あと1年静観でいいのが分かったApple WWDC 2017

スポンサーリンク

例年とは少し、趣の違う発表会でした。OS関係の話だけではなく、多数のハードウェアが発表されたからです。多数のハードウェアが発表されましたが、今すぐに欲しい!とは思えませんでした。

  • 10.5インチのiPad Proが登場
    噂通り、10.5インチのiPad Proが登場しました。順当にパワーアップしましたが、ハードウェアの進化より、OSの進化に意味があります。iOS11になることで、ようやく画面がデカいだけのiPhoneから脱却できそうです。

大きい画面を活かしたUIに変わり、ファイルをドラッグアンドドロップで操作できるようになります。柔軟にファイルを扱えるようになることで、今までのiPadの使い方から変わることができるでしょう。

iPadの方向性に未来が見えてきたので、個人的にはよかったと思いますが、結局はMacっぽくなってきているので、もうMac OSと統合してしまったほうがいいように思います。A10Xの性能なら、Mac OSも快適に動かすことができるはず。今のままでは、まだタブレットの未来は見えてこないでしょう。

  • しかし秋まではiOS10
    ハイパフォーマンスと大画面を活かすのが、iOS11です。ようやく画面がデカいだけのiPhoneを脱することになりそうなiPadですが、秋までは画面がデカいだけのiPhoneのままです。画面が大きくなって、性能が向上しても、しばらくは無駄に性能が良い、画面がデカいiPhoneであり続けます。

10.5インチのiPad Proを購入する方は、Apple Beta Software Programに登録して、先にiOS11をインストールしましょう。iOS11を入れないのなら、秋の正式リリースまで購入する必要はないでしょう。

  • 丸いApple Watchが登場する?
    watch OS4で、新しい文字盤が登場します。万華鏡のようなデザインの文字盤ですが、丸い文字盤になっています。現在の四角いApple Watchとは合わないデザインです。丸い文字盤に合うのは、丸いApple Watchしかありません。

この文字盤が意味するのは、次のApple Watchが丸くなるということでしょう。

  • SIMカードがささる?
    AirPodsとApple Watchを組み合わせて、アクティビティのデモを披露していまいしたが、まだApple Watchを持っていない人を惹きつけるほどではありません。Apple Watch単体で通信できるようになることで、Apple MusicとAirPodsの連携が活きてきます。Apple WatchにSIMカードがさされば、Apple Watchだけで、大抵のことができるようになるでしょう。

そのためには、ハードウェアの大幅な進化も必要です。もう少し処理能力が上がらないと、スマートデバイスレベルの体験はできないでしょう。次のApple Watchがどうなるかが、一番注目すべきところかもしれません。

  • 相変わらずMacは進化なし
    新しいMacBook Proと新しいMacBookが発売されました。CPUを乗せ換えただけで、とくに目新しい点はありません。12インチのMacBookに、Touch Barが搭載されなかったところに、Appleの迷いを感じます。Touch Barを搭載したMagic Keyboardモデルがでるかと思いきや、テンキー付きのMagic Keyboardが発表されました。

Touch Barが使えるMacが、13インチのMacBook Proと15インチのMacBook Proしかありません。デスクトップでTouch Barを搭載したモデルを出さないとなると、このままTouch Barは自然消滅していくかもしれません。

  • 超ハイスペックなiMac
    とにかく高機能なiMacが登場しました。色もグレーに変わって、とてもかっこいいiMacです。これでもかと高機能は仕様になっていますが、根本的には何も変わっていません。MicrosoftのSurface Studioのような、新しいデスクトップPCの使い方は出来ていません。

macOS High Sierraというネーミングからも分かるように、より高機能なSierraです。とくに目新しい機能もない、マイナーチェンジOSでしょう。今回の発表が意味するのは、あと1年Macは進化しないということです。

細かい進化はしていますが、根本的な部分で進化がないと、Windowsにどんどん差を付けられていくでしょう。

  • Mac ProをスピーカーにしたようなHomePod
    Mac Proのようなデザインをした、スピーカーが発表されました。ただのスピーカーではなく、音声で様々なコントロールができるようになっています。Amazon EchoのApple版ともいえるHomePodですが、音がすごく良さそうなだけで、とくに目新しい点はありません。Apple TVがあるのに、いまさらこれを出す意味があるのか疑問に感じます。

このスピーカーからHDMIケーブルが出ていて、音声操作だけで使えるApple TVのほうが、よっぽど革新的だと思います。場所を問わない音響特性を、様々な映像を見ることで活かすことができて、声だけで操作ができるスピーカー型のApple TV。テレビ画面に、音声で指示した情報を表示してくれれば、AmazonのEcho Showにも対抗できると思います。

  • あと1年静観でいいのが分かったWWDC
    たくさん発表はありましたが、慌てて購入するものはありません。秋にiOS11が登場したとき、10.5インチiPad Proを購入すればいいでしょう。

秋の発表会でiPhoneの進化を確認して、10.5インチiPad Proと新型iPhoneを購入するか判断するまでは、今あるAppleデバイスだけで十分。

来年のWWDCでは、もう少し驚くような発表をしてほしいと思います。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly