「Miix2 8」5日目。さっそくスパイウェアが入りました。

スポンサーリンク

Windows8.1を搭載した8インチタブレットlenovo「Miix2 8」を使い始めて5日目。かなりWindows8.1にも慣れてきて、やっぱりタブレットのOS(iOS、Android)より、パソコンのOSがいいなぁと改めて思いました。パソコンなんだけどタブレット的な使い方もできるlenovo「Miix2 8」は、コンピュータも苦手な方にお勧めですと書こうと思ったところ、非常にやっかいなことが起きました。どうやら「Miix2 8」にスパイウェアが入ってしまったようなのです。

スパイウェアとは、

パソコンを使うユーザの行動や個人情報などを収集したり、マイクロプロセッサの空き時間を借用して計算を行ったりするアプリケーションソフト。得られたデータはマーケティング会社など、スパイウェアの作成元に送られる。

とのこと。あまり自分のパソコンに入ってしまっても、まったくいいことのない物です。まさか、こんなに早く手間がかかることに遭遇してしまうとは、思いもしませんでした。

ホームページを見ていると変な広告が出るように

「Miix2 8」では、ブラウザーはChromeを使っています。やはりChromeのアドオンが便利ですし、何よりもクラウドでブックマーク(お気に入り)を同期してくれるのが大変便利です。Chromeを使うことで、MacBook Airなどで使っているブックマークも、簡単に「Miix2 8」でも使うことができます。

beyond

いつものようにChromeでインターネットをしていると、おかしなことが起きました。ウインドウの左側と一番下に、突然広告が出てくるようになったのです。しかも、普通の広告ではなく、使っている人の不安を煽るような広告です。「あなたのパソコンは、システムの損傷があります」的な、いまいち本当とか嘘がよく分からない広告です。さらに不安を煽ってきます、この不具合を直すソフトが、通常2,000円ぐらいのところ、今なら半額で購入できると言ってきます。色々画面に出てくるのも鬱陶しいし、1,000円ならいいかと思ってしまいそうです。

ChromeでWebページを見ていると、左や下に変な広告が出てくるので、インターネットエクスプローラに変えてWebブラウジングを続けることにしました。インターネットエクスプローラが立ち上がった時に、「Browsebeyond」をインストールしますか?」と聞いてきました。なんでこんなことを聞いてくるのか分からないから、そのときは「いいえ」に。インターネットエクスプローラでは、とくに変な広告が出てこなかったので、普通にWebブラウジングを継続。今思えば、ここで「いいえ」を選択したおかげで、インターネットエクスプローラには、変な広告を出すプログラムがインストールされなかったようです。

さも本当かのような演出

広告をクリックすると、パソコンを修復するソフトをインストールしろと言ってきます。さらに、そのサイトをじっくり見ていくと、ますます不安になっていきます。Microsoft公認のようなマークがあったりし、とても信頼がおけるようなサイトのようなことが書いてあります。値段の安さもあって、ついこのソフトを購入してしまいそうになります。しかし、ここでうっかり騙されていはいけません。

これは「Browsebeyond Popup Ads」と呼ばれるスパイウェアのようなのです。

何度Chromeを立ち上げても変な広告が出る

一度Chromeを切って、再度立ち上げれば直るかと思いきや、相変わらず広告が出てきます。電源を切って再度立ち上げても、Chromeを使うと必ずパソコンに警告を促すような広告が出てきます。。これはおかしいと思い、インターネットで調べてみると、まさかの事実が発覚しました。「Browsebeyond」はスパイウェアだったのです。

あまり日本語のページの情報が出てきませんが、どうやらこの「Browsebeyond」はスパイウェアのようです。ウイルスとは違って、拡散性はないが、端末に入っている情報などを流出させる危険性があるようです。さらに毎回Webブラウザーに広告を出してきて、処理速度を遅くしたりも。

なんとかインターネットで調べて、このスパイウェアを駆除しました。いちおうlenovo「Miix2 8」にはアンチウイルスソフトが最初から入っているのですが(30日無料試用期間)、それでは検知せずに、僕の「Miix2 8」にスパイウェアが入ったようです。

どうしてスパイウェアが入ったのか

いったいどうして僕の「Miix2 8」にスパイウェアが入ってしまったのだろうか。振り返ってみても思い当たる節はない。考えられるのは、様々なソフトをダウンロードしていたので、そのときに入ってしまったと思われる。とくに怪しいサイトからソフトをダウンロードした訳ではないので、普通にソフトをダウンロードするだけで、スパイウェアというものが入ってしまうということでしょうか。
。今までMacとiPhone、iPadを中心に使っていたので、少々ウイルスやスパイウェアに対する考え方が甘かったかもしれません。

「Miix2 8」は保存領域が少ないため(64GBモデルで、残り容量は25GBぐらい)、とくに大事なファイルを保存したりせず、完全にブログを執筆する専用ツールとして使っていました。大事なファイルを入れずに使っていたというのは、不幸中の幸いだったかもしれません。

30日の試用期間が切れてもウイルスソフトを入れましょう

「Miix2 8」はRAMが2GBだ。いまどきパソコンでRAMが2GBというと、少々心もとない容量。ウイルスソフトを入れると、その分RAMの容量を使ってしまうため、30日の試用期間が切れたら、ウイルスソフトを入れないでおこうかとも考えていましたが、今回の件で、ちゃんとしたウイルスソフトを入れておかないといけないと再確認。いちおう試用期間とはいえ、「マカフィー」という有名なウイルスソフトが入っています。いつの間にかスパイウェアが入っていたのは紛れも無い事実。改めてインターネットの恐さを実感しました。

最近のパソコンは、ほとんどお試し用のウイルスソフトが最初から入っています。だいたい30日程度で試用期間が終わりますが、試用期間終了後も、しっかりとウイルスソフトを入れたほうがいいでしょう。今回「」がスパイウェアを検出してくれなかったので、このまま「マカフィー」を継続して使用するか、他のウイルスソフトに変更するのか。どうするのがいいのか、まだ結論は出ていません。もう少し考えてから、決断しようと思います。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly