今年もMacはマイナーチェンジで終わりでしょうか。

スポンサーリンク

今年もあまり興奮できない1年で終わるのでしょうか。少し前まで、夏にMacBook Airが登場するというような噂でしたが、、、

「iMac」に続き、「MacBook Pro/Air」シリーズも早ければ5~6月にアップデートか?!
マイナーチェンジで終わるのでしょうか。

インテルのCPU「Broadwell」の発売が来年にずれ込むため、現在のCPUHaswell」のマイナーチェンジバージョン、「Haswell Refresh」が4月頃に登場し、それを搭載したMacBook Airが登場するようです。

次期iMacは早ければ今年5ー6月にも登場か?!
iMacは順当にマイナーチェンジ。

デスクトップのiMacは、すでに完成されているため、マイナーチェンジでも納得できますが、モバイルPCのMacBook Airまでマイナーチェンジでは、今年もあまりパソコンは進化なく終わってしまうのでしょうか。WindowsのノートPCは、高精細な液晶画面のノートPCが登場しています。MacBook Airユーザーも、MacBook Airの高精細モデルを望んでいるとは思いますが、マイナーチェンジモデルとなると、今年もあまり革新的なMacのノートPCは見ることができないかもしれません。すでに、MacBook Retinaの13インチモデルがあるから、必要ないと言えば必要ないのかもしれませんが、もっと薄くて軽くて、圧倒的にビックリするMacがほしいのは僕だけでしょうか。

MacBook Airが登場した時の衝撃はかなりのものでした。あれから6年ほど経ち、巷にあるノートPCはどれもMacBook Airみたいなものばかり。そろそろAppleが、より新しいノートPCの形を提示してほしいところです。

こんなMacBook Airだったら即買い!

a0001_013731_m

 

  • 本体重量:800g以下
  • 本体の薄さ:現行モデルの3分の2
  • 液晶:Retina
  • 本体性能:現状維持
  • バッテリー駆動時間:現状維持

僕が望むのMacBook Airは上記の通りです。最悪Retinaでなくてもいいです。本体重量だけ800g以下になってくれれば、即買いします。12インチモデルが出るという噂もありますが、11インチでは少々小さいので、12インチか13インチ液晶で800g以下なら、かなり売れると思います。

すでにNECが800gを切るノートPCを発売しています。

今の段階で、僕が望む性能をすべて満たしています。NECでできるなら、Appleにもできるはず。CPUが「Haswell Refresh」という、非常に微妙感の漂うものでも構いません。思い切ったモデルチェンジをすることで、タブレットに押され気味のノートPCに革命を起こしてほしいと思います。

Amazon.co.jp: APPLE MacBook Air 1.3GHz Dual Core i5/13.3″/4GB/128GB MD760J/A: パソコン・周辺機器
やっぱり一番オススメのノートPC。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly