ついに来た!日本のガラケー復活の時。NECがスマートフォンを開発せずに、ガラケーを開発へ。

スポンサーリンク

ついにこの日が来ました!あのNECが、スマートフォンの開発を中止し、ガラケーに特化するようです。

NEC、スマートフォン事業から撤退 – ガラケーとタブレットは継続 | パソコン | マイナビニュース
NEC、スマートフォン事業から撤退 …
これは新しいヒット商品になるかも。

今のままスマートフォンを開発していても、勝ち目はありません。ならば一時代を築いた、ガラケーに特化した開発をしたほうが良いと僕は思っていました。でもNECでは、そんなことはしないだろうと半ば諦めていましたが、本日まさかの報道が。

まだまだ日本の携帯電話ユーザーの半分以上はガラケーです。このデータを見て、よく勘違いする人がいます。まだスマートフォンに乗り換えるユーザーが相当数いると。確かにそういう風に見えますが、未だにスマートフォンに替えていないユーザーは、IT機器の苦手な方ばかり。だからこの6割のガラケーユーザーは、できたらスマートフォンに替えたくないと思っている人が多いはずです。さらにこのIT機器が苦手な方というのは、根本的にコンピューターを扱えない人が多く、スマートフォンを購入しても、使いにくいと文句を言うでしょう。だからこそ、今の時代に相応しい最強ガラケーを出すべきです。

これが最強ガラケーだ!

じゃあどういうガラケーを出せばいいのか。僕が考える最強ガラケーはこんなガラケーです。


・折りたたみ
・ワンタッチオープンボタン
・外部液晶(メールの着信や、時刻が分かる液晶)
・バッテリー長持ち
・LINEができる(LINEはスマートフォンでしかできませんが、ガラケー用を共同で開発)
・あえてTwitterとFacebookはできなくてもいい
・テザリングができる

以上です。これが僕の考える最強ガラケーです。特に大事なのはLINEができるかどうか。今やキャリアメールを使う人はほとんどいません。昔でいうキャリアメールというものは、LINEに取って変わりました。もうLINEができない端末は、日本人に選ばれることはありません。LINEができるガラケーさえ出せば、かなり売れるはずです。

もうひとつ大事なのは、テザリングができるという点。正直ガラケーユーザーは、求めていないかも知れませんが、スマートフォンはいらないけど、iPad miniは欲しいというユーザーはかなりいます。iPad miniで電話が出来たらいいのにという方もたくさんいます。機械が苦手なユーザーには、画面が大きいというのは、かなりポイントが高い。そんなにパソコンは使わないけど、Webページを見る端末は欲しいという方は多いはず。そういった方には、iPad miniのようなサイズのタブレットを必要としているはずなので、ガラケーでテザリングができれば、タブレットとガラケーのセットでかなり売れるでしょう。

ライバルのPanasonicは

携帯といえば「NとP」という、いわゆるdocomoのツートップを築いていたPanasonicは、まだスマートフォンの開発をするようです。

パナソニックがNTTドコモ向けスマートフォンの開発を中止か – GIGAZINE
パナソニックは決めかねている模様。

docomo向けのガラケーの開発は中止ですが、他のキャリアでの開発は継続するようです。Panasonicらしいといえば、Panasonicらしい考えです。しかし今日のNECの決断で、日本の携帯電話メーカーはNECだけになってしまうかもしれません。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly