フリック入力の快適さはiPhoneが1番

スポンサーリンク

ここ数週間、iPhoneでメインに使っていたアプリを、Androidスマートフォンに入れました。できるだけiPhoneを使わずに、Androidスマートフォンを使って生活しています。そのおかげで、Androidの操作にも慣れました。

iPhoneを使っている期間が長いため、慣れの問題から、どうしてもiPhoneのほうが良いと思ってしまいます。しかし、集中的にAndroidスマートフォンを使うことで、公平にiPhoneとAndroidスマートフォンを評価できるようになりました。

どっちも使ってみると、ほとんど差はないなぁと感じる訳ですが、唯一iPhoneのほうが優れていると感じる点があります。それはフリック入力の快適さです。

フリックのスムーズさはiPhoneが上

iPhoneだけではなく、Androidスマートフォンでもフリック入力をすることができます。しかし、同じフリック入力とはいっても、微妙に感覚が違うため、どうもAndroidのフリック入力はしっくりこないのです。それこそ慣れの問題の部分が大きいのかもしれませんが、どれだけ文字を打ってもしっくりきません。文字入力システムをGoogle日本語入力に変更しても、まだしっくりきません。

このあたりの感覚の部分は、文字入力システムの問題ではなく、OSの作りの違いからくる部分が大きいのかもしれません。

iPhoneのフリック入力のほうが良いと思う点

●動作がスムーズ
●反応が良い
●フリックした後の文字の表示がスムーズ

以上の3つが、iPhoneのフリック入力のほうが優れていると思う点です。どれもOSの違いからくる動作のスムーズさの違いかもしれませんが、3番目の「フリックした後の文字の表示がスムーズ」については、文字の表示のさせ方の問題のように思います。Androidの文字入力システムが、文字を入力した後の、表示のさせ方を改良してくれれば済む問題のように思います。

若干文字の打ち間違えをするときがあるので、もう少し改良してくれると、iPhoneと遜色ないレベルまで、Androidもきたと言える日がくるはずです。

とはいっても、アルファベットしか使わない国の人たちには関係がないため(フリック入力がいらない)、日本特有の問題なのかもしれません。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly