絶対に新型iPad miniを入手するためにしなければいけないこと。

スポンサーリンク

いよいよ運命の日がやってきます。

Apple、10月22日のイベントを正式発表 – ITmedia ニュース
iPad miniはRtinaなのか。

今年最後と思われる、アップルの発表会です。たかがアップルの発表会じゃないかという声が聞こえてきますが、一部のアップルファンにとっては、非常に大事な1日になるはずです。

その理由は、iPad miniです。新しいiPad miniのディスプレイがどうなるかで、僕らの運命が変わってくるからです。

問題はRetinaなのか違うのか

iPad miniを使っている人は、この非常に使い勝手の良い端末に満足しているかと思います。しかし所々不満もあるのではないでしょうか。その不満の多くは、この2つでしょう。

Retinaディスプレイじゃない
最小は別にRetinaディスプレイじゃなくても問題ないと思っていましたが、Kindleアプリを使って本を読めば読むほど、Retinaディスプレイだったらなお良いと思うようになりました。さらに日本経済新聞の電子版を購読するようになって、その思いはますます強くなりました。新聞はギッシリと文字が詰まっているため、拡大しないと文字がクッキリせず、非常に読みに辛いのです。もしiPad miniがRetinaディスプレイだったら、、、その思いは日に日に強くなっていくばかりです。

メモリーが足りていない
現行のiPad miniは本体性能が足りていません。CPUもA5ですし、メモリーも512MB。アプリを複数立ち上げると、よく落ちます。またアプリの動作も若干もっさり。もう少し本体性能が高ければ、iPhone5を使う必要もなくなるはずです。

この2つの問題があるからこそ、今度の新型がどうなるのか、非常に大事なのです。

本体性能は上がるのは確定

本体性能が上がるのは間違いありません。コンピュータの世界で、一年ぶりのモデルチェンジで、同じ性能のものは出ないでしょう(iPhone5cという例外はありますが)。順当にスペックアップすれば、メモリーと動作速度の問題は解決されるはずです。この問題は、心配する必要はないでしょう。

Retinaじゃない?

一番大事な問題が、未だに不確定な状況。ディスプレイがどうなるのか。新型iPad miniを待っているすべての人が、そこに最大の関心を寄せています。

アナリスト、新型iPad miniはRetinaディスプレイを搭載し年内に発売されると予想
Retinaなら、台数はかなり少ない。

GoogleのNexus7が一足先に高解像度ディスプレイを搭載している今、ここでアップルがRetinaディスプレイじゃない新型iPad miniを投入するとは思えません。やはりRetinaディスプレイを搭載して、新型iPad miniが発売されると僕は予想します。

最後の問題は入手が難しいこと

iPhone5sもなかなか入手ができず、大変な思いをした方も多いかと思いますが、iPad miniはそれ以上に大変なことになりそうです。生産台数が少ない上に、今の世の中の状況からいくと、iPhoneの新型より、iPad miniの新型を待ち望んでいる人のほうが多いからです。

台数が少ないのに、欲しい人がたくさんいる。需要が供給を上回るときにしなくてはいけないことは、絶対に発売日にゲットするということ。ここを逃したら、1ヶ月以上は入手が難しいと覚悟してください。特に今回のiPad miniの場合は、発売日にゲットできない場合は、年内の入手は不可能かもしれません。それだけ台数が少ないし、需要も多いということです。

絶対入手するには

今までの経験からいきますと、アップルの新製品を確実に入手する方法があります。

新型iPad miniを絶対に入手するには

  1. オンラインのApple Storeで販売開始と同時にオーダーする。
  2. Apple Storeで並ぶ。

この2つです。この2つが一番確実な方法です。絶対に入手したい方は、この2つの方法が確実です。これ以外の方法では、新型iPad miniを入手できるかは、非常に不確定になると思ってください。

それでは、この2つの攻略法を教えます。

オンラインは朝4時が勝負

まずオンラインのApple Storeですが、いつものパターンですと、朝4時頃から販売を開始します。アップルの新製品発表のプレゼンは、日本時間の朝2時からスタート。だいたいプレゼンが2時間弱で終了し、その後オンライン Apple Storeで販売開始という流れ。初代iPadの時もそうでしたが、朝4時スタートに販売が開始してから、2時間以内ぐらいにオーダーすれば、まず間違いなく発売日に本体が届いています。新型iPad miniがどれだけの生産量になるかにもよりますが、朝6時ぐらいまでは、大丈夫でしょう。この日だけは夜更かしをせず、早寝早起きをすることで、新型iPad miniをゲットする可能性が高くなります。愛しのあの子との予定もすべてキャンセルし、新型iPad miniをクリックするのに全力を注ぎましょう。

徹夜はつらい。でも始発より少し前の時間には並ぼう

次に日本には7店舗しかない、Apple Storeに並んでゲットするという方法です。この方法も、かなり忍耐勝負になりますが、並ぶことができれば、新型iPad miniをゲットできる可能性が高くなります。先日発売になったiPhone5sのときは、3日前や2日前に並ぶ人も現れ、年々入手競争が激化していますが、発売日の朝に並んでも在庫がありました。いくら新型iPad miniの在庫が少ないといっても、発売日当日の始発より少し前に並べば入手できるでしょう。

問題は公共交通機関が動く前に、都会にあるApple Storeにnいけるのかということ。家が近い方は問題ありませんが、自宅からApple Storeが遠い方は、Apple Store近くのホテルに泊まるか、漫画喫茶に泊まるなどの方法で、少しでも早い時間にApple Storeに並びましょう。ここまでするんだったら、そのまま前日からApple Storeで並べばいいような気がしますが、さすがに11月に徹夜で並ぶのは身体にこたえます。少しでも並ぶ時間を遅くして、健康に影響が出ない程度に並びたいものです。愛しのあの子がいる方は、いっしょにホテルに泊まってから、Apple Storeに並ぶのもいいでしょう。

とにかくゲットしよう

新型iPad miniをゲットする2つの方法を紹介しました。iPhone5s以上に入手が厳しくなるかもしれませんが、今日紹介した方法を使えば、発売日に入手できる可能性は高くなるでしょう。できることなら、楽しく体に優しく新型iPad miniを入手したいものですね。

WSJ:Appleは22日にRetinaディスプレイ搭載の新型iPad miniを発表する見通し
やっぱりRetinaディスプレイ搭載という嬉しい噂が!

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly