イオンが格安スマホを提供?のりかえのほうが格安ですが、、、

スポンサーリンク

本日の日本経済新聞朝刊一面記事に、イオンが格安スマホという記事がありました。

イオンが格安スマホ 端末・回線、月2980円で 大手料金 高止まりに一石 :日本経済新聞
月額2,980円がこれからのトレンド?

あのイオンが端末と回線料を込みで、月額2,980円で提供するとのこと。大手通信キャリアのような2年縛りはなく、途中で解約した場合は、残りの端末代を支払うだけという、非常に分かりやすい料金体系になっています。料金だけを見ると、非常に魅力的に思うかもしれませんが、今すぐに同じ料金で、もっとお得なスマートフォンの購入の仕方があります。

まずはMNP(のりかえ)

今回記事になったイオンのサービスを利用しなくても、今お使いの携帯電話キャリアを変更するだけで、端末代が本当に0円(一括0円)で、通信量込みで総額2,900円前後(キャリアによって若干値段が違う)でスマートフォンを使うことができます。しかも、端末はあのiPhone5s。性能もデザインも申し分ありません。今回のイオンが提供するサービスの端末は、「Nexus4」です。5じゃありません、4です。Nexus5ではなく、一世代前のNexus4になります。性能的にもまずまずの端末ですが、正直iPhone5sと比べてしまうと、圧倒的に性能差があります。ただひとつメリットがあるとすれば、SIMUフリー端末だということでしょう。docomo、au、SoftBankにのりかえて契約するiPhone5sは、すべてSIMロックがかかっています。海外に旅行などをしたときに、現地のSIMカードを挿しても使えません。Nexus4はSIMUフリー端末です。海外に行っても、SIMカードさえ入手すれば、快適な旅行になるでしょう。

のりかえて入手できるiPhone5sは、SIMロックは掛かっていますが、そんなに頻繁に海外に行く方は少ないため、やはりのりかえてiPhone5sを契約するのが一番でしょう。

通信速度が200kbps

さらにもうひつつ気になる点があります。それは通信速度が200kbpsだということ。現在docomo、au、SoftBankが提供している通信サービスはLTEです。10Mbps前後の通信速度は出ます。イオンが提供する通信サービスの50倍以上速度差があります。この差はかなり大きいです。僕も様々な格安SIMカードを使いましたが、500kbps程度は通信速度が出ないと、日常利用において支障をきたします。正直200Kbpsでは、スマートフォンを使う意味がありません。

4月以降のMNP(のりかえ)はどうなる?

のりかえ(MNP)をすることで、イオンが提供するサービスより、お値打ちにスマートフォンを使うことができます。しかし、4月1日以降はどうなるのか、よく分かりません。巷でも話題になっているように、のりかえ(MNP)時のキャッシュバックがなくなるからです。4月以降にならないと分かりませんが、今までのように格安でスマートフォンを購入することはできなくなるかもしれません。キャッシュバックが無くなるだけで、MNP(のりかえ)時の端末代一括0円は継続するのかもしれません。

端末代一括0円が4月以降もあるのかないのか。これによって、イオンが提供する通信サービスの価値が変わってきそうです。もし端末代一括0円が無くなったとしたら、イオンの加入者も増える可能性はあるでしょう。

消費税増税より、携帯電話業界には激震が走りそうです。しばらくは、その動向から目が離せません。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly