速度制限になったときのために、SIMフリーのモバイルルーターを持っておこう

スポンサーリンク

10.5インチのiPad Proが快適すぎて、気がつけば通信速度制限されていました。docomoの2台目プラスで、iPhoneと20GBの通信量を共有していますが、簡単に使い切ってしまったのは、iPad Proのせいでしょう。

月末ギリギリならまだしも、制限が解除されるのに、あと1週間もあります。仕方なく1GBの容量を追加で購入しようと思ったとき、使っていないLINEモバイルのSIMカードがあるのを思い出しました。

幸いなことに、docomoのiPadを使っているので、格安SIMカードをさせば使えます。これがiPhoneだと困りますが、iPadなら大きな問題はありません。電話ができないiPadなら、違う電話番号のSIMカードを差しても大丈夫。ただデータ通信ができればいいからです。

LINEモバイルのSIMカードをさしてAPNの設定をすれば、いたって普通に通信できました。

ルーターがあればいいかも

今回はdocomo版のiPadだったことで命拾いしましたが、これが電話ができるiPhoneだったらそうはいきません。おとなしくパケットを購入するか、通信速度が遅い状態を我慢するしかありません。

我慢するといっても、128kbpsというありえない速度です。なんとか通信速度だけは元に戻したいところです。何かよい方法はないかと考えてみたところ、SIMフリーのモバイルルーターを1台持っておけば、いざというときに役に立つような気がしました。

一昔前は1万オーバーだったルーターも、いつのまにか1万程度の価格に。しかもSIMフリーです。もしものときに持っておけば、大手家電量販店でSIMカードを購入して、モバイルルーターに差し込めば、すぐに使うことができます。

LINEモバイル

データ通信だけのSIMカードなら、毎月契約していても、大した金額ではありません。月末に訪れるであろう、パケット不足時に、データ通信の格安SIMカードを契約しておいてもいいかもしれません。

渋々割の悪いパケット量を購入するしかありませんでしたが、もっとお得に回避する方法ができる、素晴らしい時代になったなぁと思います。

きっと来月も同じように訪れるときのために、SIMフリーのモバイルルーターを購入してみます。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly