名古屋から福岡へはJetStarで行こう!お値打ちに旅にでるプランを考えました。

スポンサーリンク

初めて九州大陸に上陸しました。LCC(ローコストキャリア)というものを利用してみたかったのと、まだ一度も足を踏み入れたことのない、九州に行ってみたかったということもあり、この度福岡に行ってきました。

現在、名古屋から福岡に直通便のあるLCC(ローコストキャリア)は、JetStar(ジェットスター)しかありません(エアアジアが撤退したため)。必然的にJetStarしか選択しようがありませんが、JetStarは金曜日に不定期でセールを行うことがあります。このセール時にチケットを予約すると、かなりお値打ちにチケットを購入することができます。今回の名古屋ー福岡でも、往復¥15,000前後で利用することができました。

フライト時間も1時間30分ほど。若干窮屈感のある座席と言われるLCCですが、1時間30分ほどのフライトなら、充分我慢できるレベルの座席。何よりも、名古屋から東京へ行くより安い値段で、760kmも距離がある福岡へ行くことができるのですから。

みんながよく利用する便は高い

JetStarの名古屋ー福岡間は、1日2便です。日にちと利用する便の出発時間で値段がガラッと変わります。JetStarのホームページで、色んな日にちを選択していると分かりますが、名古屋を出発する時間を夜、福岡を朝出発するプランにすると、往復運賃が安くなります。

しかし、旅行に行くのに夕方に名古屋を出発したら楽しめないんじゃないかと思いますが、福岡という街の特性ですと、このプランでも充分に楽しむことができます。福岡の街の特性は後述しますが、時間的に少々厳しい便でも、福岡を満喫することができますので、是非これから紹介するプランで、福岡への旅を検討してほしいと思います。

福岡の街の特性とは

まず一番良いと思った点は、福岡空港から街へのアクセスが抜群に良いということ。福岡空港から天神(福岡の繁華街)まで、地下鉄で11分です(電車賃¥250)。これは本当に素晴らしいと思います。だいたい空港というものは、街から離れた場所にあり、時間も交通費もかなりかかってしまいますが、空港へのアクセス時間をほとんど考えずに、旅のプランを考えることができるのは、本当に素晴らしいと思います。

他にも福岡の素晴らしい点があります。それは、飲食店が非常に充実しているということです。福岡名物の屋台もありますし、その他にも名物がたくさん。海も近いため魚も美味しいですし、1回の旅行では食べ切れないぐらい、美味しいものがたくさんあります。本当に飲食店が充実しているので、ただ食事をしに行くためだけに、飛行機で福岡に行ってもいいんじゃないかと思いました。

名古屋を17時35分の便で飛び立ち、19時5分頃福岡に到着。地下鉄で15分もあれば天神です。20時頃には思いっきり美味しい食事やお酒を楽しむことができるでしょう。夜を思いっきり満喫し、次の日の朝8時40分出発の便で、名古屋に戻ってもいいんじゃないでしょうか。

知らない街に行くことで感じることがある

やっぱり本やインターネットでどれだけ情報を仕入れても、そこに行かなければ分からないことがあります。環境が変わることで様々な刺激を受け、インスピレーションが湧き、新しい発想が出てきます。移動手段のコストが下がり、インターネットやデジタルデバイスが発展してくると、場所に縛られない生き方ができるというのを、最近よく見かけます。なかなか普通の人はそうも行かないところもありますが、今回の福岡への旅を通じて、本当にそういった生き方が可能な時代になったんだなぁと実感しました。

自由な旅や生き方をするには、身軽な生き方をする必要があります。旅行に行くとなると荷物が多くなり、ただ遠くへ行くだけで疲れてしまいます。しかし、目的の場所に行くのに疲れてしまっては意味がありません。そのためには極力荷物を減らす必要があります。どうしたら荷物を減らして身軽に旅をできるのか、次のブログ記事で説明します。

航空券 予約・購入・運賃案内|Jetstar – ジェットスター
ホームページも非常に分かりやすい作り。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly