こんな時どうする?「LANケーブルが抜けない。」

スポンサーリンク

1日雨が降る日は、外に出ず大掃除。常に整理整頓しているつもりでも、意外に不要なものが貯まっています。ひと通り綺麗に整理した後、デスク上のiMacに繋がる周辺機器のコードを整理しようとしたとき、事件は起こりました。iMacに繋がっているLANケーブルが抜けないのです。

何かの間違いだろうと思って、何度か引っ張ってもビクともしません。何回やってもLANケーブルが抜けないので、だんだん顔が青ざめてきました。このままLANケーブルが抜けないままなのか、、、

どうやって引っ張っても抜けないので、僕は最後の手段を使うことにしました。

マイナスドライバーを使う

引っ張ってもANケーブルが抜けないので、ドライバーを使うことにしました。プラスドライバーではなく、マイナスドライバーです。ドライバーを使うと聞くと、iMacの本体を開けるのかと思うかもしれませんが違います。

マイナスドライバーを、LANケーブルを挿すコネクターに差し込むことで、LANケーブルの爪をしっかりと押し込むことができます

なかなか言葉では説明が難しいので写真を見てください。

IMG 1219 IMG 1220

マイナスドライバーを片手に、もう片方の手でLANケーブルを引き抜くため、抜いている様子を写真撮影することができません。マイナスドライバーを差し込んで爪を上から押し込んでいる状態で、LANケーブルを引き抜くと取れるはずです。

コツをつかめば、わりと簡単にできます。コネクターと、LANケーブルの間の隙間にマイナスドライバーを差し込めば、スルッとLANケーブルを抜くことができるはずです。

最近はデスクトップパソコンを使っている人も減り、ノートパソコンやタブレットは無線LANで繋いでいるという方も多いかと思いますが、万が一のときのために、LANケーブルが抜けなくなったときの対処法を覚えておきましょう。

安いLANケーブルですと、爪が抜けなくなることが多いようです。少々割高でも、爪がしっかりとしたタイプのLANケーブルを使いましょう。

1398762396567

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

2 件のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    YUYA

    IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
    follow us in feedly