新しい回線スピード戦争が始まる。iPhone5S次第では、一気にauの回線が高速に?!

スポンサーリンク

新しい回線スピード戦争が始まる日が近づいてきました。iPhone5Sがどの周波数帯のLTEに対応しているかによって、現在劣勢のauが最速になる可能性も出てきます。

直前予想!  ドコモのiPhone 5SはどのLTE周波数に対応するのか? : ギズモード・ジャパン
どの周波数帯に対応しているのだろうか

現在iPhone5のLTEは、2.1GHz帯と1.7GHz帯の周波数に対応しています。この周波数帯のせいで割を喰っているキャリアがあります。そのキャリアはauです。auが展開しているLTEの周波数帯は、2.1GHz帯と1.5GHz帯、さらに800GHz帯の3つです。iPhone5は対応していない800GHz帯の周波数帯は、auのAndroid端末では対応しています。元々auは、この800MHz帯という周波数帯でLTEの展開を考えていたようです。しかし、iPhone5は800MHz帯に対応していないため、わざわざ新しくアンテナを建てる必要が生じました。auの800MHz帯はかなりエリアの展開が広くできているようです。そのため、現在最強の回線を手に入れるには、auのAndroidスマートフォンを入手することだと言われています。

もしiPhone5Sが800MHz帯の周波数に対応すれば、一気にauがエリア、回線速度ともトップに立つでしょう。ただ、現在iPhone5を使っている方は、その恩恵を受けることができません。さらに、iPhone5Sが800MHz帯に対応してしまうと、2.1GHz帯のアンテナを新しく建てていかなくなる可能性があります。そうなるとauのiPhone5をお使いの方は、今の状況からあまり改善されないままということになります。

同じ端末を回線の違いで比較できる

iPhone5Sをドコモが取り扱うことで、日本のすべてのキャリアがiPhoneを取り扱うことになり、純粋に回線スピードとエリアの勝負になります。料金プランは各社似たようなプランになるでしょうから、回線の品質というものが、より重視されることになるでしょう。

新型iPhoneがどの周波数帯に対応するのか。その答えはもうすぐ判明します。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly