1日1食経過報告(40日経過)

スポンサーリンク

最初は辛かった1日1食ですが、今では普通に1日1食で過ごすことができています。始めてから今日で40日目になりますが、いたって健康です。

20日を経過したときの記事では、お昼にやってくる空腹が辛いという話を書きましたが、40日を経過した今は、お昼の空腹にも慣れてきました。まったく空腹がないわけではありませんが、以前よりは楽に耐えることができるようになりました。

体があまり昼に食べ物を欲しようとしなくなったと言ったらいいでしょうか。明らかにお腹が減っているという感じではなくなりました。それでも、15時ぐらいに強烈な空腹に襲われることもありますが、あと少し我慢すれば、美味しい食事ができると考えれば、不思議と空腹が気にならなくなります。

体重は

20日が経過したときより、1kg程度減りました。ここ1週間は、この体重から変化がないので、おそらくここが限度でしょう。今の生活1日1食生活を維持していけば、この体重を維持していけるでしょう。

体脂肪率は

体脂肪率がグッと下がりました。19%程度だった体脂肪率が17%まで落ちました。どこまで下がっていくのか予想が付きません。

おそらくこの辺りで止まると思うのすが、もう少し様子を見ていきます。

足が細くなった気はする

20日経過したときは、お腹周りが細くなったと書きましたが、さらに20日経過して感じたのは、腿の辺りが細くなりました。毎日ランニングしているので、筋力が落ちている訳ではなさそうです。腿についていた脂肪が減ったのかもしれません。

やっぱり飯がうまい!

相変わらず1食の食事が美味しすぎます。お腹を空かせての「いただきます!」は最高です。食べることができる有り難さを感じながら、日々を過ごすことができます。

お酒は日本酒を中心に飲んでいます。ようやく自分に合うお酒が分かってきたような気がします。僕にはビールやワインより、日本酒が合うようです。やっぱり日本人なのでしょう。

1日1食が難しい方は、まずは1日2食から始めてみましょう。この本を読んで、少食のメリットを知ってほしいと思います。

僕が毎日使っている体重計の後継機種です。一度設定をしてしまえば、ワイヤレスで体重、体脂肪率のデータをスマートフォンに転送してくれます。毎日の体重を楽に測ることができる素晴らしい体重計です。

なかなか生活を変えるのは難しいかもしれませんが、1日1食を試してみる価値はあると僕は感じています。興味がある方は、チャレンジしてみてください。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly