写真家向けのお値打ちプラン。発表しても発表してもお値打ちじゃない気が、、、

スポンサーリンク

またまたAdobeさんが、お値打ちなのか、お値打ちじゃないのか、非常に判断に困るプランを提案してきました。

Photoshop 写真業界向けプログラム : Adobe Creative Cloud
毎月1,000円で最新のPhotoshopが。

PhotoshopCS3以降をお持ちの方は、なんと月額1,000円で、いつまでも最新のPhotoshop CCとLightroom 5を使うことができるプランです。写真家には必須といっていいPhotoshopとLightroom。この2つを常に最新版を使えるというのなら、毎月1,000円という価格も安いように思えてしまいます。

月5,000円ならAdobeのソフトをすべて

月1,000円で、写真家向けの最高峰のソフトが使えてしまいます。しかし、あと4,000円だせば、Adobeのソフトをすべて使えてしまいます。Adobeのソフトでよく使うソフトと言えば、Illustratorでしょう。チラシを作るときは、やはりIllustratorがないとシンドいことが多々あります。Illustratorがあれば、ネット印刷の入稿もスムーズにできますし、月3,000円でIllustratorとPhotoshopとLightroomの3つを使えるプランというのはどうでしょうか。このプランがあれば、もっとAdobe Creative Cloudの利用者が増えるように思います、、、と言いたいところですが、すでに有料会員者数が100万人を突破したようです、、、

Adobe、Adobe Creative Cloudの有料契約数が100万件を突破したと発表 | NEWS | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)
何十億というお金が毎月入ってくる。

すべての会員が月5,000円のフルサービスではないと思いますが、少なめに見積もっても、月に30億以上の売上がAdobeに入ってきている計算になります。安定してこれだけのお金が入ってくるというのは、なかなかすごいものがあります。課金制度のサービスは、ほとんどが月数百円のサービス。しかし、Adobeは月数千円もするサービスで、会員数が100万人オーバー。これから時が進むにつれ、会員数が増えていくかと思うと、考えるだけでも恐ろしい金額になっていきそうです。

Adobeのソフト自体は、プロ向けのソフトだけあって、使いこなすことさえできれば、かなりのことができます。少々お値段は張りますが、本当のプロ用ソフトを使って、あなたのクリエイティビティを発揮してほしいと思います。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly