新型iPhone関係が騒がしくなってきた。やはり9月ぐらいに発売で間違いないかと。

スポンサーリンク

いよいよ発売が近いのでしょうか。連日のように新型iPhoneのパーツのニュースが出てきます。

「iPhone 5S」のものとされる各種部品の写真が多数流出
SIMトレー
「iPhone 5S」のフロントパーツは既に生産が開始されている?!
工場での生産も始まった?!

正直、パーツの写真が流出したところで、僕らにとってはあまり関係はないのですが、あまり関係のないニュースを聞いただけでソワソワしてくるのは何故でしょうか。それは、こういったニュースが出てくると、いよいよ新型iPhoneの発売が近いということだからです。

iPhoneは規模が大きすぎて情報が漏れてしまう

ここ数年、新型iPhone発売前には、必ずこういったニュースが出ます。本当はこういったニュースは表に出てはいけないものです。それでも必ずどこからか様々なパーツの写真が出てきます。Appleはこういった情報の管理に、世界で1番うるさい会社です。それでも、こうやって毎回漏れてしまいます。

何故漏れるのか推測しますと、iPhoneの販売規模が大きすぎるため、僕らの想像を上回る規模でiPhoneが生産されています。複数の工場で生産されているので、情報の流出を阻止しようと管理していても、もう管理仕切れない規模での生産だということだと思います。Macの情報はあまり漏れません。本当に発売直前に出たりしますが、工場でのパーツの写真は、あまり流出しません。MacとiPhoneでは生産規模が桁が2つぐらい違うため、iPhoneの情報のほうが確率的に漏れやすいのは間違いありません。これから発売が近づくにつれて、まだまだ様々な情報が漏れると思います。

噂ばかりで一度も実現しないdocomoも?

そんな中、日本のユーザーにとって最大の関心事は、docomoからiPhoneが発売されるかということ。今までも散々噂が出ましたが、どの噂もすべて噂で終わってしまいました。そして今日、株主総会での発言に注目が集まりました。

iPhoneの販売について「当面の競争に打ち勝つための手段としてある」と、渡辺大樹副社長が発言したようです。今までの数々の迷言の中でも、一番現実味のある発言のように感じました。噂通り、本当にiPhone5Sの発売と同時に、docomoからもiPhoneの販売が始まるかもしれません。

秋頃には、この発言の真意が分かるはずです。今年もiPhoneが、携帯電話市場を大きく盛り上げることになりそうです。

NTTの副社長、ドコモが「iPhone」を販売することについて「手段としてある」との見解を明らかに
毎回、日本語の使い方に大変苦労されているようです。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly