iPhoneがMovesが専用端末になりつつある件について。

スポンサーリンク

Facebookがまたまたビックな買収をしました。メッセージアプリのワッツアップに続いて買収したのは、僕も使っている「Moves」です。

Facebook、人気行動記録アプリの「Moves」を買収 | 気になる、記になる…
良いほうにいくことを願います。

星の数ほどあるアプリの中で、この「Moves」が一番だと僕は思っています。「Moves」の何が素晴らしいかといいますと、特に難しい操作が必要ないということでしょう。アプリさえ立ち上げておけば、あとはアプリが勝手にライフログを取ってくれます。さらにビックリするのは、動いている速度を自動で識別子、歩いているのか、走っているのか、電車に乗っているのかをアプリが自動で判断してくれます。だいたいこういった便利な機能は、結構いい加減で精度が低かったりしますが、あまりに完璧な認識能力に驚くばかりです。

「昨日行ったお店何だったっけ?」というようなときも、この「Moves」さえ立ち上げておけば大丈夫。しっかりとGPSでログを取ってくれていますので、だいたいの時間さえ分かれば、自分がどこにいたのか思い出すことができます。

言葉では説明が難しい部分もあるので、一度「Moves」をインストールして、この素晴らしさを体験してほしいと思います。

Facebookとくっついてどうなる

Facebookに買収されても、今後も単独のアプリとしてやっていくと表明していますが、間違いなく近いうちに、Movesの機能がFacebookに取り入れられるはずです。FacebookはGPSを使うと、自分の友達が近くにいると教えてくれたりします。すでにこういったGPSを使った機能がありますので、Movesのライフログ機能が、Facebookと合体することで、生活のすべてをFacebookに記録することができるようになるのかもしれません。

すでにそれに近いことが、様々なWebサービスやアプリを連携させることで、できないことはありませんが、できることなら一つのサービスとアプリでできるのが理想です。すでに生活の一部になりつつあるFacebookが、Movesのライフログ機能を搭載し、人生のすべてをFacebookに記録できるようになるのが、僕らにとって幸せなことなのか、不幸なのか。その答えは近い将来に出るでしょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly