3キャリアがiPhoneの料金プラン発表。MNPで契約するのが前提のようです。

スポンサーリンク

iPhone5c_34L_All

 

昨日より、iPhone5cの予約がスタートし、各キャリアの料金プランも発表になりました。

iPhone 5c予約開始!気になる予約行列は意外にも…… | RBB TODAY
やはりiPhone5cを購入する方は少ないようです。

平日の夕方から予約が開始されましたが、ほとんど並んでいる方もいなかったようです。やはり予約までして購入される方はマニアの方が多く、iPhone5と同等機能のiPhone5cの予約はしないはず。みなさんiPhone5s狙いだと思われます。

各社の料金プランは?

そして、各社の料金プランも発表になりました。しかし、いつものようにパッと料金プランを見ただけでは、よく分からないというのが正直な感想。正直まだ理解しきれていない部分も多いのですが、自分なりに一言で各キャリアの料金プランの特徴を書きます。

ドコモ
私と長く付き合う気があるなら来なさい。

au
今までといっしょ?新たに800MHzの電波に対応になり、最高の女になったわ。

SoftBank
これだけ長く付き合えば、驚きもなくなるわ。

という感じです。これではよく分からないと思うので、簡単に説明します。

ドコモは2年間使い続けること前提の料金プラン

ついにiPhoneを取り扱うことになったドコモですが、ドコモはなぜか端末代がau、SoftBankと比べると割高になっています。その変わり、その端末代を相殺するように、毎月の割引額が、他社より高くなっています。月額料金自体はau、SoftBankとほとんど変わらない感じに見えますが、もし2年経つ前に解約してしまうと、端末の残債がau、SoftBankより高くなります。そのため、2年間ドコモでiPhoneを使い続けるという方以外には、あまりドコモでiPhoneを使うことを薦めることができません。

auは800MHzに対応し、機能面での優位性をアピール

auの料金は、iPhone5と同じです。料金は同じですが、iPhone5sとiPhone5cは、iPhone5より対応電波が多くなっています。その対応電波の中に、auがメインでエリア展開している800MHz帯に、iPhone5sとiPhone5cは対応しています。

KDDI、新iPhoneに向けたLTEへの取り組みと料金施策をアピール – ケータイ Watch
800MHzの優位性をアピール。

この電波にもしiPhoneが対応すれば、auのiPhoneが最強になると前々から言われていました。この度iPhone5sとiPhone5cが800MHz帯に対応していたことで、この電波に対応したことの優位性をアピールしてきました。しかし、料金プランは従来といっしょです。そして今auのiPhoneか携帯電話をお使いの方で、同じauのままで機種変更をされると、auで新規に契約するかMNPするよりも、少々割高になるというのが納得いかないところではあります。

このことからも、現在ドコモかSoftBankをお使いの方は、auにMNPするのをお薦めします。回線スピード、エリア、月額料金と、トータルで一番よいキャリアになるでしょう。

SoftBankはアピールするところなしなのか?!

日本でのiPhoneを普及させた立役者と言えばSoftBank。iPhone5発売時には、auとの激しい戦いの末、電波状況が劇的に改善されました。しかし、iPhone5cとiPhone5sでは、auの主力LTE周波数帯800MHzに対応となったことで、やや劣勢に立たされています。

[キーパーソンインタビュー] 倍速化、900MHz帯は来春――ソフトバンク宮川氏が語るエリア品質 – ケータイ Watch
SoftBankの優位性をアピール。

しかし、そんなことはないとソフトバンクモバイルCTOの宮川潤一氏が反論。SoftBankのネットワークの優位性をアピールしました。SoftBankといえば、プラチナ電波が有名かと思います。そのプラチナ電波の周波数帯、900MHz帯を使ったLTEは、2014年春からサービスを開始するとのこと。当初の予定から前倒ししたことからも、かなりの危機感を持っているのが伺えます。

SoftBank側の言い分としては、auの800MHz帯に対応したからといって、auのiPhoneが劇的に良くなるという訳ではないとのこと。これが本当かどうかは分かりません。実際にiPhone5cとiPhone5sが発売されれば、何が真実か分かるでしょう。

auと同じでSoftBankも、機種変更ではやや割高な料金になってしまうのが残念なところ(買い替え用の割引もありますが)。既存の顧客を逃さないためにも、もう少し継続して利用するユーザーを優遇して欲しいところです。

結論、、、

2年間同じキャリアで使い続けるのなら、どのキャリアでiPhoneを購入しても、料金的な違いはほとんどありません。しかし、来年の今頃には新型のiPhoneが出ているはずです。その時になってみないと分かりませんが、来年また新型のiPhoneに買い換えたいと思っている方は、端末代の負担が少ない、auとSoftBankでiPhoneを購入するのが一番でしょう。

現在auのiPhoneをお使いの方はSoftBankのiPhoneを、SoftBankのiPhoneをお使いの方は、auのiPhoneに。これが、一番じゃないかと思います。ドコモのiPhoneは、これまでもドコモで携帯電話を使ってきたユーザーで、これからもずーっとドコモユーザーでいくという方向けだと思います。

キャリアに拘りのない方は、MNPでauかSoftBankへ。ドコモユーザーの方は、そのままドコモのiPhoneを。
これが結論だと思います。発売までもう少し時間がありますので、じっくり考えましょう!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly