こんな学校で勉強したかった。九州大学は個人用のPCが必須。

スポンサーリンク

九州大学が、学校として用意しているPCを撤廃し、個人用のPCを持つことを必須にしました。その個人用のPCを使い、学校の授業をするようです。

学生1万9000人が使う“PCルーム”を全廃する九州大 その狙いとは? (1/3) – ITmedia エンタープライズ
スマートフォンじゃなくて、PCを持たせることは正解。

日本の学校や会社は、公共の物としてPC、タブレット、携帯電話などを用意します。しかし、一気に導入してしまうから、まとまった金額になってしまい、一度導入したデバイスを新しく買い換えることができず、気が付けば誰も使っていないということがよくあります。

コンピュータをうまく使うことで、間違いなく勉強や仕事にプラスになるはずですが、ほとんどの日本人は、こういったデジタルデバイスをうまく使いこなすことができないせいで、仕事の生産性がまったく上がっていないように思います。

海外の大学はノートPCを持つのが当たり前

アメリカの大学でMacBookのシェアが凄い – やっぱリンゴでしょ
ほとんどがMac。

初めてこの写真を見たとき、僕はかなり衝撃を受けました。日本の大学ではこんな光景は見られないでしょう。ノートPCを持っているのが当たり前の環境と、たまに授業で使うだけで、いざというときに、全くノートPCを使うことができない日本人。これでは、ますます国の差が広がっていってしまいます。

日本もこういった光景が当たり前の環境にならないと、世界からますます置いていかれてしまいます。そのためには、公共のPCルームを作るより、ノートPCを学生全員必須にするべきです。学校が用意した使うのに制限があるPCより、自分の好きなようにカスタマイズした、個人のPCが一番使いやすいのは間違いありません。

セキュリティーなどの問題もあるでしょうが、そういった部分をクリアーした上で、個人用のPCをどんどん使うべきだと思います。

タブレットでは世界は変えられない

ノートPC、タブレット、スマートフォンなど、たくさんのデジタルデバイスを持っていますが、様々なデジタルデバイスを使っていて思うことは、やはりノートPCが一番だということ。時代の流れは、スマートフォンやタブレットに移ってきていますが、スマートフォンやタブレットでは、まだ世界を変えることができません。スマートフォンやタブレットというものは、まだPCがあって初めて成り立つものです。PCを持っている上で、スマートフォンやタブレットがあるから活きてくるデバイスなのです。

タブレットを持っていない人が、よくiPadが欲しいと言いますが、僕は全否定して、まずはPCだと言います。PCを持っていて、PCを使いこなせる人がタブレットを購入するのは問題がありません。また、まったくPCを使えない方である程度高齢の方は、ノートPCではなく、タブレットを購入しても問題はありません。しかし、まだ若くて、これから先もPCを使っていかないといけないような年齢の方は、絶対にPCを使いこなせるようになるまでは、タブレットを買ってはいけません。今のタブレットは、まだスマートフォンの画面が大きくなっただけのレベルの商品です。タブレットにPCの変わりをさせるには、まだまだ苦しすぎます。タブレットだけでも、様々なことができますが、できることならPCでそれらのことを処理して、タブレットではできないことを、もっともっとPCでやってほしいと思います。

軽量で必要十分な性能のノートPC

持ち運ぶことを前提とすると、今オススメできるノートPCは、MacBook Airになってきます。MacBook Airに不満がない訳ではありません。細かい不満はありますが、トータルで見ると、現状これ以上のノートPCはありません。MacはWindowsもインストールして使うことができます。、MacBook Airを1台持っておけば、様々な場面で役に立ってくれることでしょう。

13インチか11インチかは、自分の使う用途を考えて選択しましょう。

◯13インチモデル

◯11インチモデル

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly