祝!落合復帰。しかし監督は谷繁。不安ばかりの報道の中、僕はドラゴンズの優勝を確信。

スポンサーリンク

ついに落合氏が帰ってきます!GMとして。落合監督復帰か?!というニュースが流れたときもビックリしましたが、監督は谷繁選手で、落合氏はGMという誰も予想しなかった人事でした。

【中日】チーム再建へ谷繁兼任監督&落合GM!フロント陣も大幅刷新:プロ野球:野球:スポーツ報知
まさかまさかの落合GM。

後任人事を相談したときに、落合氏が「谷繁がいいですよ」と言ったところが、今回のビックリ仰天監督人事のポイントだと思います。あの落合氏が認めるほどの男、谷繁監督兼選手とはどんな人物なのでしょうか。

あの大魔神佐々木とバッテリーを組んでいた

谷繁 元信(たにしげ もとのぶ、)42歳。キャッチャーという過酷なポジションながらも、ここ2年は130試合以上出場しています。今年も谷繁選手は中日ドラゴンズの中心選手として大活躍。谷繁選手のいないドラゴンズは考えられないと言っても過言ではないでしょう。

しかし一昔前は、あの大魔神こと佐々木投手とバッテリーを組んでいました。谷繁と大魔神佐々木コンビが大活躍したことで、優勝したのを覚えている方も多いかと思います。大魔神佐々木とバッテリーを組んでいたこともあり、谷繁といえば大洋かベイスターズというイメージが強かったのですが、中日ドラゴンズでもベイスターズと同じぐらいの在籍期間になっています。特にドラゴンズに来てからの谷繁選手は、落合ドラゴンズの黄金期を支えていましたので、気が付けばドラゴンズの谷繁というイメージが強くなってしまいました。

唯一の不安は選手兼任監督というポジション

今回の人事で唯一不安があるとすれば、プレイングマネージャーというポジションです。選手としてプレイしながら監督をすることができるのかという点です。ほとんどの方は無理だと思うでしょう。僕もちょっと難しいんじゃないかと思ってしまいます。それもそのはず、数年前にヤクルトスワローズが、古田プレイングマネージャーで失敗しているからです。あの時のヤクルトスワローズを知っているからこそ、谷繁プレイングマネージャーも厳しいと思ってしまうのです。

しかし、そんな不安は100も承知の上で、落合氏は谷繁選手を監督に推薦したのでしょう。選手兼任監督という難しさを理解しているからこそ、自分がGMになることで編成面で万全を期し、現場でのサポートを、落合氏が絶大な信頼を寄せている森繁和氏に任せたのでしょう。

選手兼任監督の負担を軽減する環境を作り、万全の体制を整えたドラゴンズ。失われた2年を取り戻すときがやって来ました。最初は何故落合GMが監督じゃないんだと思いましたが、落合氏の講演会を思い出してみると、つねづね落合氏はGMの必要性を話していました。

マネーボールという映画の話を出しながら、メジャーリーグのようなGM(ゼネラル・マネージャー)が、日本のプロ野球には必要だと言っていました。落合氏自らGMを申し出たということは、今までの日本のプロ野球のGMとは違った行動を取ると思われます。全権を持った、真のゼネラル・マネージャーが、日本のプロ野球にも誕生するはずです。GMは監督より偉いことになっています。すべての決定権はGMが持ちます。全権委任がプロ野球に戻る条件だと落合氏は言っていました。その話を聞いていたときは、それがGM(ゼネラル・マネージャー)のことだとは、夢にも思いませんでした。

これから僕らは落合氏の凄さをを再び見ることになるでしょう。落合監督時代以上に、落合氏の凄さを見せつけられることになります。落合ゼネラル・マネージャーが、本当の球団の運営の仕方を、僕らに教えてくれるはずです。

2014年の中日ドラゴンズは優勝間違いなし。ドラゴンズファンは今から期待しましょう!!!

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly