名古屋は落合監督を待っている!ドラゴンズ新監督候補に落合。

スポンサーリンク

久しぶりにスポーツニュースを見て興奮した。なんと中日ドラゴンズの次期監督候補に、前ドラゴンズ監督、落合博満氏が上がっているというのだ。

中日新監督候補に落合博満氏が浮上 – プロ野球ニュース : nikkansports.com
名古屋が日本が落合監督を待っている。

見た瞬間自分の目を疑った。落合監督だけは絶対にないと思っていた。だって、ドラゴンズのほうから辞めさせておいて、どの面を下げてお願いに行くのだろうか。成績は文句なしの落合監督。そんな名将を、人気がないと言って辞めさせたのだ。そして、監督が変わってファンサービスを全面に打ち出したドラゴンズ。そんな球団の姿勢とは裏腹に離れていくファンたち。さらに成績は落ち、まさかのBクラス。優勝、クライマックスシリーズが当たり前のチームが崩壊寸前。こんな状態なら、ファンが離れていって当然だ。

緊張感がない試合運び

今年のドラゴンズの何がダメかといったら、緊張感のない試合運びだろう。落合監督の時のドラゴンズは、1点を争う緊迫した試合ばかり。これぞプロ野球というような試合だった。それを頭の悪いマスコミが、地味だ退屈だ面白くないと書き出した。実際に試合を見ている人は本当にそう思っていただろうか。1点を争う緊迫した中、試合終盤でライト前やレフト前にヒットを打ち、ランナーが滑り込んでくる。あの時の盛り上がり方を、生で球場で見ている人間が、なぜ地味だ退屈だ面白くないと書いてしまうのだろうか。ドラゴンズをこのような状況にしてしまったのは、愛のないマスコミたちだろう。

次々上がる次期監督候補

高木監督就任当初から、2年で次の監督にバトンタッチという話だった。そして、この2年間、様々な次期監督の名前が上がった。立浪、山崎、牛島、モッカ、田尾、与田、宣銅烈、名前だけは次から次に出てきた。どの名前が上がっても、何かが違う。これらの方々が監督になっても、強いドラゴンズを想い描くことができないのだ。だから僕はまったくドラゴンズと関係のない、桑田真澄を監督にしたらどうだろうかと思った。この状況を変えるには、並大抵の人物じゃダメだと思った。まだ監督をしたことがないが、独自の野球観を持つ桑田氏なら、ドラゴンズを変えることができるんじゃないかと思った。

みんな本当は落合監督が良かった

周りの人に聞いても、みんな落合監督が良かったと言っている。なんでこんなに弱いんだと。でも、来年は監督が変わるよと話しても、どうしても歯切れの悪い会話になってしまう。立浪、山崎、牛島、モッカ、田尾、与田、宣銅烈、、、これらの方々が、ドラゴンズの監督をしたとしても、強いドラゴンズを想像できないのだ。やっぱり落合監督以上の監督はいないのをみんな分かっている。でも今さらまたドラゴンズの監督はないよなぁと思っていた。こちらから振った女に、「やっぱりまた俺と付き合ってくれ」と言いわないといけないのだ。そんなことを球団フロントがするだろうか。どう考えても、落合氏の監督はないと思うしかない。

本当に奇跡が起きるのか

最初次期監督候補に落合氏と出たときも、どうせ飛ばし記事だろうと思った。しかし、その後出てきたニュースを見て、これは飛ばしじゃないと確信した。

落合氏 中日・白井オーナーと会っていた | 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社
これは奇跡の監督復帰の可能性も。

なんと白井オーナーと会っていたというのだ。一向に決まらない監督人事も、オーナーが落合氏の再監督を望んでいたのなら、すべて辻褄が合う。そしてオーナーと落合氏が本当に会談していたら、、、奇跡の落合監督復帰の可能性は高いと思う。

話は聞く。条件は全権委任

毎年年初に行われている、「落合博満トークショー」というものがある。名古屋の国際ホテルで開かれているのこのトークショーに、僕は2年連続で参加している。そのときに落合氏が言っていたのは、「話はどこでも聞く。条件次第だ」と言っていた。そしてその条件とは「全権委任」だと。生で落合氏のこの言葉を聞いたからこそ思うのだが、ドラゴンズ側が、ちゃんとした条件さえ出せば、落合氏の再監督はありえるだろう。プロの世界は契約の世界だと言っていた。ただ契約が切れた、それだけのことだと。だからこそ、ドラゴンズがちゃんとした条件さえ提示すれば、ドラゴンズの次期監督に、落合博満氏という可能性は充分にあると断言できる。

このまま落合監督再登板の世論を上げていけば、本当に奇跡は起きるんじゃないだろうか。名古屋が日本が落合監督を待っている。

もうそろそろ休息も終わりでいいだろう。戦士の復活の日を、みんな首を長くして待っている。

来年のトークショーが今から楽しみ

きっと来年も、名古屋国際ホテルでトークショーをしてくれるだろう。白のワイシャツにドラゴンズブルーのネクタイで登場する落合監督を、今から楽しみに待ちたいと思う。

落合!落合!!落合!!!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly