ついにシムフリー版iPhoneが簡単に手に入る日がくるのか?ドコモ版iPhone登場で、日本もシムフリー時代へ。

スポンサーリンク

いよいよアップルの発表会が近づいてきました。明日の晩に寝て、次の日の朝起きた頃には、本当にドコモがiPhoneを発売するのかが分かるはずです。

ドコモからiPhoneが発売されるということで、今まで仕方がなく、他のスマートフォンを使っていたドコモユーザーも、一気にiPhoneに機種変更することが予想されます。本当にドコモからiPhoneが発売されれば、ソフトバンクとauのiPhone5Sは品切れせず、ドコモのiPhoneだけ品切れするという可能性が高いでしょう。

さらにもう一点、ドコモ版iPhoneが品切れする可能性を助長させる要因があります。それは、ドコモから発売されている端末は、¥3,150を支払うと、シムロックを解除することができるのです。

シムロックとは

まず、シムロックとはどういう意味なのでしょうか。シムロックとは、他社のシムカードを差しても使うことができないように、端末にロックが掛けられていることを言います。分かりやすく説明すると、ソフトバンクショップで購入したiPhoneに、ドコモのシムカードを挿しても、通信することができないということです。日本では、シムロックされた端末を購入するのが一般的になっており、ソフトバンクで端末を購入したら、他社のシムカードを挿して使おうと考える方はいないでしょう。このシムロックが掛かっているおかげで、実質0円という、非常にお手軽な価格で端末を購入することができるのです。

日本で販売されているiPhoneはシムロックが掛かっており、ドコモのシムを挿したとしても、ドコモのネットワークでは使うことができないようになっているのです。

シムフリー端末とは

次に、シムフリー端末とはどういう意味でしょうか。シムフリー端末とは、上記に説明した、シムロックが掛かっていない端末ということになります。シムロックが掛かっていませんので、ドコモのシムカードを挿せば、ドコモの回線で通信することができます。ソフトバンクのシムカードを挿せば、ソフトバンクの回線で通信することができるようになっています(端末自体の機能で、そのキャリアの電波を拾えるような仕組みになっていない場合は使えません)。

シムフリーのメリットとは

シムカードを差し替えてまで、ユーザーがその都度回線を選んで使うことは、日本ではほとんどないでしょう。日本の回線状況は、どの通信キャリアも非常に良好で、ドコモ、au、ソフトバンク等、どの回線を使っても、それほど不満はないでしょう。

だったら、シムカードを差し替えて、回線を選択する必要なんてないかもしれません。ただシムフリー端末が普及すれば、純粋に回線品質と料金のバランスを見て、通信キャリアを選択することができます。現在の日本の携帯電話の販売システムは、端末と通信料金がセットになっており、純粋に通信回線だけの使用料を払っているという状況ではありません。2年間使用することを前提に端末代を大幅に値引き、その分を月々の通信料に上乗せされているという状況です。

しかし、ユーザーがシムカードを差し替えて自由に使うようにできるようになれば、端末代を購入するのに少々お金がかかりますが、毎月の通信料は今より下がるでしょう。さらに純粋に通信回線の品質(速度、エリア)での勝負になりますので、今以上に良好な通信環境ができるようになるはずです。

ドコモの端末のシムロック解除方法

日本ではまだまだ馴染みの薄いシムフリー端末ですが、ドコモから販売されている端末は、シムロックを解除することができます。その方法は、ドコモショップで¥3,150を払うだけです。ドコモで購入した端末なら、ドコモショップで、シムロックを解除してくれます。このサービスは、2011年4月頃から始まっており、2011年4月以降に発売されたドコモの端末は、基本的にすべてシムロックが解除できるようになっています。

もしドコモからiPhoneが発売されれば、日本でも¥3,150を支払うことで、非常に簡単にシムフリー版iPhoneが手に入ることになります。。iPhoneはシムロック解除可能端末になる可能性もありますが、海外ではシムフリー版iPhoneは普通に販売されていますので、日本でもシムフリー版のiPhoneを発売するのは、そんなに難しいことではないでしょう。

日本もシムフリー時代へ

昨年のiPhone5発売時には、LTEという新しい通信規格により、本格的なモバイル通信時代が到来しました。3G回線より10倍以上速いスピードが出るため、より通信回線の速度とエリアが、キャリア選択の大きな要因のひとつになりました。あまりに競争が激しいため、auがLTEのエリアを実際より広く表示しており、景品表示法違反で消費者庁から措置命令を受けたというニュースもありました。iPhone5という絶対的な端末が新しい通信規格に対応していたことで、大きく業界が動きました。次のiPhone5Sでは、LTEの違う周波数帯への対応により、またキャリア間の競争が激しくなるのが予想されます。さらに、もしドコモからiPhoneが発売されて、ドコモ版iPhoneがシムロック解除に対応していれば、シムフリー端末というものが、日本でも認知されるかもしれません。今度のiPhone5Sの発売は、LTEの競争だけではなく、シムフリー化への流れが一気に促進する可能性もあるのです。

日本通信、18年かけた夢が実現、「SIMフリー時代」本格到来|日本通信株式会社
シムフリー時代が到来。

かなりマイナーな通信キャリアですが、ここ日本でもシムカードだけを販売している日本通信という会社があります。その日本通信から、「SIMフリー時代本格到来」というプレスリリースを発表しています。発表されたときは、あまりピンと来ませんでしたが、もしかしたら、ドコモからiPhoneが出ることで、ここ日本でもシムフリー時代が来るということなのかもしれません。

店舗案内 | Wasabee
日本初のシムフリー専門店

さらに東京駅には、日本初のシムフリー専門店ができました。海外では、空港や駅や街で簡単にシムカードを購入することができ、端末に購入したシムカードを差し込むとすぐにその通信キャリアで通信をすることができます。2020年に東京オリンピックの開催が決まった今、海外から日本にやってくる人が飛躍的に増えるでしょう。今の日本の通信回線の提供方法では、海外から来た方がシムカードを購入し、短期間だけ使うあまり良いプランがありません。これでは真の国際都市にはなれません。東京オリンピックの開催決定が、ここ日本での通信キャリアの位置づけを変化させ、よりシムフリー化へシフトすると思われます。

すべてが図ったかのようにタイミングが合っていますが、いよいよ日本でもシムフリーの時代が来るでしょう。2013年秋のiPhone5Sの発売により、2014年はシムフリーというのが、ひとつのトレンドになるかもしれません

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly