今朝の朝刊記事から。「KDDIに措置命令LTEエリア過大表示 」について

スポンサーリンク

今朝の朝刊記事から気になった記事はこちら。「KDDIに措置命令 「LTE」エリア過大表示 」というニュースauのiPhone5向けのLTEサービスカバーエリアが、96%ではなく、実は14%だったとのこと。これが本当だったら、大問題というか、KDDIも認めているということは本当だったのでしょう。

iPhone 5のLTEカバー率誤表示でKDDIに措置命令 消費者庁 「96%」、実際は14% – ITmedia ニュース
au版iPhoneのカバーエリア誤記「あまりに情けない」 KDDI田中社長 …
詳しい解説記事。

何故こんなことになったのか?

96%ではなく14%だったなんて、間違えていましたでは済まない問題だと思います。分かって嘘を付いていたとしか思えません。ただ、ここで認識しておかないといけないのは、LTEのエリアが96%ではなく14%でしたという嘘ではなく、LTEの通信速度が最大75Mbpsで通信できるエリアが96%ではなく、14%でしたということで、LTE自体のサービスのエリアが、人口カバー率14%だったということではありません。LTEの最大速度が75Mbpsではなく37.5MbpsのLTEだったということです(37.5MbpsではLTEではないという意見もあります)。実際は37.5Mbpsしか出ないのに、まるで75Mbpsで使えるかのように宣伝したいたということです。

WebProg : 【KDDI】2012年、LTEで躍進するauの周波数まとめ【4G LTE】
auは同じLTEでも、iPhoneとAndroidでは周波数帯が違う。

auのAndroid端末のLTEは最初から75Mbps出るようになっていましたので、当時からiPhone5ではなく、auのAndroid端末を購入するのが、一番最強だという意見はありました。正直、75Mbpsもスピードが出なくても、37.5Mbpsで充分に早いとは思いますが、理論値が早ければ早いほど、実際のスピードが上がりますので、早いに越したことはありません。

今回の問題は、SoftBankとauのiPhone5の熾烈な販売が原因で起きてしまったのは明らかです。予約開始まで料金も分からず、発表した後も、情報が2転3転したり、、、今振り返っても、ユーザーにとっては大変に困った状況でした。

その激しい競争のおかげで、SoftBankでもテザリングができるようになり、通信環境もかなり改善されて、以前とは比べものにならない通信環境を手に入れることができました。今思えば、MNPをせずにSoftBankのままで良かったと思います。次に携帯電話会社が問題を起こすときは、次期iPhoneが発売されるとき、iPhone5Sと呼ばれる、新型のiPhoneが発売されるときかもしれません。

by カエレバ

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly