予告先発はファンから見れば有難い。当日ふらっと球場に行くファンを増やすべし。

スポンサーリンク

プロ野球後半戦もいよいよスタート!セリーグは上位2強と、下位4弱の差が離れすぎており、かなりのしらけムード。それでも、熱烈なファンは応援します。僕はジャイアンツファンですが、せっかく会社帰りにプロ野球を観に行ける環境にあるし、もう少し球場に足を運ぼうと思い、ナゴヤドームのチケットについて調べました。

意外にチケットが安い?!

イメージとして、野球のチケットは高いイメージがあります。だいた最低でも¥4,000ぐらいはする感じ。いい席なら、もっとするだろうと思っていました。ところが調べてみると、意外に安いのです。さすがに内野の良い席は、それなりのチケット代ですが、5階席(ナゴヤドームの一番上の階の席)なら、¥3,000以下で楽しめます。僕が昨日購入したチケットは、パノラマA(内野)という席でしたが、¥2,500でした。5階席ですので、かなり上から見下ろす感じにはなりますが、思ったより席からグランドの距離は遠くなく、これぐらい緩い感じで野球を観るのもいいんじゃないかと思いました。

中日ドラゴンズ 公式サイト – 座席表・チケット料金一覧
ちょっと離れた席だと安い。
20130724185528

さらに色々調べていると、ナゴヤドームは平日20時以降に¥1,000で入場できるチケットがあるようです。昔のように前売り券でチケットが完売することがなくなっていますので、こういった施策は良いことだと思います。

中日ドラゴンズ 公式サイト – 企画チケット
様々な企画を行っている。

チケットが売れない時代だからこその予告先発

昨シーズンからセリーグも予告先発を始めました。この制度を巡っては、賛否両論ありました。僕自身も、予告先発の導入には反対でした。しかし予告先発のおかげで、昨日の先発投手が山本昌だと分かったから、当日券を購入して球場に足を運びました。

戦うという意味から考えると、予告先発という制度は良くないのかもしれませんが、観る方からすると、その先発投手を観たいから、当日足を運ぶことがあるというのが実感できました。とくに山本昌投手のようなベテランピッチャーは、登板数が多くありません。だから、いつ先発するのかが分かると、ファンとしては球場に足を運びやすいでしょう。

昔のようにチケットが売れないからこそ、当日券の売り方が大事だと思いました。しかし、予告先発が誰なのかを調べるのが大変でした。ドラゴンズのホームページに行っても、大きく先発が誰とも書いていないですし、ドラゴンズの公式ツイッターでも、今日の予告先発が誰々ですとツイートもありません。結局Yahoo!のプロ野球のページで、先発が誰か分かりました。もっと当日券を売るためにも、今日の先発が誰なのか、簡単にみんなに分かる仕組みが必要だと思います。

街全体で盛り上げよう!

名古屋で一番人が居るところは、名古屋駅か栄や金山駅あたり。そういった大きな駅で、人が多い場所にこそ、今日の試合の先発が誰か分かるようにするべきじゃないでしょうか。

例えば、名古屋駅構内の広告は、電子化されてきています。柱にある広告は、液晶モニターが中に入っており、そこに広告の映像が映し出される仕組みになっています。そこの液晶モニターの広告に、今日の予告先発が誰なのか流したらいいと思いませんか。名古屋駅はビジネスマンもかなりの数がいます。そこを歩いている時に今日の予告先発を伝える映像が流れれば、「今日の先発は誰々か〜」「部長、夜はナゴヤドームで野球を観ながら飲みましょう!」みたいな展開になるような気がします。

もう昔のように、チケットが前売り券だけで当たり前のように完売する時代は来ないでしょう。だからこそ、もっと街と人が一体となった取り組みを、していかないといけないと思います。名古屋はドラゴンズとグランパスエイトという、素晴らしいプロ野球チームと、プロサッカーチームを持っています。しかし思ったより、市民に地元のチームが根付いていない。ドラゴンズがファンサービスファンサービスと言っていますが、ファンに直接するサービスではなく、市民が地元のチームを愛し、普段の会話からふらっと観戦に行けるような仕組みを作るべきだと思いました。

そうやって全体で盛り上げていくことが、人気を上げる一番の方法だと思います。サインしたり、試合中に何かしたりとか、そういったサービスも良いとは思いますが、本当に大事なのは、プロスポーツの試合を、どうやって運営していくかだと思います。どう運営するかこそが、ファンサービスでしょう。

色々難しい問題があるとは思いますが、ネットを調べないと予告先発が分からない街ではなく、街を歩いているだけで、今日野球の試合がある、先発が誰か分かる、当日券がある。そういった情報が自然と入ってくる仕掛けをしないと、ドラゴンズの人気は下がる一方だと思います。

今こそ街と市民が一体となって、プロスポーツチームの在り方を変えていくべきでしょう。今まで興味がなかった人に興味を持ってもらえるよう、街という最高のソーシャルスポットをうまく活用してほしいと思います。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly