iPhoneを扱っても一人負け?!9月も顧客流出が続くドコモ。

スポンサーリンク

待望のiPhone取り扱いだし、いよいよNTT docomoの反撃かと思いきや、9月も大量に顧客が流出してしまったようです。

ドコモ、iPhone発売で13万件の顧客流出 auは転入10万件以上
いつまで続くか。

iPhone5cとiPhone5sの発売が9月20日ですから、実質10日ほどしかiPhone効果はない訳ですが、それでもちょっと流出が多すぎるように思います。記事では、iPhone5sが品不足だったことと、ソフトバンクとauが旧機種のiPhone5を大量に販売したため、ドコモの販売が伸びなかったと書かれています。

たしかに旧機種のiPhone5は、目を疑うような大特価で販売されていましたので(現在も在庫があるようで大大特価で販売中)、この影響はかなりあったかもしれません。しかしあれだけ待ち望んだiPhoneの販売が開始されて、この状況。これではドコモのiPhoneの販売は、今後も思ったより伸びないような気がします。

ドコモのiPhoneが増えないと思う理由

1,周りで使っている人を見たことがない。
みなさんの周りでドコモのiPhoneを購入したという方がいるでしょうか。僕は見たことがありません。ここ数ヶ月で、ドコモのスマートフォンからauのiPhone5に乗り換えた方は何人かいますが、、、やはり、iPhoneを取り扱うのが遅すぎたように思います。

ソフトバンク孫正義社長 、ドコモiPhoneの影響「そんなではなかった」視線はすでにアメリカに
孫社長は日本市場は興味なし。

ソフトバンクの孫社長も「4年前に発売されていたら壊滅的な打撃を受けただろう。」と述べています。そう、iPhoneは欲しい人の手に行き渡ってしまっているのです。

ドコモでiPhoneを使うメリットを見出す見出せない

一番の問題は、ドコモのiPhoneを購入する意味が見つからないということ。価格も他社と同等かと思いきや、何故か端末代が高かったり(その後端末代を値引くサービスをこっそりと開始)、通信エリアも昔ほど各キャリアの差がなくなったというのも大きいと思います。

たしかに何処に行っても電波が繋がるのはドコモでしょう。しかし実際にみなさんが使う場所では、通信速度が遅いという記事もあります。

僕はiPhone3GSからソフトバンクのiPhoneを使っています。たしかにiPhone3GSの時は、遅いと思うことも度々ありましたが、iPhone4Sぐらいからは、回線速度で遅いと思うようなことが減ったように思います。

繋がらないと散々言われていたソフトバンク。そのソフトバンクが躍起になって回線を良くしてくれたおかげで、ドコモにする理由がなくなってしまいました。

このような状況ですと、あえてドコモのiPhoneを使う理由が見つかりません。すでにiPhoneを持っているユーザーが他社に乗り換えるメリットもないですし、ちょうどiPhoneの買い替え時期になったとき、選択するキャリアのひとつとしてあるだけでしょう。そのドコモという選択肢も、端末代が高いということで、積極的に選択しにくい状況です(来年の今頃出るであろう新型iPhoneに買い換えた場合、機種代の負担が大きい)。

そういった状況から、しばらくは苦しい戦いが続きそうですが、まずはドコモユーザーを他社に流出させないよう、6,000万人とも言われる莫大なドコモユーザーを、がっちりと囲い込む戦略を強化するのが先決かと思われます。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly