最新のMacBook Air(Late2013)をお使い方の方は要注意!Skypeでカメラが使えない場合の対処法。

スポンサーリンク

最新のMacBook Air(2013年に発売されたMacBook Air)をお使い方のは要注意です。2013年10月3日(木)現在の最新バージョン(10.8.5)にアップデートすると、SkypeなどでFaceTime HDカメラ(液晶画面の上に付いているカメラ)を使用すると、こちらのカメラの映像が映りません。Skypeなどを使わない方は気付かないかもしれませんが、ビデオチャットをよくする方は、しばらくバージョンアップするのを止めましょう。

僕がこの不具合に気付いたのは、毎朝レッスンを受けているオンライン英会話の時でした。講師の方が「」と聞いてきました。てっきり映っているものだと思っていましたので、非常にビックリしました。オンライン英会話は、お互いの映像が見えているというのが、結構重要なので(こちらの語学力がない部分を身振り手振りでカバーする必要があるため)、この不具合は非常に厄介です。

不具合の原因は?

インターネットで検索して調べてみたところ、なんとなく今回の不具合の原因が分かりました。どうやらアップデートファイルの中に、カメラ関係の32ビット用プラグインを入れ忘れたというのが原因のようです。

64ビットで動作するアプリケーションは問題ありませんが、32ビットで動作するアプリケーションは、32ビット用のカメラプラグインが入っていませんので、動作しないということのようです。

アップル純正のアプリケーションは、64ビットで作られているようで、QuickTime PlayerやPhot Boothといったアプリでは、しっかり自分の顔が映ります。しかしサードパーティ製アプリの大半は32ビットで作られています。だからSkypeを使用した際、自分の顔が映らない訳です。

この不具合の対処方法は?

まず一番良い方法は、バージョンアップしないことです。バージョンアップしなければ、この不具合の影響はありません。しかし、MacBook Airを使っていると、利用可能なアップデートがありますと、Macのほうから聞いてきます。OSのバージョンアップは、セキュリティ的な観点からも、最新のアップにしてしまうのがベターですから、普通にバージョンアップしてしまうでしょう。

じゃあバージョンアップしてしまったという人はどうしたらいいのでしょうか。アップルから新しいアップデートがあるまで、我慢しようかと思いましたが、英会話のレッスンで毎日Skypeを使用するため、不具合が解消されるのをまっている訳にはいきません。さらにインターネットで調べて、なんとかこのカメラが使えないという不具合を解消しました。

カメラプラグインのファイルを書き換える

今現在のカメラプラグインではなく、不具合になる前に正常に動いていたカメラプラグインを入れれば、32ビット用のプログラムも入っているため、正常にFaceTime HDカメラが動作します。

それでは、FaceTime HDカメラが映らなくなる不具合を解消する方法を解説します。

1、まずこちらのページに行って、下のほうにある「AppleCamera.plugin.zip ‏956 KB」という所をクリックして、カメラ用のプラグインをダウンロードしてください。

isight not recognized in Skype after…: Apple Support Communities
32ビット用のカメラプラグインが入ったファイルがあります。

カメラ用のプラグインをダウンロードしたら

2、SafariなどのブラウザーのURLを入力できる窓に
/Library/CoreMediaIO/Plug-Ins/DAL/
を入力してください(上記のURLをコピーしてペーストするとよいでしょう)。

一気にカメラ用のプラグインの場所に飛びます(Finderからライブラリを辿って行くと、CoreMediaIOが出てこないので、このやり方を推奨します)。

3、DAlフォルダーをダブルクリック。

このDALフォルダーの中に「AppleCamera.plugin」という問題のプラグインファイルがあります。この問題のファイルを、先ほどダウンロードした同じファイル名ですが、中身が違う「AppleCamera.plugin」ファイルに入れ替えます(DALフォルダーに入っているAppleCamera.pluginというファイルを消して、次にダウンロードしたAppleCamera.pluginファイルをDALフォルダーに入れる)。

以上です!これで無事にSkypeを使っても、自分の顔が映るようになります。

本当に直ったか今すぐ確認するには、Skypeを立ち上げてから、左上にある設定をクリックして、Skypeの設定を立ち上げます。そこに音声ビデオという項目がありますので、そこをクリックすると、めでたく自分の顔が映るはずです(笑)自分の顔が映れば、このFaceTime HDカメラが使えないという不具合が解消されます。

やっぱりお互いの顔が映るのが一番!

やっぱりSkypeなどのビデオチャットは、お互いの顔が見えるのが一番です。これで僕も安心してオンライン英会話を受講することができます。2013年のMacBook Airをお使いの方で、カメラに自分が映らないと悩んでいる方は、この不具合解消法を試して、快適なMacBook Air生活を過ごしてください!

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly