地球を楽しむ高城剛が大好きだ。彼は世界最強のハイパーライフクリエイターだ。

スポンサーリンク

先日、高城剛さん講演会に行きました。講演会じゃないか、なんて言ったらいいのだろう。トークショー、ライブ、プレゼン。どんな呼び方も彼の前では陳腐すぎて、うまく表現することができない。今までも色んな人の話を聞いてきたが、高城剛さんの話はスケールが違って、最高に面白かった。話を聞いていてとても興奮した。生で話を聞く前から大好きだったけど、もっと大好きになった。こんなにカッコ良い男はいないんじゃないだろうか。

あまりに興奮して話を聞いていたので、ほとんど話を覚えておらず、もっとしっかりメモをしておくべきだったと激しく後悔した。しかし、Youtubeを探してみたら、先日の素晴らしいお話がアップされていた。改めてこの動画を見たら、あの興奮がすべて蘇ってきた。忘れていたと思っていたが、しっかり覚えていたようだ。ただその記憶を引き出す物がなかっただけで、興奮して聞いたものは、しっかりと覚えているようだ。

デジタル&英語

これからの時代に必要なものは、Digital literacyとEnglishだ!と高城剛さんが仰っていました。今以上にこれからデジタルは進化する。だからコンピュータに強くなって、活用していけるようにならないと、時代から置いていかれる。例えば、5年前にこれだけスマートフォンが普及するとは誰も思っていなかった。今から5年後がどうなるのか。もっとすごい事になっているはずだと。だからデジタルをしっかりと活用していかないと、これからの時代は生きていけない。

テクノロジーが進化して、インターネットでいつでもどこでも繋がっていくと、国とか人種を飛び越えていくようになる。そうなったときに、必要になるのは共通の言語。言わなくても分かると思うが、共通の言語とは英語。デジタルに関して、は日本人もある程度は活用できているとは思うが、コミュニケーションをする言葉が問題。日本人は、英語だけは本当に苦手だ。

僕もまったくできない。前から英語を勉強しないといけないとは思っていたが、なかなか踏み出せなかった。しかし、高城剛さんの本を読み終わったら、すぐにオンライン英会話を申し込むことができた。なぜなら高城剛さんの著書「21世紀の英会話」には、実際に高城剛さんが数々のオンライン英会話サービスを試してみて、それぞれのサービスについて採点している。このレビューのおかげで、自分なりにどこのオンライン英会話が適しているか検討し、安心してオンライン英会話を申し込むことができた。

産経オンライン英会話
料金と内容のバランスが良い。

オンライン英会話を受講し始めて1ヶ月ほどになるが、受講して本当に良かったと思う。中学や高校で受ける英語の授業なんかより、遥かに実のあるレッスンを受けることができている。もう学校の英語の授業は、各自でパソコンを使い、勝手にオンライン英会話を受講してもらったほうがいいんじゃないだろうか。

僕なりにオンライン英会話の良い点を考えてみた。それは、マンツーマンで、ほとんど日本語が通じない相手と話すことだと思う。やはりマンツーマンというのはとても中身が濃い。一対多数ではなく、一対一だと集中力が違う。さらに相手は英語しか話せない。かなり苦しいが、しっかり英語を聞かないといけないし、英語で意思を伝えないといけない。毎日、自分の伝えたいことが伝えられなくて、歯痒い思いをしている。でもこういったことが大事なんだと思う。伝えたいけど伝わらない。一生懸命相手が何か喋っているけど、理解できない。ただ勉強するだけではなく、もう少し感情的に動くものがないと、自分の身にならない。

こんなに中身の濃いレッスンが、カフェに行ってコーヒーを飲むより安いんだから、みんな騙されたと思って、今すぐオンライン英会話をやってほしい。

エネルギーを自分で作ってみよう

高城剛さんのお話を生で聞いて一番心に残ったのが、「エネルギーを自炊してみよう」ということ。「みんな原発が反対だ賛成だというけど、その前に自分でエネルギーを作ってみるといい。そうすると、どれだけエネルギーを作るのが大変か分かるから。」と高城剛さんは言っていた。本当にそうだと思った。当たり前のようにスマートフォンやタブレットやパソコンを使っているけど、全部電気がないと何もできない。僕らの身の回りにある物で、エネルギー無しに使えるものはない。何か道具を使おうと思ったらエネルギーが必要。コンセントにコードを挿せば、電気が流れてくる。これだけたくさんの人のエネルギーの需要を満たすには、僕らの想像を超えるレベルでエネルギーを作り出さないと現代の世界は成り立たない。その難しさや大変さを分からずに、好き放題使っているから、何が正しい、何が間違いだ、と話がおかしな事になっているんじゃないだろうか。だから、僕は自分でエネルギーを作ってみようと思う。

このソーラーパネルを、Amazonで購入しました(ビックカメラ等の大型電気店では売っていませんでした)。色々ソーラーパネルを調べましたが、ソーラーパネルはかなり効率が悪い。ドピーカンの日に外でこのソーラーパネルを広げても、バッテリーを充電するにはかなりの時間を必要とする。単3電池4本を満タンにするには、5時間ぐらいはかかるようだ。天気がいい日が続くわけでもない。天気が良くても、必ず外にいて充電できる状況であるとも限らない。ソーラーパネルでバッテリーを充電するのは、相当難しいように思う。それでも一度チャレンジしてみたい。自分でエネルギーを作ってみて、エネルギーを作ることがどれだけ大変なのか。実際に自分でやってみたら、何か気付くことがあるだろう。

他にもたくさん色んな事に感動した。あれもこれもすぐに行動に移していきたいが、まずはやれるところから、一歩ずつやっていこう。世界最強のハイパーライフクリエイター高城剛が、教えてくれた世界に向かって行きたい。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly