2013年内のデジタルガジェット発売スケジュールを確認してみました。

スポンサーリンク

2013年もあと三ヶ月ほど。新型iPhoneも発売され、もう新しい商品の発売も終わったかと思いきや、まだまだ続きます。いやいやこれからが本番かもしれません。年内のデジタルガジェット購入計画を立てるため、年内に発売が予想される新商品たちを紹介していきます。

iPad

すっかり陰の薄くなってしまったiPad。7インチタブレットが登場してからというものの、主役の座はiPad miniに明け渡したような状況。しかし、9.7インチ液晶の大きさは魅力的です。もう少し本体重量さえ軽くなれば、大は小を兼ねるとも言いますし、再び主役の座をiPad miniから奪い返す可能性もあるでしょう。

昨年の11月からiPadはモデルチェンジしていませんが、いよいよ10月にも新型が登場という噂。デザインはiPad mini風になり、よりコンパクトで薄くなり、重量も軽くなるでしょう。現在652gの本体重量が、どこまで軽くなるかが一番のポイント。500g以下の重量になれば、iPad mini以上に売れる可能性は大いにあると思います。

新型iPadと新型iPad miniは10月~12月発売? 著名アナリスト予測 : ギズモード・ジャパン
登場間近か。

iPad5
◯発売予想時期:2013年10月末頃
◯期待度:★★★★☆
◯予想価格:¥49,800〜

iPad mini

昨年11月の登場以来、一気に主役の座に上り詰めたiPad mini。新型iPad登場と同時に、iPad miniも新型が登場という噂です。iPadより性能の予測情報が錯綜しているのがiPad mini。ディスプレイの高精細化(Retina)、CPUの性能アップ。この2点が大きなポイントです。1年ほどiPad miniを使っていますが、アプリがたまに落ちたり、少々動作にもたつく場面もありますので、最低でもCPUの性能アップはお願いしたいところ。ディスプレイのほうも、ライバルのNexus7がかなり高精細なディスプレイになっているため、(1920×1200ピクセル「323 ppi」)iPad miniも高精細化し、最強の7インチタブレットになって欲しいと思います。

iPad 5とiPad Mini 2は今年第4四半期に登場するとアナリストが予測―iPad 2は引き続き販売へ | TechCrunch Japan
iPad miniも大幅な性能アップを期待したい。

iPad mini2
◯発売予想時期:2013年10月末頃
◯期待度:★★★★★
◯予想価格:¥32,800〜

Surface

つい先日、新型の発表がありましたSurface。Surface RTというネーミングからSurfaceというシンプルな名前に変えて再出発。性能が大幅にアップし、スペック的には不満のない端末になったように思います。ただSurfaceの問題は、対応アプリが少ないこと。パソコンのWindowsソフトが使えないため、Surface用に作られたアプリ(ソフト)じゃないと、使うことができません。ネット、メール、Officeなど、使う用途を限定して使う方にはオススメのマシンです。

米Microsoft、Surface新バージョン発表。絶妙な価格で性能向上 -INTERNET Watch
日本での発売はいつ。

ただ日本の発売はまだ未定。新型の発表と同時に、現行機種の値下げが発表されたということは、しばらく日本での発売はまだ先なのかもしれません。

マイクロソフト、現行 Surface を国内で値下げ。Pro は1万円安、RTは3000円〜5000円安。 – Engadget Japanese
これが最終価格か。

Surface2
◯発売予想時期:2014年2月末頃
◯期待度:★★★☆☆
◯予想価格:¥45,800〜

Surface Pro

Surfaceと同時に発表されたSurface Pro。フルスペックのPCがゆえ、バッテリーが大きな弱点でした。新型Surface Proは、CPUがHaswellに変更し、大幅にバッテリー性能を向上させています。どうやら実働で5時間以上は使えるマシーンになっているようです。タブレットにもなって、フルスペックのノートPCとしても使えるSurface Proは、ある意味最先端のモバイル端末と言えます。Surfaceと同じく、Surface Proも日本での早期の発売を期待したいところです。

マイクロソフト Surface Pro 2発表、Haswell Core i5で駆動時間75%延長。8GB RAMモデルも追加 – Engadget Japanese
大幅にバッテリー駆動時間がアップ。

Surface Pro2
◯発売予想時期:2014年2月末頃
◯期待度:★★★☆☆
◯予想価格:¥90,000〜

iMac

9月にも新型登場かと言われていたiMac。ついに待望の新型が発表されました。派手な発表会もなく、ホームページ上でこっそりと発表されただけですが、その中身はなかなか魅力的です。CPU性能とグラフィックチップの性能が大幅に上がっており、旧モデルより60%ほど高速になっているようです。ただOS X Mavericksが控えておりますので、古いOSが欲しい方は今すぐ購入、OSバージョンアップ時でのトラブル等を避けたい方は、もうしばらく待つのが良いでしょう。

Apple Online Storeでフルスペックにしてみたところ、価格が30万オーバーになってしまいました、、、iMacは、どれだけ高くても20万代のイメージがありましたが、今回は30万オーバーということで、一昔前のフルスペックPCを思わせる価格になっています。また標準の本体のほうも、旧機種より値上がりしていますので、価格のバランスを見て、古い機種の在庫品を探すか、新型を購入するか決めましょう。

13万8800円から:アップル、Haswell世代の新型「iMac」を発表 – ITmedia PC USER

iMac
◯発売予想時期:発売中
◯満足度:★★★★☆
◯販売価格:¥138,800〜

MacBook Pro Retina

iMacがこっそりと新モデルが登場しましたので、MacBook Proもそう遠くないうちに、モデルチェンジするでしょう。iMacはOS X Mavericksのリリースを待たずして登場しましたが、MacBook Proは、OS X Mavericksと同時に登場すると予想します。OS X Mavericksはよりモバイルマシーンに最適なOSです。より省電力化させる仕組みも取り入れていますので、OS X Mavericksと同時にリリースすることで、新しいモバイルPCとして売り出すのが一番良い方法のように思います。

ひとつ気になる点は、新型のMacBook Proすべてのモデルから、ディスクドライブがなくなるという噂があります。Retinaの液晶の美しさも捨てがたいですが、ディスクドライブが一体型になっているノートパソコンの便利さというのもあります。次期型がどうなるかを見てから、新型のMacBook Proを購入するのか、現行のMacBook Proを購入するか検討するのが良いのではないでしょうか。

MacBook Pro Rtina
◯発売予想時期:10月下旬
◯期待度:★★★★☆
◯予想価格:¥140,800〜

今年は新しいiPodシリーズの発売はない

例年なら、秋には新型iPodシリーズが登場していましたが、今年は新型のiPodは登場しないようです。その理由は、先日のiPhone発表会が終わった後に、こっそりと新色(スレート)が追加されたから。すでに発売から1年経過しているモデルに新色を追加したということは、しばらく新型の登場はないということ。iPodは音楽プレイヤーとしての役目をiPhoneに受け渡し、そろそろ消えていく方向性かと思います。

iPodシリーズ
◯発売予想時期:すでに発売中
◯満足度:★★★☆☆
◯販売価格:¥4,800〜

Kindle Paperwhite

個人的に一番注目しているのが、Kindle Paperwhite。電子インクという液晶とは違う方式で文字や絵を表示していますが、その電子インクがより綺麗になっているようです。さらに、電子インク唯一の弱点の、画面表示の応答速度も25%アップするなど、現行Kindle Paperwhiteの弱点を解消した、電子書籍端末の決定版とも呼べる端末になっているようです。

電子書籍端末は、iPad miniで間に合っているのですが、Kindle Paperwhiteの電子インクというものに興味があります。iPad miniでもそんなに眼が疲れないのですが、たまに眼がショボショボするときがあります。これが電子インクのKindle Paperwhiteならどうなるのかというのを体験してみたいという思いがあります。実際に発売されて実機を見てみて、購入を検討したいと思います。

Kindle Paperwhite
◯発売時期:2013年10月22日
◯期待度:★★★★☆
◯予想価格:¥9,980〜

Kindle Fire HDX

Amazonが提供しているタブレット端末、Kindle Fireシリーズ。こちらも新型が発表されました。

アマゾン、Kindle新型タブレット「Kindle Fire HDX」を発売、LTEも – ケータイ Watch
Kindle Fire HDX …
驚異的な価格。

まだ日本での発売は未定ですが、相変わらずのお値打価格。229ドルからという衝撃の価格です。本体性能のほうも、なかなかの性能のようですし、GoogleのNexus7に負けない、非常に魅力的な端末でしょう。日本のAmazonで、Kindle Fireのセールが先日行われていましたので、日本での発売も以外に早いのではないかと予想します。安くて高性能なタブレットが欲しい方は、もう少し様子を見てみてもいいかもしれません。

Kindlr Fire HDX
◯発売予想時期:2013年12月末頃
◯期待度:★★★★☆
◯予想価格:¥25,000〜

PlayStation Vita

やっとエンジンのかかってきた「PlayStation Vita」。PlayStation Vitaも、ニューモデルが登場です。

PlayStation Vitaに新型登場 10月10日発売 – ITmedia ニュース
日本は携帯型ゲーム機が主力?!

厚さが15ミリと従来機の18.6ミリから約20%薄くなり、重さは219グラムと15%軽くなっています。少々大きいかなというサイズのPlayStation Vitaですが、薄く軽くなって、携帯型ゲーム機として非常にバランスの良いマシーンになったように思います。ただ、PlayStation Vitaの特徴のひとつ、有機EL液晶が通常の液晶に変わってしまうのだけが、新型PlayStation Vitaで気になるところではあります。若干旧型より画面の綺麗さで劣るかもしれませんが、ソニーはこれまでも携帯型ゲーム機に、かなりレベルの高い液晶を搭載してきていますので、ディスプレイ性能は少し下がりますが、高品質の液晶を搭載してくれるはずです。

PlayStation Vita
◯発売時期:2013年10月10日
◯期待度:★★★★☆
◯予想価格:¥19,925

PS Vita TV

ソニーのゲーム関係のサプライズ商品がこちら。「PlayStation Vita TV」です。を11月14日に発売するこちらの端末。なんと「PlayStation Vita」のゲームを、家庭のテレビでも楽しむことができます。さらに、TSUTAYA TV、hulu、ニコニコ動画などの動画コンテンツも再生できます。まさしくソニー版Apple TVと言ってもいい商品。どれだけ売れるか未知数の商品ですが、コンパクトな端末と、手頃な価格で、意外にヒットするかもしれません。

PlayStation Vita TV
◯発売時期:2013年11月14日
◯期待度:★★★★☆
◯予想価格:¥9,954〜

PS4

「プレイステーション 4」こそ、この年末の目玉商品に相応しいガジェットですが、日本での発売は、2014年2月22日発売になります。

PS4、日本で2014年2月22日発売 4万1979円 – ITmedia ニュース
残念ながら2月の発売。

予約は10月5日(土)から開始の予定です。アメリカなどでは、年内に発売しますので、日本のユーザーからすると、少々不満はありますが、年明けにしっかりとした体制で発売してほしいと思います。

PlayStation 4
◯発売時期:2014年2月22日
◯期待度:★★★★☆
◯予想価格:¥41,979〜

XBOX ONE

日本ではあまり注目されていないXboxですが、こちらも日本での年内の発売はありません。少々マニアックなゲーム機ですが、今回の「XBOX ONE」は、ゲーム機だけではなく、よりマルチなエンターテイメント端末として登場する予定です。ただ、そういったサービスが日本でもしっかりと利用することができるのかどうか。日本におけるマイクロソフトのXBOX事業体制が、年々やる気が感じられなくなってきているのが少々不安なところ。日本での体制をもう一度しっかり立て直すことができるのかどうか。これが、「XBOX ONE」を購入するかどうかの判断基準になるかと思います。

XBOX ONE
◯発売時期:2014年4月頃
◯期待度:★★★☆☆
◯予想価格:¥50,000〜

Nintendo2DS

この商品発売のニュースを聞いた時、これは冗談だろうと思ったのに、本当に発売すると知って二度ビックリしたこの商品。

それはNintendo 2DSです。モンスターハンター4の登場で、日本ではさらに売れているNintendo3DSですが、海外では少し売れ行きが伸び悩んでいるようです。Nintendo3DS最大の特徴とも言える、3D機能を省いてまで価格を下げての登場。折りたたみじゃない、コンパクトな本体デザインに、かなり購買意欲をそそられます。しかし、残念ながら日本での発売はない模様。日本でのNintendo3DSは、かなり売れ行き好調。わざわざ廉価モデルを出す必要はないでしょう。

個人的にはNintendo3DS Liteを出して欲しいのですが、、、もっと薄くてコンパクトなNintendo3DSが欲しいユーザーは僕だけでしょうか。

以上が2013年内に発売される新ガジェット

ざっと紹介してきましたが、まだまだたくさん魅力的なガジェットが発売されます。どれを購入するか悩んでしまいますが、自分の用途にあったガジェットを見つけて、楽しいデジタルライフを過ごしましょう!

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly