iPhoneの便利な使い方〜パソコン用のWebページを表示

スポンサーリンク

iPhoneでWebページを見ていると、スマートフォン向けの画面になることがほとんどです。小さいスマートフォンの画面でも見やすいように、画面が変わるようになっているからです。

有難い機能ですが、パソコンで見たときと同じ画面を見たいときがあります。そういったときは、ページ読み込みの丸い矢印アイコン長押ししてください。iPhoneの小さい画面でも、パソコン向けのWebページが表示されます。

画面が小さいので、拡大したり縮小したりして見ないといけませんが、パソコン用のページを見たいときは、今回紹介した方法を使ってください。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly