち着いた状態になってから使ってみましたが、やはりHDDがボトルネックになって、かなりイライラとする使用感でした。アプリケーションの立ち上がりがかなり遅いので、コントロールパネルを使おうとして、コントロールパネルを立ち上げるだけでイライラしてしてしまうレベルでした。

これでは話にならないので、早速SSDに載せ替えてみたところ、見違えるような使用感に変身しました。アプリケーションの立ち上がりが驚くほど速くなっただけではなく、ブラウザーのChromeもサクサクになりました。

これなら、MacBook Airの2015年モデルにも引けを取りません。

本体の重さは

思ったより軽くてホッとしました。もう少しズシリとくるかなぁと思いましたが、MacBook Airの13インチモデルより軽く感じます。SSDに載せ替えたことで、少し軽くなっているのも影響しているかもしれません。

本体の大きさは

CF-NX2の厚み
なかなかコンパクトです。無駄に横幅があるMacBook Airの13インチモデルよりコンパクトです。厚みはかなりありますが、そのおかげで踏んでも壊れない頑丈さを備えています。

無駄に薄くて打ちにくいキーボードになってしまうぐらいなら、これぐらいの厚みでオッケーです。

液晶の綺麗さは

CF-NX2液晶のアップ
液晶の左上と右上が暗くなって劣化していますが、液晶の輝度を上げて誤魔化しています。そこまで見難い訳ではないので、まぁ許せる範囲かなぁというレベルです。

画面の解像度は

画面の解像度は1600×900です。今となっては低い解像度ですが、Macほど画面の粗さは気になりません。MacBook Airの13インチモデルは、結構粗く感じますが、このレッツノートはあまり粗さを感じません。あまりRetina対応していないWindowsのおかげで、これで十分といえます。

トラックパッドは

CF-NX2のトラックパッドをアップ
トラックパッドは、まずまずです。MacBookには負けますが、Windowsのトラックパッドの中ではいいほうです。PhotoshopやIllustratorを使わない限りは、この丸いトラックパッドでなんとかなりそうです。クルクル回すと上下にスクロールできますが、なかなかいい感じです。

これなら常用で使えそうです。

キーボードは

CF-NX2全体が見えるような写真
レッツノートといえばキーボードです。ノートPCのキーボードではトップクラスの打ちやすさです。横のキーピッチは19mmあり、窮屈な感じはありません。縦のキーピッチがやや短くなっていますが、まったく問題ありません。キーを打ち間違えることはありません。

打鍵感も最高です。ノートPCでこの気持ちよさはレッツノートだけです。MacBook、MacBook Proのペタペタキーボードにはない心地よさです。キーストロークもキーの重さも程よい感じなので、楽に高速タイピングが可能です。

CF-NX2のキーボードをアップ

cof

半角/全角キーの位置がひとつ右側になっています。これを不満点に上げる人もいますが、慣れのレベルです。こんなことは些細なことだと許せてしまうでしょう。とにかく打ちやすいキーボードです。このキーボードだけのために、レッツノートを買ってもいいと言えるレベルです。

バッテリーのもちは

中古なのでバッテリーはヘタっているでしょう。Wi-Fiに接続した状態で、パチパチとブログを書いていますが、5から6時間はバッテリーが持ちました。Windowsでここまでバッテリーが持てば十分です。

さすがレッツノートです。もともとバッテリーの持ちがよいおかげで、中古でもまずまずバッテリーが持ってくれます。

ベンチマーク

CPUのベンチマークをしてみました。Home – Geekbenchを使いました。
CF-NX2のベンチマーク結果が分かる写真

参考までにLENOVO YOGA BOOKに搭載されているベンチマークは、
– シングル 965
– マルチ  3268

さすがCore i5です。圧倒的に性能差があります。実際に使っていても、この数値の差を感じます。ベンチマークは嘘を付きません。4年落ちのノートPCですが、YOGA BOOKとは比べ物にならない快適さです。

これで4万切りは買い

買いです。この快適さで4万を下回っています。ここ5年ほど、ノートPCはほとんど進化していません。CPUの速度は頭打ちな上に、思ったより本体重量は軽くなっていません。無駄に高い最新のノートPCを購入するぐらいなら、中古のレッツノートを購入したほうが満足できます。

もっと早く買っておけば良かったと後悔しています。12インチMacBookでもなく、MacBook Airでもなく、中古のレッツノートが一番最高でした。

道具として使いやすいこと。これこそがノートPCに一番必要なものだと気付けました。無駄にお洒落で使いにくいノートPCばかりですが、レッツノートだけは道具としてあるべき姿が分かっています。

Sofmapの中古は、全般的に程度がいいのでオススメです。予算と目的に合わせて、ベストなレッツノートを探してみてください。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

CF-NX2の全体が分かる写真
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

6 件のコメント

  • 初めまして。

    私も全く同型機をソフマップの中古で購入しようかと悩んでいたところで、大変参考になりました。

    私が購入しようかと思っているのは税込5万円と高いですが、金額なりの良さがありそうで、購入に踏み切れそうです。

    ありがとうございます!

    • 5万なら、かなり程度がいいんじゃないでしょうか。わりとソフマップの中古は状態がいいので、いい品が来ると思いますよ。SSDに乗せ換えれば、最新のノートPC並みのサクサク感です。

  • 以前、購入前にコメントさせていただいた者です。
    結局5万円(税込)で購入しました。高いだけあり液晶にもさほど問題もなく満足しいます。ボディーに擦り傷等ありますが。
    初めてもLet’s Noteですが、大変満足です!MacBook Pro持ってますが軽さと扱いやすさで最近はLet’s Noteばかり触っています。

    本当に良い買い物をしたと思います。私の背中を押してくれた、この記事、このブログに大変感謝です!

    • お役に立ててよかったです。この値段で、ここまで快適なノートパソコンは他にはないと思います。
      僕のレッツノートも傷がありますが、ボロボロになるまで使ってやろうと思えてきて、かえってよかったかなと思います(笑)

      • 裏蓋をうまく開けることができるとメモリを16GBまで搭載できるようですので、私もボロボロになるまで使い倒そうかと思います!

        • 僕も、それ挑戦しようかと思ったのですが、無難に4GBを追加して8GBにしました。その話は、近いうちに記事にします。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    YUYA

    IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
    follow us in feedly