日本の三大都市は「東京・大阪・福岡」です。名古屋は3大都市に入りません。

スポンサーリンク

2泊3日という短い時間でしたが、福岡に行ってきました。初めて訪れた九州大陸。日本は島国ですが、本州が中心の国です。僕自身も本州の街は様々な所に行きましたが、沖縄以外の島には行ったことがありませんでした。この度、九州大陸に初めて訪れて、確信したことがあります。それは、日本の三大都市論争です。ここ名古屋では、「日本の3番目の街が名古屋なのか、それとも福岡なのか」という話がよく出ます。正直名古屋の人たちは、自分たちの街の魅力のなさに気付いていますので、あまり自信がありません。でもなんとなく、3番めの都市かなぁとぼんやり思っています。しかし、福岡に行って確信しました。日本の三大都市は「東京・大阪・福岡」です!大事なことなのでもう一度言います。日本の三大都市は「東京・大阪・福岡」です!

何故、名古屋ではなく福岡なのか。その理由を説明します。

街の作りがいい

まず福岡に行く前から、福岡の素晴らしいと思った点があります。それは福岡空港から、街の中心部までが非常に近いということです。何度Google Mapsで見ても、目を疑うような近さ。これだけ近いと、予定も立てやすくなります。福岡空港から、福岡の繁華街天神までは、地下鉄で11分。空港から地下鉄で11分ですよ。名古屋のセントレアとかいう、非常に利便性の悪い空港がある街の人間からすると、これは驚くしかありません。実際に空港に着いても、何も迷うことなく天神に直行することができました。

スクリーンショット 2013 10 19 20 27 27

これだけ空港が街の中心部に近いと、旅の仕方が変わってきます。夕方に名古屋を出て、夜福岡に到着しても、充分に夜の福岡を満喫することができるのです。実際、セントレアを夕方に出発する飛行機(GK437)の搭乗率は100%でした。きっとこの便で福岡に行かれた方は、夜の福岡を堪能したことでしょう。

ラーメンがうまい

日本の大都市になる条件のひとつに、「ラーメンが美味しい」必要があると僕は思います。日本人のラーメン好きは説明するまでもありません。昼も夜も普通にラーメンを食べますが、特に飲みに行った後にラーメンが食べたくなるのは何故でしょうか。だからこそ大都市はラーメンが美味しい必要があります。残念ながら名古屋の繁華街、名古屋駅と栄には美味しいラーメン屋さんがありません。飲みに行っても、締めでラーメンを食べるお店がないのです(お店はあるのですが、満足度は低い)。この話を名古屋の人にするとそんなことないよと皆言うのですが、東京や大阪に言ってラーメンを食べれば分かります。圧倒的に差があります。特に東京のラーメンの美味しさには、絶対に叶いません。名古屋の夜の街が退屈なのは、ラーメン屋さんが美味しくないということも影響しているように思います。

福岡で食べたラーメンは最高でした。だいたい観光客が来るようなお店は、美味しくないというのが定番ですが、屋台で食べたラーメンは圧倒的に美味しかったです。さらに朝4時に食べることができる¥500のラーメンも、名古屋では味わうことのできないレベルの美味しさ。福岡には博多ラーメンと長浜ラーメンという、2つのラーメンがあるようです。この2つは似ているようで、違うラーメンとのこと。次に福岡に行った際は、絶対に博多ラーメンを食べたいと思います。僕らがイメージする博多ラーメンは、一蘭や一風堂のようなラーメンを博多ラーメンだと思いますが、どうやら一蘭や一風堂のラーメンは、博多ラーメンではないとのこと。本当の博多ラーメンは、もっと味が薄いようです。博多ラーメンと言ったら豚骨。豚骨と言ったら濃い味のラーメンだと思っていますが、どうやらこれも間違いのようです。そもそも博多ラーメンは、豚骨ラーメンではないようなのです。鶏がらスープのあっさりとした醤油油ラーメンが本当の博多ラーメン。そこに豚骨を加えるようになり、博多ラーメンというものが確立されていったようです。濃い味のラーメンばかりを食べている名古屋人に、是非とも福岡に行き、本当の博多ラーメンと長浜ラーメンを食べてきてほしいと思います。

スポーツが街に根付いている

地下鉄に福岡ソフトバンクホークスの広告がありました。この広告を見ただけで、しっかりプロ野球チームを、街がバックアップしているのが分かりました。

DSC01520

名古屋はどうでしょうか。こういう広告見たことありますか。名古屋駅や栄にありますか。僕は見たことがありません。ナゴヤドーム前駅と、瑞穂競技場駅には、ドラゴンズとグランパスの選手の写真やチームの旗などが飾ってありますが、試合をするグランドがある駅だけではなく、一番人が集まる場所にこそ、しっかりと地元のプロスポーツをアピールしないといけないのです。そうです、名古屋は街とスポーツが一体になっていないのです。こんな状況なのに、名古屋の河村市長という話にならない市長は、人前に出るときはドラゴンズの帽子をかぶって人気取りをします。そんなところで都合よく、僕らの街の大切な球団を使わないでください。本気で街のこと愛さず、地元のプロ野球チームも愛さず、ただ自分の人気を上げるためだけに都合よくドラゴンズを持ち出してくる。そんな人が市長でいいのでしょうか。だいたい必要以上に名古屋弁を使う人は信用してはいけません。名古屋芸人にも見受けられますが、有名人がメディアで使う名古屋弁は、地元の人たちは使っていません。あれはメディア向けの分かりやすい名古屋弁です。今現在の地元の人間が使う名古屋弁ではありません。こういった都合良く名古屋を使っているだけで、街をより良くしようとしない人間が市長であることに疑問を感じざるを得ません。ドラゴンズの帽子を被って選挙演説やメディアの前に出るのなら、本当に市民に愛される球団を作る方法を考えてほしいと思います。それこそが市長の仕事なのではないでしょうか。

もう日本の中心部に集中しなくていい

名古屋は三大都市に入らなくていいのです。東京と大阪という大都市がありますから、その真中に、もうひとつ大都市がなくてもいいじゃないですか。九州って相当大きい島ですよ。地図をよく見てみるとビックリします。国のバランス的にも、国の南部に大都市があるほうがバランスが良いと思います。

名古屋飛ばしという言葉があります。大規模のイベントや、有名ミュージシャンのコンサートを名古屋で開催せず、東京、大阪、福岡では開催する時に使われます。昔は名古屋を飛ばされるとショックでしたが、もう飛ばしてもいいと思います。本当に見たいのなら東京か大阪に行けばいいじゃないですか。九州から本州に来るには、海を越えないといけません。東京、大阪、名古屋だけで大きいイベントをしていたら、九州の方々が、そういった大規模な芸術に触れることができなくなってしまいます。人も街も固まるのではなく、バランスよくバラけていかないと、益々国が衰退していくように思います。

旅に出ると感じますが、やはり違う街に行く事で感じられることというものがあります。新しいアイデアというものは、知らないものに触れることで生まれてきます。もう狭い世界に閉じこもって生きていく時代は終わったんじゃないでしょうか。少しでも時間ができたら、パッと福岡にでも行ってみませんか。飛行機で1時間30分です。東京に行くのと同じような時間と料金で、福岡に行くことができる時代になりました。もう福岡に行かない理由はありません。今こそ福岡に行って名古屋のダメなところを認識し、みんなで名古屋を良くしていきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク
Switchが購入できるかも

7 件のコメント

  • 日本三大都市はどう足掻いても東名阪 時点で人口の多い横浜 福岡は所詮地方支店都市 人口は勿論
    経済は名古屋どころか横浜神戸にも負けてる

  • 名古屋の事を馬鹿にしすぎなのでは?
    京都に住んでいる人間ですが、福岡は横浜と同じく「イメージ」が良いだけのように思います。

    • 基本的には馬鹿にしていますね。30年以上名古屋にいるので、飽きてしまっているというのもあるかもしれません。
      名古屋は街としての規模は大きいのですが、少々面白みにかけるかと。
      名古屋へ来る観光客が少ないという事実からも、
      わざわざ名古屋に行く理由があまりないということじゃないかと思います。

  • ラーメンってそこまで大事なの?wラーメン食っただけで街の規模がわかるって天才やなwww空港が遠いのは同意やけど。名鉄特急使えば三十分くらいやろ?名古屋飛ばしだけは本当に悲しい。空港が近いだけで街の作りを判別するのもおかしなことと考えられます。要するにあなたは、観光地としての福岡だけをみて判断していますね。私自身、観光の面では名古屋も福岡もどっちもどっちだと思います。

  • なんで旅行しただけでそんなに分かるの?あなたに名古屋のなにが分かるの?だいたい名古屋が三大都市の一つなのは産業が発達してるからだと私は聞いたのですが?
    正直ラーメンなんてどこにでもあるじゃないですか。街のつくりがいいって名古屋だっていいです。観光だって名古屋も福岡もどっちもどっちです。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    YUYA

    IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
    follow us in feedly