不便極まりないので、iPhone5sを初期化しました。

スポンサーリンク

SIMフリーのiPhone5sですが、アプリが勝手に消えて、さらにアプリを入れることもできない状態になりました。必要なアプリを入れることも使うことも出来ないため、5日間ほどバックアップを取っていませんが、何も考えずに初期化しました。MacやらiPhoneやらiPadやらNexus5やらWindows8.1。あれもこれも端末を購入しては、その都度設定をしているうちに、一番面倒くさい設定も慣れてきました。やはり人間慣れですね。慣れれば割りとすぐに何でも出来てしまいます。最近はクラウドサービスが多いので、iPhoneを初期化しても、すぐにクラウドからデータを復旧できます。アカウントとパスワードを入れれば、瞬時にデータを復元できます。

だいたい2時間ほどで、初期化する前のiPhone5sに戻すことができました。自宅ではなく、スターバックスのWiFiで、電源は繋がずに元の状態に戻せました。音楽データだけは、自宅のiMacに入っているので、完全に元には戻せていませんが、これもiTunesクラウドが日本でも始まれば、解決されるのかなぁと思います。

最近ではほとんどの方はiCloudにバックアップを取っている方が多いと思います。iCloudにバックアップを取っていれば、すぐに元の状態に戻せます。しかし、バックアップデータから復元をすると、前のおかしな状態まで再現してしまうので、原因不明の「その他の容量が大きい」というような問題は解決できません。こういった問題を解決するには、ゼロからクリーンインストールするのが一番です。

IMG 0023

※設定アプリの「一般」から

IMG 0015

※一番下のリセット

IMG 0026

※すべてのコンテンツと設定を消去

IMG 0022

※何度か本当に消してもいいか聞いてきます

iPhoneの初期化の方法は以上の通りです。パソコンのiTunesを使っている方は、パソコンのiTunesから初期化の指示を出すこともできます。

意外に簡単に初期化できてしまうので、初期化する場合は慎重にやりましょう。初期化してからが、ちょっと、いやかなり面倒くさいのですが、手間がかかる分、本当にまっさらな状態から設定していきます。おかげさまで、すこぶる快適なiPhone5sになりました。

再設定をしているときは、様々なデータをダウンロードするため、バッテリーをかなり消費します。できたらコンセントを繋いだ状態で再設定するのが一番でしょう。僕は約2時間の再設定をした時間で、70%ほどバッテリーを使いました。あれやこれやダウンロードしていると、みるみるバッテリーが減っていきますので、その点だけは注意してください。

とにかく楽ちんなコンピュータがほしい

クラウドサービスが主体になってきたことで、初期化しても以前よりは簡単に元の状態に戻すことができますが、そろそろバックアップから復元しても、不具合を起こすデータは引き継がないような仕組みができないものでしょうか。バックアップというぐらいですから、その状態を丸々引き継いで、不具合も引き継いでしまうのは、本来のバックアップという言葉からすると正しいのだとは思いますが、、、

性能が進化することより、不具合が少ない、設定が簡単。使い手に優しい、とにかく楽ちんなコンピュータが、今こそ待ち望まれているのかもしれません。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly