SoftBankが月額課金健康サービスを開始!「SoftBank HealthCare」はauとの差別化?

スポンサーリンク

JAWBONE UPを毎日付けて、ライフログを取っています。取ったところで、そんなに活用しているかと聞かれると、胸を張って「使っています!」と言えないところもあります。特段意識しなくても、毎日の運動が出来ているので、運動や歩数の確認という意味での使い方では、そんなに役に立っていません。

一番気にしているのが睡眠を計測する機能です。体が動くことをUPが検知することで、睡眠の質を計測してくれます。このグラフを見ていると、自分の睡眠が、意外に浅いというのが分かりました。もっと深く寝るにはどうしたらいいのか分からないので、これから睡眠の質を改善するにはどうしたらいいのか研究していきたいと思います。

20130508213731
そんなライフログブームが起きつつある中、SoftBankさんが新サービスを発表しました。「SoftBank HealthCare」という月額490円(税込)で「Fitbit Flex」という、「JAWBONE UP」のようなデバイスと専用の健康管理アプリを使うことで、ユーザーの健康面の管理ができるようになります。ただ管理するだけだったら、あまり有料にする意味がないので、専門のオペレーターが健康に関する相談に24時間365日答えてくれるそうです。

腕に着けて過ごすだけで健康管理できる「Fitbit Flex」と「SoftBank HealthCare」フォトレビュー – GIGAZINE
「健康相談」メニューでは24時間365日、専門のオペレーターが健康に関する相談に答えてくれます。 …
iPhoneに絡めた健康サービス。

ちょっと信じられないような気もしますが、この相談というのは本当に生身の人間が答えてくれるのか、機械のテンプレート的な対応か気になるところです。機械のテンプレート的な対応だったら、専用のアプリで充分対応できる訳ですから、やはり専門家が電話で対応してくれるんだろうと思います。

デザインは、正直UPのほうが良いかと思います。ただ、中の小型の機械を取り出して、違う色のリストバンドに変えられるという発想は良いと思います。今使っているJAWBONE UPですが、このまま使い続けて、UPがボロボロになったら、また¥13,000ほど出して、新品をもう1つ購入しないといけません。「Fitbit Flex」ならリストバンドだけ購入すればいいので、ハードに使っても大丈夫そうな感じです。

2年縛り契約前提のサービスというのが気になりますが(契約解除料7,500円がかかります)、お手軽に始められるライフログサービスとして、この夏以降、iPhoneの販売とセットで提案してくるかと思います。

auとの激しいiPhoneユーザー獲得合戦の状況ですので、こういったサービスで差別化を図っていくのでしょう。夏と言えば、、、iPhone5Sが発売されるという噂があります。その時にauに対向するため、この「SoftBank HealthCare」サービスのスタートをぶつけてくるような気がします。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly