予想通り9月に来る。新型iPhoneに関して具体性のある噂が出てきました。

スポンサーリンク

いよいよ来そうです。毎年恒例のアレです。

Apple、9月10日に次期iPhoneの発表イベントを開催か?!
大方の予想通りの展開。

今年もこの時期がやってきました。そう新型iPhoneの発売です。ここ数年新型iPhoneは秋の発売が定番になってきましたが、今年も秋になりそうです(8月時点で発表されていないので当然ですが)。

今までiPhoneの新型は、1機種しか発表されないというのがお決まりでした。しかし今年はその流れがどうやら変わりそうです。皆さんご存じのように、廉価版iPhoneと呼ばれているカラフルなiPhoneと、現行のiPhone5と外観が同じと言われている、iPhone5Sの2機種が発表されるからです。

今までも新機種を発売した後は、旧機種を廉価版として販売していました。その廉価版として設定している旧機種の売上げ比率が、思っている以上に良いようです。そういったことからも、旧機種を廉価版として販売するのではなく、廉価版モデルをわざわざ新規に作り、目新しさを出す戦略だと思われます。

廉価版iPhoneと言われるカラフルなiPhoneが出る理由として考えられるのは、現行のiPhone5に変わるモデルとして発売される、iPhone5Sが現行のiPhone5と同じデザインだからでしょう。iPhone5Sを発売しても、同じ形をした性能が違うモデルがあるというのは、ユーザーからすると少々分かりにくいところです。洗練された高級なデザインのiPhoneと(現行のiPhone5と変わりませんが)、ちょっとポップな下位機種という、モデル構成でいくことになるのでしょう。

ホームボタンの部材が変更?!

そのiPhone5Sですが、ホームボタンの形状が変わるようです。

「iPhone 5S」のホームボタンは凸型で指紋センサーを内蔵し、表面にサファイヤガラスを採用か?!
ヘコんでいるのではなく、でっぱっている?!

随分前から指紋認証センサーが搭載されるという噂がありましたが、やはりそれに伴ってボタンの形状が、現行とは少々変わるようです。凹んでいるホームボタンではなく、凸っているホームボタンになるようです。さらに素材も、プラスチックからサファイヤガラスに変更という噂も。ホームボタンの素材まで変わったら、iPhoneのデザインはますます高級になりそうです。

ただ、ホームボタンが凹から凸へ変更になると、現在発売されている、ホームボタンシールも使えなくなりそうです。iPhone4SからiPhone5になった時も、ヘッドフォンジャックの位置が上から下に変更になり、スマートフォンピアスの売上げに影響を与えたと思われます。

細かい所のデザインを、アップルはチョコチョコ変えてくるので、アクセサリーを発売するメーカーさんは、なかなか大変だと思います。これからiPhone5Sと廉価版iPhoneが出るまで、まだ発表もされていないのに、ケースがドンドン出てくると思います。何故世に出ていない商品のケースが出てくるの?!と思いますが、現物が出る前からケースを開発してくれるおかげで、新型iPhoneの発売と同時に大事なiPhoneを守ることができます。アクセサリーメーカーの方は大変だと思いますが、新型iPhoneのケースの開発も頑張ってほしいと思います。

スマートフォンピアス

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly