AirPodsに紐をつけてはいけません

スポンサーリンク

AirPods用のケースがないかなぁとAmazonで探していたら、想像以上に安かったので購入しました。

いたって普通のケースですが、ツルッと滑りやすいAirPodsを充電するケースが、これで滑らなくなりました。

AirPods用のケースと紐

AirPodsを紛失しないようにする、紐もいっしょに付いていました。AirPodsに紐を付けると、一般的なBluetoothイヤホンと同じような状態になります。これで耳からAirPodsが落ちなくなるかと思いましたが、、、

紐があるほうが耳から落ちそうになる

紐をつけたせいで、耳からAirPodsが落ちそうになりました。紐が首回りにあることで、ちょっとした体の動きで紐が体に当たってしまい、僅かな力が紐に伝わります。この僅かな力だけで、AirPodsが引っ張られます。

紐をつけずにAirPodsを付けてみると、耳の中で安定しています。もし耳から落ちたらという不安はありますが、走ったりして激しい動きをしなければ、耳へ振動が伝わることはありません。素の状態でも落ちることはないでしょう。

耳から落ちたときに危険というリスクはありますが、AirPodsに紐をつけてはいけないことが分かりました。

街でAirPodsをつけている人を、1日1回は見るようになりました。僕らが思っているより早く、AirPodsが当たり前になるときがやってくるような気がします。なかなか購入できなかったAirPodsですが、ヨドバシカメラのネット通販サイト、ヨドバシドットコムで購入できることが増えています。だいぶ在庫も安定してきたようです。値段以上の価値はあるイヤホンなので、安心して購入しましょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly