今朝の日経新聞朝刊から「カフェ各社、店舗改装加速 」プラスな改装であってほしい

スポンサーリンク

今朝の日本経済新聞朝刊記事から気になった記事はこちら。「カフェ各社、店舗改装加速」という記事。大手カフェチェーン各社が店舗の改装を進めるとのこと。

僕がよく足を運ぶ鶴舞駅にあるドトールも、6月から1ヶ月半ほど休業し、7月中旬にリニューアルオープンする。ドトールの唯一の不満点は、分煙になっていなかったということ。一応禁煙席と喫煙席に別れているが、完全に壁で仕切られていない為、禁煙のほうにも煙が流れていき、お店を出る頃には、体に煙の匂いが付いているという状態になってしまう。この中途半端な分煙だけが不満だったが、この記事にもあるように、いよいよ完全分煙に踏み切るようだ。1ヶ月半のリニューアル工事ということで、かなり大規模のリニューアルだろう。新しく生まれ変わるドトールに期待したい。

スターバックスはどうなる?

さぁ僕の大好きなスターバックスはどうなるかというのが気になるところ。

【レポート】スターバックス新店舗は日本式おもてなしの心を表現–限定マグや限定ラテも | ライフ | マイナビニュース
目黒の新しいお店が、今後のスターバックスの新しい形か。

ヒントは、東京の目黒にできた新店舗がヒントになるんじゃないかと思う。一人がけの席を多くし、パソコン等を使いやすいように電源の席を増やすようだ。最近、名古屋市内にあるスターバックスをほぼ全店回ったが、以外に電源が使える店舗が少ないことにビックリした。電源が使える席があっても、店舗の総座席数の1割ぐらいしかなく、とてもお客の需要に応え切れていないように感じた。スマートフォンがこれだけ普及すると、ちょっと充電したい人も相当数いるだろうし(すぐに電池がなくなるので、ほとんど全員かと思われる)、仕事やプライベートでノートPCを使われる方にも、電源は必須だ。そうなってくると、ほとんどの席に電源がいるのではないだろうか。

なかなか全部の席に電源を付けるのは難しいとは思うが、それを実践しているお店があった。なんとカレーチェーン大手のCoCo壱番屋だ。鶴舞駅近くになるCoCo壱番屋が、少し場所を変えてリニューアルオープンしたのだが、なんとカウンター席にも電源があるし、テーブル席にも電源があるのだ。まさかカレー屋さんで、カフェ以上の電源を用意してくるとは思わなかった。

20130523192819

もはやカフェだけではなく、フードメインのお店でも電源を用意する時代になってきた。スターバックスの店舗の3分の1が改装するとのことなので、もしかしたら僕のお気に入りのスターバックス新栄葵町店も改装するかもしれない。今のままでも特に不満はないが、より良くなるのなら大歓迎だ。ただ一つ心配なのは、改装して前よりお店の居心地が悪くなること。改装が裏目に出る場合もあるが、スターバックスなら大丈夫だと思うので、期待して待ちたいと思う。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly