未来を提示するMicrosoftが発表会を開催

スポンサーリンク

久しぶりにワクワクできるかもしれません。

Learn what’s next | #MicrosoftEDU

Microsoftが5月2日にイベントを開催します。Windows 10及びハードウェアに関する発表イベントということなので、何かしらの新しいハードが発表されるのは確定です。

Surface?

MicrosoftのハードといったらSurfaceです。Surfaceシリーズの新型が発表されるのは間違いないと思いますが、何が発表されるかが大事です。

surface pro5
1番思い浮かぶのはSurface pro5です。PCの1番売れ筋隊の価格帯のSurface Proは、そろそろ新型が発表されてもおかしくありません。

2015年の10月に現行機種が発売されているので、1年3ヶ月経過しています。Surface Pro5に搭載されるであろう新しいCPUはすでに世の中に出回っており、Surface Pro5はいつ登場してもおかしくないでしょう。

Surface Bookの新型
少し前にSurface Bookの新型が出るという噂が出ました。一般的なノートPCの形状にして、価格をグッと下げるという噂でした。結局まだ発売されていませんが、クリエイター向けで高価なので、20万以下の価格にできる仕様にする可能性は高いでしょう。

Surface3の後継機種
すでに生産が停止しているSurface3。Surface Proと名前が似ているので混乱しますが、ProのないSurfaceです。ProのついたSurfaceと機能は変わらないのですが、CPUがAtomという低性能なものを使っているために、モッサリした使用感です。モッサリする低性能だから価格を落とすことができ、10万以下という価格を実現しています。

レビュー記事:購入後4ヶ月レビューSurface3 使い物にならないので手放します | しあわせITせいかつ

僕も購入しましたが、購入したのを後悔しています。とにかくモッサリなのです。コンピュータを使っていてイライラするのがモッサリです。何をするにしてもワンテンポ遅れるので、いつの間にか使わなくなり手放しました。

フル機能のWindowsを動かすのは、Atomでは厳しいのが現実です。インテルがAtomの生産をやめているので、新しいSurfaceにAtomは使えません。以前より噂になっている、Snapdragonを搭載したSurfaceが出る可能性は高いでしょう。

軽いWindows?

最新のARMプロセッサーを搭載しているといっても、スマートフォン用のCPUです。Atomと大差のない性能です。フル機能のWindowsを使うと、Surface3の二の舞いになります。低性能のチップセット向けに、今さら専用のOSを作っても、誰も見向きもしないでしょう。基本的にはパソコンのようなWindowsの機能が使えて、軽い動作のOSがあれば、モバイル用のプロセッサーでも快適にWindowsを動かすことができます。

最近Windows 10 Cloudというものが噂になっています。WindowsストアからインストールしたUWPアプリだけが使える、簡略バージョンのWindows10という噂です。軽いアプリが多いUWPを使えば、かなりサクサクと動くでしょう。

アメリカの教育市場で、Chromebookが急激にシェアを伸ばしています。低性能で価格が安いのにサクサクと動くので、使っているユーザーの満足度も高いようです。Chromeというブラウザーしか使えないChromebookですが、ほとんどのことがブラウザーで済んでしまう今、Chromeが快適に動けば十分です。

Googleが成功している手法を、Microsoftも真似てくるでしょう。みんながWindowsに求めているPC的な快適なファイル操作と、PCのフル機能を持ったブラウザーが使えれば、十分対抗できるでしょう。さらにUWPアプリも使えるとなれば、なかなか活性化しないUWPアプリを、活性化させる起爆剤にもなります。

小型のSurfaceと軽量なWindows10が登場する

以上のような推測から、小型のSurfaceと軽量なWindows10が登場すると予想します。MacとiOSが統合できてない状況で、Windows10の軽量版が登場すれば、低迷しているモバイル市場でシェアを伸ばせるチャンスです。やや制限はあるWindows10にはなりますが、ChromebookよりPCに近い端末を発売すれば、まともなアプリが少ないUWPアプリ市場も改善します。ほとんど機能していなかったWindowsストアですが、大逆転のチャンスが出てきました。UWPしか使えない環境を用意することで、UWPのアプリも増えて、対応端末も売れるという状況ができます。

小手先の改良だけで延命策ばかりのAppleと違い、Microsoftは一歩ずつ前進しています。ここ数年手がけてきていたことが、いよいよ花開くときが来るでしょう。5月2日の発表会は、思った以上に大事な1日かもしれません。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly