海外に行ったらSoftBankさんからの親切なメールに注意しよう

スポンサーリンク

台湾から帰ってきました。振り返ってみると、SIMフリーのスマートフォン「Nexus5」があるおかげで助かったことがたくさんありました。しかしそのNexus5も、現地のSIMカードを購入するまでは通信することができません。SIMカードを購入する列に並んでいる間とても不安な気持ちでした。そんな僕の不安な気持ちを煽るかのように、僕のiPhone5に一通のメールが届きました。

image

日本のSIMカードが入っているiPhoneになぜメールが、、、僕はiPhoneのメッセージアプリを立ち上げました。僕のiPhoneに届いたのは、SoftBankからのSMSでした。そこには、親切に海外ローミングのやり方が記載されています。たしかに、SoftBankが推奨しているやり方を行えば、海外パケットし放題の対象ネットワークにしか繋げないため、ありえないほどの高額な請求は防げます。このやり方を行えば、簡単に万単位の料金にいってしまうことはなくなるでしょう。どれだけ通信をしても、1日¥2,980で通信し放題になります。一瞬安いじゃないかと思うかもしれませんが、3日間滞在したら、¥8,940もかかってしまいます。

僕が今回の台湾滞在中に支払った通信料金は、250元です。日本円に換算すると¥850ほど。¥1,000以下の料金で、3日間通信し放題。さらに50元分の無料通話料金もついています。

SoftBankの通信料¥8,940に対し、台湾の中華電信の通信料¥850。その差¥8,090になります。ここまで値段が違うと、とても海外パケット放題というサービスを使おうとは思えません。

その後もSMSが届く

image

Wi-Fi以外では通信できない設定にしたのに、その後もSoftBankからSMSが届きます。「お得な台湾情報」というSMSが届きました。台湾を目一杯楽しんでもらいたいという、SoftBankさんからの願いでしょうか。

image

そんな親切をあざ笑うかのように、SMSが届きます。海外パケット放題サービスを使わない僕にトドメをさしにきたのでしょうか「★総額100万円の旅行券が当たるチャンス★海外でウェブやアプリを一度でも利用するだけ!」というSMSが、、、ここまでくると言葉が出ませんでした。

image

SoftBankさんのたくましい商売魂に、何も言うことはございません。大半の方は、SIMロックの掛かっていないスマートフォンは持っておらず、SIMロックのかかったスマートフォンを持っているのですから、素直に海外パケットし放題を使ったほうが、安心でしょう。

海外に頻繁に行かれる方は、SIMロックのかかっていない端末を

海外に頻繁に行かれる方は、1台はSIMロックのかかっていないスマートフォンかタブレットを用意しましょう。長い目で見れば、絶対にそのほうが得をします。

日本でも簡単に購入できて、海外では自由に使える端末が1台あります。それはiPadのcellularモデルです(iPad miniを含む)。日本国内では、購入した携帯電話キャリアでしか通信できませんが、海外では自由にSIMカードを挿して使うことができます。

iPhoneの操作が慣れているという方は、iPadのcellularモデルを購入すれば、海外で自由にSIMカードを挿し、大変お得にiPadを使うことができます。

ただし、ここでも問題がひとつあります。それは、cellularモデルの端末だけを購入することはできないということです。必ずSoftBankかauと通信契約を結ぶ必要があります。iPadのcellularモデルだけを販売してくれれば、日本に居るときはWi-Fiのみで通信をし、海外に行ったときは、現地でSIMを調達し、3GやLTEで通信するという使い方ができるのですが、、、

ここ日本でも、SIMロックの掛かっていないiPhoneやiPadが簡単に購入できるようになってほしいものです。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

1 個のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    YUYA

    IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
    follow us in feedly