ネタバレ!槇原敬之 Concert Tour 2017″Believer”神奈川公演セットリスト

スポンサーリンク

始まりました!槇原敬之約2年ぶりの全国ツアー「Makihara Noriyuki Concert Tour 2017 ”Believer”」首を長くして待っていましたが、期待を上回る素晴らしいライブでした。

こちらの対談で、今回のツアーは「パンク」がテーマと書いてあり、いったいどんなコンサートになるのか、自分なりに想像していましたが、良い意味で期待を裏切る、これぞ槇原敬之というコンサートでした。

歌、音、ステージ演出。すべてにおいてハイレベルなライブで、早く2回めのライブに行きたくて仕方がありません。ライブで歌った曲を聞きながらこの記事を書いていますが、あのシーンやこのシーンを思い出して涙が止まりません。きっとこれから参加される方も、同じような気持ちになるでしょう。

これから参加される方は、完全なネタバレになりますので、この記事を読むのに注意してください。

参加ミュージシャン

ボーカル:槇原敬之
キーボード:Tomi Yo
ピアノ:横山裕章
ギター:秋山浩徳
ギター:山本タカシ
ベース:川崎哲平
ドラム:屋敷豪太
パーカッション:大石真理恵
マニピュレイター:毛利泰士

ライブ解説

槇原2年ぶりの全国ツアーが、神奈川のよこすか芸術劇場から始まった。今回のコンサートは、一度作り上げたものを壊して再構築したいと本人が話しており、一体どんなコンサートになるのか想像もつかなかったが、初日の公演を見終わった今、彼が言っていた意味を感じることができた。

今まで槇原敬之がやってきた音楽をより突き詰めて、さらに高みを目指したのが今回のコンサー。公演を重ねて、バンドメンバーといっしょに「Believer」を完成させたいと槇原が話しており、さらにライブが変わっていくだろうが、どの公演に行っても、彼が伝えたいメッセージを受け止めることができるだろう。

すでに初日の段階で素晴らしいステージだった。我を忘れて楽しんだライブを振り返っていきたい。

01.Introduction ~Believer’s Theme~
オープニングはこの曲から。ツアーアルバムBelieverのオープニングインストから。真っ白な壁のCGが、細かく動く映像にMakihara Noriyuki Concert Tour 2017 ”Believer” のロゴが描き出されボルテージは最高潮に。まだバンドメンバーの演奏は始まっていないのに会場から手拍子がおき、幕が開ける前から会場全体がひとつになった。

02.Tne Future Attraction
どの歌で始まるのか。会場に集まった全員が息を呑んで音に耳を傾けて流れてきたのは。ダダッダンダン、アルバムCicadaに収録されている「Tne Future Attraction」だ。恋に落ちる前の気持ちをジェットコースターになぞられたナンバーを、いきなり1曲目に持ってきた。誰もが予想もしなかった幕開けで会場は総立ちに。

パーカッションとドラムを組み合わせた演奏も恐ろしぐらいにカッコいいだけではなく、薄い膜がステージの前に降りたままのところに、映像やライティングが合わさる、震えるほどカッコイイ演出に、オープニングから我を忘れて叫んだのは僕だけではないだろう。

03.一歩一会
Tne Future Attractionを歌い終わった槇原のMCでほっこりし、打って変わって穏やかなムードな曲に。今回のツアーアルバム「Believer」に収録されている一歩一会。ゆるく横に揺れるサウンドが印象的なナンバー。素晴らしい歌と演奏に、自然と横に揺れていたのが印象的だった。

04.Souvenir~思い出~
実は槇原も大好きなのがレゲエ。昔からのファンなら、槇原がレゲエ調のナンバーを多く歌っているのを知っているだろう。Souvenir~思い出~は、今までのレゲエ調ナンバーの中でも、一番レゲエっぽい曲だろうか。長い歌詞とテンポの早さで、思わず噛みそうになってしまうマッキー。そんな場面が見られるのも、ライブならではだ。

05.遠く遠く
横揺れのナンバーを締めるのは、槇原を代表する1曲「遠く遠く」だ。何度もライブで歌われてきた曲だが、いつ聞いても自然と涙が流れてしまう。会場全体で大きく腕を降って、それぞれの遠く遠くを思い浮かべていたことだろう。

06.運命の人
横揺れのレゲエ調の曲続いた後にMCがあり、Believerでも人気の高い「運命の人」を歌い出す槇原。まるで映画を見ているかのように情景が浮かんでくるナンバーだが、生歌生演奏と綺麗なライティングで、より曲の世界観を感じることができた。曲の澄み渡るような空気感も、しっかりとライブで再現。自然と涙が頬を伝ったことだろう。

07.MILK
運命の人が会場がシーンと静まり返り、じっくりと曲を聞くモードに。そんな中流れてきたのは、「MILK」のイントロ。昔からの槇原ファンは、イントロが流れた瞬間に泣いてしまっただろう。

ペダルスティールギターにチェンジした秋山がMILKの音を再現。この曲で完全に涙腺崩壊だ。

08.うん
まさかのMILKで涙が止まらないのに、畳み掛けるように「うん」を歌う槇原。

澄みわたるように伸びる槇原の歌声と横山のピアノが会場を圧倒。さらに大石のパーカッションと、Tomiのキーボードが組み合わさり、会場が槇原を代表するバラードナンバーに会場全体が涙した。

09.イカ大王体操第2
バラードを3曲続けてMCに。ここは日替わりコーナーということで、槇原が他のアーティストに提供した曲を歌うコーナー。初日はまさかの「イカ大王体操第2」。槇原本人が歌うとは思ってもいなかった曲。思いもしない展開に、しっとりとしていた会場はいっきに大盛り上がり。

いつか槇原のアルバムに、本人の歌唱バージョンが入ってもおかしくない素晴らしい曲だった。

10.テレビでも見ようよ
思いもよらない曲の後は、Believerから「テレビでも見ようよ」。付き合いの長いカップルや夫婦にありそうな話を歌にしたナンバー。

年を重ねたアーティストにしか作れない歌に、新旧の槇原ファンがじっくりと聞き入った。当初はBelieverに収録する予定ではなかったようだが、この曲を入れたことでアルバムに奥行きが出たのではないだろうか。

これからも槇原らしいラブソングを聞かせてくれるだろう。

11.PENGUIN
しっとりとした中流れてきたのは「PENGUIN」のイントロ。槇原ファンなら、あの音を聞いただけで、鳥肌が立ったはず。まさかの選曲に、会場からは思わず拍手が。

久しぶりに聞いたPENGUINで、もちろん僕は大号泣だ。

12.You are what you eat.
ここから後半戦がスタート。アルバムBelieverから「You are what you eat.」を。何を食べるかで、未来の自分が変わっていく。食べるものだけではなく、何を信じて自分が生きていくのかでも変わっていく。信じたものを信じ続けて育てていく。シンプルな歌詞のように聞こえるが、奥の深いナンバー。

もっと聴き込んで、この曲が伝えたいことを理解したと思う。

13.不器用な青春時代
待ってました「不器用な青春時代」。Believerの中でも異色のナンバーといってもいいかもしれない。40後半の男性ミュージシャンが作ったとは思えない青春ど真ん中なナンバー。最高のバンドメンバーが、最高にロックなサウンドを聞かせ、会場は大盛り上がり。何回聞いても最高です!

14.信じようが信じまいが
最高潮の会場に印象的な電子音が。Believerから「信じようが信じまいが」。因果応報をテーマにした曲だが、スマートフォン時代を揶揄するかのようなナンバー。誰もが手軽に言葉を発信できるようになったことで、無駄に飛ばされる言葉のミサイル。姿が見えないからといって、ミサイルを打ち続けていると、きっといつか自分に帰ってくる。アルバムでも印象的なナンバーだが、ライブではステージ上の映像演出が合わせり、曲のメッセージがより聴衆に伝わった。

どんな演出かは、ライブに参加して自分の目で見てほしい。

15.理由
ダークなのにダンサンブルな曲に続くのは「理由」。Believerでもノリノリのサウンドだが、ライブでは演奏がとんでもないことに。後半戦の凄まじい屋敷豪太のドラムに、「やべー」と思わず声が出てしまったほど。

ここで槇原流のメンバー紹介。相変わらずハイレベルなプレイの数々に、観客のボルテージも最高潮に。何回見ても、このメンバーは凄い。

16.超えろ。
理由のあとは、「超えろ。」最高潮に盛り上がった会場が爆発しそうな状況に、いきなり出てきたマッキーの大きなお面がステージに。思わず笑ってしまいそうな中、腕を前に突き出して超えろ。を歌う槇原。

常識を超えた演奏と歌に、自分の限界を超えられた気がしたのは僕だけではないだろう。

17.もしも
ラストはBelieverから「もしも」。今までの槇原とは少し違った曲だが、これからの槇原を感じさせるナンバーだ。暗いステージの中、上と横から光が当たる槇原。幻想的な光景に言葉を失って、ただただ曲を聴いていた。

18.僕の今いる夜は
アンコールの手拍子で槇原が登場。順番にバンドメンバーを呼びだす。最高のバンドメンバーを呼ぶ嬉しそうな槇原が印象的だった。

アンコールの曲を歌う前に「この曲もBelieverっぽいよね」と槇原が喋って流れてきたのは、「僕の今いる夜は」だ。ピューと夜空を飛び回る音が流れた瞬間自然と涙が。

今一度聞き直してみると、たしかにBelieverぽい。この曲の印象がさらに変わっていくだろう。

19.どんなときも。
ラストは誰もが知っているあの曲「どんなときも。」。みんなで思いっきり声を出して歌い笑顔でライブが終わった。

伸びやかな槇原の歌声、凄まじい演奏。これまでの槇原のライブをぶち壊して、より上質に作りあげた素晴らしいライブだった。後半の屋敷豪太と大石真理恵の打ち方は、あまりに凄くて言葉を失うほど。そこに2人のギター、ベース、2人の鍵盤に電子音まで加わる。これが最先端のサウンドなんだと、ステージのパフォーマンスで伝えるライブだった。

1度だけではなく2度3度。見るチャンスがあるのなら、何回でも見たくなる素晴らしいライブだった。

セットリスト

2017年3月10日(金)よこすか芸術劇場

  1. Introduction ~Believer’s Theme~
  2. Tne Future Attraction
  3. 一歩一会
  4. Souvenir~思い出~
  5. 遠く遠く
  6. 運命の人
  7. MILK
  8. うん
  9. イカ大王体操第2
  10. テレビでも見ようよ
  11. PENGUIN
  12. You are what you eat.
  13. 不器用な青春時代
  14. 信じようが信じまいが
  15. 理由
  16. 超えろ。
  17. もしも

アンコール

  1. 僕の今いる夜は
  2. どんなときも。

Believerのツアーグッズレビューはこちら

Makihara Noriyuki Concert Tour 2017 “Believer” ツアースケジュール

2017年3月10日(金)神奈川県 よこすか芸術劇場
2017年3月12日(日)静岡県 静岡市民文化会館 大ホール
2017年3月18日(土)石川県 本多の森ホール
2017年3月20日(月・祝)愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール
2017年3月25日(土)群馬県 ベイシア文化ホール
2017年3月26日(日)長野県 ホクト文化ホール
2017年3月29日(水)東京都 府中の森芸術劇場 どりーむホール
2017年4月1日(土)福岡県 福岡サンパレス
2017年4月2日(日)福岡県 福岡サンパレス
2017年4月8日(土)和歌山県 和歌山県民文化会館
2017年4月9日(日)奈良県 なら100年会館
2017年4月15日(土)新潟県 新潟県民会館
2017年4月16日(日)新潟県 新潟県民会館
2017年4月21日(金)北海道 ニトリ文化ホール
2017年4月23日(日)北海道 釧路市民文化会館
2017年4月29日(土・祝)兵庫県 神戸国際会館
2017年4月30日(日)兵庫県 神戸国際会館
2017年5月2日(火)三重県 三重県文化会館 大ホール
2017年5月4日(木・祝)大阪府 フェスティバルホール
2017年5月5日(金・祝)大阪府 フェスティバルホール
2017年5月7日(日)埼玉県 大宮ソニックシティ 大ホール
2017年5月12日(金)東京都 東京国際フォーラム ホールA
2017年5月13日(土)東京都 東京国際フォーラム ホールA
2017年5月19日(金)宮崎県 宮崎市民文化ホール
2017年5月20日(土)鹿児島県 鹿児島市民文化ホール 第1ホール
2017年5月22日(月)岡山県 倉敷市民会館
2017年5月24日(水)高知県 高知県立県民文化ホール オレンジホール
2017年5月27日(土)京都県 ロームシアター京都
2017年5月28日(日)滋賀県 ひこね市文化プラザ
2017年6月1日(木)東京都 東京国際フォーラム ホールA
2017年6月2日(金)東京都 東京国際フォーラム ホールA
2017年6月5日(月)宮城県 東京エレクトロンホール宮城
2017年6月6日(火)宮城県 東京エレクトロンホール宮城
2017年6月10日(土)静岡県 富士市文化会館ロゼシアター 大ホール
2017年6月11日(日)愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール
2017年6月13日(火)山梨県 コラニー文化ホール 大ホール
2017年6月17日(土)青森県 八戸市公会堂
2017年6月18日(日)福島県 郡山市民文化センター
2017年6月20日(火)秋田県 大曲市民会館
2017年6月23日(金)広島県 広島文化学園HBGホール
2017年6月24日(土)広島県 広島文化学園HBGホール
2017年7月1日(土)大阪府 フェスティバルホール
2017年7月2日(日)大阪府 フェスティバルホール

 

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly