こんにちは未来。10.5インチ iPad Proを2日使った感想を書きます。

スポンサーリンク

手元にiPad Pro 10.5インチがあります。iOS11がリリースされるまで待つつもりでしたが、店頭でデモ機を触ったのが間違いでした。

スゴイ、、、スゴすぎる!

触れば触るほど、欲しくなります。気がついたときには、10.5インチiPad Proを購入していました。

2016年の春に9.7インチiPad Proが登場してから約1年間、iPadだけでブログを書くことにチャレンジしました。痒いところに手が届かないことにイライラしつつも、概ね満足して使ってきましたが、少しだけ不満もありました。

  • iOS
  • メモリーが4GBあれば、、、

この2つに不満を感じながら、9.7インチiPad Proでブログを書いていました。

iOSの良い部分もあるので、一概にOSが悪いとは言えませんが、痒いところに手が届かず、色々とストレスが溜まるのは、iPadをメイン機で過ごそうとしたことがある方なら分かってくれるでしょう。

あとは、ややメモリーが足りていないという点もストレスでした。処理速度は概ね問題ないのですが、メモリー2GBしかないため、込み入ったことをすると度々一瞬カクついたり、固まるのです。

とてもよくできた端末ですが、あと一歩という感じのタブレットが、9.7インチiPad Proでした。あれから1年が過ぎた今、その不満をすべて解決し、さらに想像の斜め上をいくiPad Proが登場しました。

秋のiOS11リリースまで、未完成の部分はありますが、すでに今のiOS10でも十分だと思える完成度。

10.5インチ iPad Proの何が凄いのか説明します。

ヌルヌル感が気持ちいい

ちょーきもちいい!

電源を入れて使い始めた瞬間に体験できるヌルヌル感。思わず伝説の名言が口に出てしまうほどです。ただホームボタンを押して、ホーム画面を表示させただけで、この気持ち良さが体感できます。このヌルヌル感の正体は、リフレッシュレートが120Hzというやつです。

10.5インチ iPad Proは、通常の倍の速度で画面を描いています

倍で描画したからといって、とくに何かが変わる訳ではありませんが、、、とにかく気持ちがいい。僕もみんなも気持ちがいいことが大好きでしょう。この気持ち良さは、体験しないと分かりません。

このヌルヌルした気持ち良さはを知ってしまった今、もう過去の端末には戻れません。僕はこの快楽を覚えてしまったのです。

ただ気持ちいいと言っても分かりにくいので、分かりやすく説明します。例えるならば、バーチャファイター1がバーチャファイター2になったときの感じです。秒間30フレームだった3D格闘ゲームが、60フレームになったときの衝撃。あまりにリアルで滑らかな動きに、ただただ驚いた。あの感動がここにあります。

ホームボタンを押して、ホーム画面に戻るだけで、今までは感じられない滑らかさで。滑らかに動いても、とくに何かが変わる訳ではありませんが、このヌルッと感はたまりません。

画面がヌルヌル動くようになった恩恵が全くない訳ではありません。SafariでWebページをスクロールさせると、今までは流れて読めなかった文字を読むことができます。軽く指で上にスクロールしながら、流すようにWebページを読むことができます。

Apple Pencilがより細かく描画できるようになっていますが、多くの方は、ブラウザーでWebページを見ることにメリットを感じるでしょう。

脅威のサクサク感

液晶のヌルヌル感の次に驚かされるのは、脅威のサクサク感です。何をやるにしてもサクサクです。ハイスペックなノートPCより高速です。SafariでWebページを見るのも、快適そのものです。リンクをタッチすると、一瞬でそのページを表示してくれます。

写真が多いガジェット系の記事も、一瞬で画像を表示し、あっという間に、ページの全部が表示されます。本体性能が低いと、なかなかWebページを表示することができず、下へのスクロール操作を受け付けてくれない端末もありますが、10.5インチ iPad Proは、すぐに下にスクロールすることができます。

ここまでサクサクになってくると、パソコンでWebページを見る気を失くしそうです。史上最強の速度感が、10.5インチ iPad Proで実現してしまいました。

画面もめっちゃ綺麗

9.7インチのiPad Proも十分綺麗な画面でしたが、10.5インチ iPad Proそれ以上です。綺麗すぎて、なんと表現していいか分かりません。画面サイズに僅かに大きくなっているので、より画面に吸い込まれます。

何かを見るには、これ以上に快適なものは存在しないでしょう。

カメラもいい

こんなデカイ端末で写真なんて撮らないかもしれませんが、カメラの性能も十分すぎます。iPhone7と同じカメラを搭載しているという話は本当のようです。

驚くほど細かく撮れています。超絶綺麗な10.5インチiPad Proの液晶で見る写真は、異次元の綺麗さです。iPhoneで写真を撮るより、10.5インチ iPad Proで写真を撮ったほうが幸せになれるでしょう。

液晶があまりに綺麗なので、ミラーレスなどのカメラで撮った写真を、10.5インチ iPad Proに取り組んで表示させてみましたが、言葉を失うほど綺麗でした。写真編集専用端末として、10.5インチ iPad Proを使いたくなるほどです。

パソコンのPhotoshopやLightroomクラスのアプリがあれば、ノートPC以上に活躍してくれるでしょう。

iPadが夢見た未来がついにきた

実際に使ってみると、とんでもない端末です。今回はスルーかと思っていましたが、買って大正解でした。iOS11が登場する前に買っても、買ってよかったと思える、異次元のiPadです。

ようやくiPadがノートPCと肩を並べるときがきました。ノートPCのように、何でも自分の思うようにできないところはありますが、それを差し引いても、素晴らしい端末です。

あとはアプリだけ。素晴らしいアプリがたくさんあるiPadですが、10.5インチ iPad Pro、12.9インチ iPad Pro向けに作ったアプリが登場してくれば、面白いことになるはずです。そう遠くないうちに神アプリが登場することを祈りながら、10.5インチ iPad Proを使っていきたいと思います。

さぁ10.5インチ iPad Proを購入して、一足先に未来を体験しましょう!

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly