Mac最大の不満は、キーボードのタッチが悪いこと。Filcoのキーボードをレビューします。

スポンサーリンク

Macの一番不満なところはと聞かれたら、迷わずこう答える。
「キーボードが最悪」
これだけが不満である。後は最高すぎるが、本当にキーボードのタッチが悪い。特にiMacに付いているキーボードが最悪だ。

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B
Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B

iMacを購入するとついてくるキーボードは、この白いコンパクトなキーボードだ。
コンパクトでBluetoothキーボードでスッキリおしゃれではあるが、多いに不満がある。
キータッチが軽すぎて、文字を打っているとストレスが貯まってくる。自分ではかなり高速で打っているのだが、キータッチが悪いせいか、スムーズに文字が入力されていかないのだ。テンキーがないのも不満だが、それよりもキーのタッチが軽すぎて打っていて、指がおかしくなってくる。

最初からついてくるキーボードだからしかたないと思うところだが、昔のAppleのキーボードはそこそこ良かったように思う。

【サンワサプライ】Apple eMac、iMac、Power Mac G5デスクトップ用キーボードカバー FA-TEMAC
【サンワサプライ】Apple eMac、iMac、Power Mac G5デスクトップ用キーボードカバー FA-TEMAC

特にG5に付属のキーボードは、キーの感触も良く、かなり高速で文字が打てて、とても気持ちよかった。その後、iMacについていたのは、今のiMacにテンキーを付けたようなデザインのキーボードだが、もう少し剛性感のある感じで、悪くはなかった。それが、今のiMacについてくる、テンキー無しのキーボードになってからというものの、ペコペコで安っぽい感触で、高速で打とうものなら、キーを打った後の戻りが悪いのか、どうもしっくりこないのである。

しかたないかなぁと諦めていたが、ブログを毎日更新していると、さすがにこのiMac純正のキーボードに限界を感じてきた。純正に拘っていたのは、単に見た目の格好良さ。純正以外のキーボードだと、iMacの洗練されたデザインも台無しだ。しかし、格好良さより、日常の使い勝手を取らざるを得ない。普段あまり文字を打たなければ良いのだが、これだけ文字ばかり打っている人ならではの悩みだろう。コンピュータで一番大事な点が、キーボードの感触になってきた(こういう人はあまりいないと思いますが、、、)。

こうなったら1万オーバーの高級キーボードに手を出すしかない。高級キーボードといえば、「東プレ」か「Filco」 のキーボードということになってくる。以前、Windowsを使っていたときは、Filcoのキーボードを使っていたことがあるので、その打ちやすさは分かっている。しかし、それよりいいと言われる「東プレ」のキーボードも気になる。

この2つで迷っているうちに、決め手になる機能が「Filcoのキーボード」にはあった。それはBluetoothという機能だ。この手の高級キーボードは、ほとんどが有線接続。これだけマニアックな商品なので、日常の使い勝手より、純粋に文字を早く正確に打てるかが大事で、無線ならではの、取り回しの良さは二の次なのだろう。

しかし、なんと「Filcoのキーボード」にはその機能が付いていた。しかも、4台も認識させて、使い分けられるようだ。これならiPad、iPhoneでもこのキーボードを使うことが出来る。家の中にいるときに、わざわざiPadやiPhoneでキーボードを使うぐらいなら、iMacで文字を打つので、使用する場面というのはないとは思うが、USB接続じゃなく、無線で使えるというのは便利だ。ただでさえゴッついキーボードが、線がないことで、少しはスッキリと使うことができるだろう。

Filcoのキーボードは、4つのキータッチの製品がある。

さぁFilcoのキーボードを買うと決め、ネットで調べていると、頭を悩ませる問題が出てきた。それは、キーの感触によって、4つの製品に分かれているということ。赤、青、茶、黒と、4つに分かれている。こういったマニアックな所に拘ってこそ、高級商品。ニッチな商品は、こうでないと。

店頭で、4つのキーボードが試打できるようになっていたので、打ってみた感想を書きます。

赤軸
黒軸に近いタッチだが、黒軸より軽いため、文字をたくさん打つ方で、黒軸では重いという方に合ってるようです。

青軸
一番カチカチと音がします。音でリズミカルに打っていきたい方にオススメです。個人的には、少しカチャカチャうるさいかなぁと感じました。キーの感触は悪くないです。

茶軸
割と軽めのキーのようです。個人的には、これが一番合わなかった。少し軽くて、打っている感じがしませんでした。

黒軸
一番重くて、キーを押した後の押し返しが早い。文字をたくさん打つ方は、このモデルがいいようです。最初、キーが重いため、少し固いかなと思いましたが、しばらく打っていると手に馴染んできました。戻りの速さのせいか、かなり高速で文字が打てるように感じました。

というような、4つの商品構成になっている。
実際に試打してみても、その違いを見抜くのはかなり難しいと思います。それぐらい微妙な違い。長時間使ったら分かるというレベル。散々迷った挙げ句、黒軸を購入しました。本当は、赤軸がいいかぁと思ったのですが、Bluetoothで赤軸のキーボードがなかったため、その次に良いと思った黒軸にしました。少しキータッチが重いかなぁとも思いましたが、しばらく打っていると、キーのタッチが一番しっくりきたので、これで良しとします。

比較2013′ 軸色別のfilcoマジェスタッチキーボード価格と性能・おすすめ【英語配列ASCII 104/87:赤軸・茶軸・黒軸・青軸】filco majestouch2の性能の違い(フルサイズ・テンキーレス対応): モノマニア
詳しい解説はこちら。
IMG 0439 IMG 0448

そんな訳で、早速Filcoの黒軸Bluetoothキーボードでこのブログを打っていますが、めちゃくちゃいいです!今までのキーボードとは次元が違います。これだったら、いつまでも文字を打っていられるような気になるぐらい、極上のキータッチ。明らかに、以前より速いスピードで正確に文字を打てています。それぐらい素晴らしいキータッチ。すべてのパソコンに、このキーボードが付いたら、ブラインドタッチができる人がもっと増え、パソコンが苦手な人も減るんじゃないかと思います。

20130224161514

ただ、注意点があります。このキーボードは基本Windows用のキーボードなので、キーの配置が若干Macとは違います。Mac用のキー配置に変えるソフトがありますので、そちらを使用してください。これらのソフトで、使いやすいようにカスタマイズしないと、色々不便なこともでてきます。最初、この設定がよく分かりませんでしたが、現在は無事設定でき、快適に文字を打っております。

これで家のiMacでの文字入力の問題点は解決しました。あとは、MacBook Airだけですが、ノートパソコンはキーボードを変えられませんので、次のモデルでキータッチが改善されることを祈ります(このまま薄型になっていくと、もっとキータッチが悪くなるとは思いますが)。iPadやタブレット向けの、もう少しコンパクトで、できたら軽くて、この最高のキータッチのキーボードを出したら、かなり売れると思うのですが。もしそういった商品が発売されたら、MacBook Airではなく、iPadとBluetoothキーボードで文字を打つようにするかもしれません。それぐらい、文字を打つという人にとっては、キーボードが大事なのです。ブログを書く人だけでなく、事務作業等で、文字の入力作業が多い方にも、このFilcoのキーボードはオススメです。是非、この素晴らしい高級キーボードの世界に入ってみて下さい!

FILCO Majestouch2 Convertible 黒軸 日本語カナなし Bluetooth+USB&PS/2 Nキーロールオーバー対応 独CherryMXスイッチ黒軸採用メカニカルキーボード マルチペアリング4台対応 ブラック FKBC108ML/NB2
FILCO Majestouch2 Convertible 黒軸 日本語カナなし Bluetooth+USB&PS/2 Nキーロールオーバー対応 独CherryMXスイッチ黒軸採用メカニカルキーボード マルチペアリング4台対応 ブラック FKBC108ML/NB2

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly