今ある環境でストリートファイター4をプレイしよう

スポンサーリンク

Kindleで面白い本がないか探していたら、大尊敬する梅原大吾さんの新刊が出ているのを見つけました。

梅原さんといえば、「勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)
」という本を出し、ただ勝つのではなく、自分が成長し続けることこそが、勝ち続けることだと提唱し、多くの人の共感を生みました。この本が多くの人の手に届いたことで、プロゲーマーという認められにくい職業を、多くの人に知らしめました。

梅原さんの2冊目の本、「勝負論」も大変素晴らしい内容で、あっという間に読み終わりました。こんなに冷静に物事を分析する梅原さんは、どんなゲームプレーをするのだろうか。興味が沸かない訳がありません。YouTubeで「ウメハラ」と検索すると、梅原大吾氏のスーパープレー動画がたくさん出てきます。ウメハラ動画を見ていて感じるのは、ただうまいだけではなく、間違いなく彼独特のプレースタイルがそこに存在していることを感じます。格闘ゲームというジャンルは、ただ勝つためだけの効率的な戦いをするのがベストですが、梅原さんのプレーは、見る人の想像を超える意外性があります。自分でプレーせず、他人のゲーム動画を見ても、ゲームの本当の面白さなんて分からないはずですが、梅原さんのプレーを見ていると、なんだかワクワクしてきます。

そんな梅原さんのプレー動画を見ていたら、久しぶりにゲームがやりたくなってきました。勿論やりたいゲームは「ストリートファイター4」です。昔PlayStation3版の「ストリートファイター4」購入し、それなりにプレイしていました。しかし、PlayStation関係はすべて手放してしまったため、PlayStation3は手元にありません。

ストリートファイター4をプレイするには、またPlayStation3かXbox360を購入しないといけないかと思ったそのとき、あることに気付きました。

Windowsパソコン用のストリートファイター4があったはず

わざわざゲーム機を購入しなくても、Windowsパソコンがあれば、ストリートファイター4がプレイすることができる。僕の手元にあるのは、MacBook AirとMiix2 8(Windows8の8インチタブレット)という2台のパソコンがあります。MacBook AirはWindowsパソコンではありませんが、Macの中にVM ware FUSIONという仮想化ソフトを使って、Windows8がインストールしてあります。仮想化環境とはいえ、結構サクサク動いてくれます。

このままストリートファイター4をインストールできるのではないかと思い、ストリートファイターのベンチマークソフトを使って、本体の性能を診断してみると、まずまずの数値が出ました。さすがにフル機能の映像ではプレイできるスピードにはなりませんが、解像度を落としていくと、普通にプレイするには支障のないレベルになりました。

Steamというプラットフォームでストリートファイター4が発売されていました。

このSteamというプラットフォームでアカウントを取得すれば、複数のデバイスを持っていても、すべての端末にゲームをインストールすることができます(複数の端末で、同時にプレイはできない)。

前からSteamというサービスも少々気にはなっていたので、今後のことも考えて、Steam版のストリートファイター4を購入することにしました。

Steamインストール時の注意点

Steamのプラットフォームソフト、ストリートファイター4のソフトをダウンロードすれば、ゲームができるようになります。ストリートファイター4のゲームデータは6GBぐらいあります。相当時間が掛かりますので、予め覚悟しておいてください。

ソフトをダウンロードして無事プレイ開始と思いきや、いきなり「An unhandled error occurred」というエラーが出ました。これだからパソコンは疲れます。PlayStation3などの家庭用ゲーム機なら、こんなことはないでしょう。

色々ネットで調べると、Windows8だと出るエラーのようです。どうもSteamがインストールするGame for Windows Liveのバージョンが古いせいとのこと。

Super Street Fighter IV: Arcade Edition 蹴球伝説 特攻のカルチョビット3DS
Windows8の方は注意。

まず「Game for Windows Live」と「Games for Windows Marketplace Client」をアンインストールして、最新バージョンをインストールすると、無事にストリートファイターを起動することができました。

これでやっとストリートファイター4がプレイできるようになりました。複数のデバイスにインストールできて、3,000円ぐらいの値段なら良しとしましょう。

まずはベンチマークソフトでチェック

かなりグラフィックが綺麗なゲームですから、最新のパソコンじゃないとプレイできないと思ってしまいますが、グラフィックの設定を変更することで、非力なパソコンでも快適にストリートファイー4をプレイすることができるはずです。いちどベンチマークソフトをインストールしてみて、自分のパソコンで動くか確認してみましょう。

4Gamer.net ― 7月2日発売! PC版「ストリートファイターIV」のベンチマークソフトを4Gamerに掲載
まずはベンチマークソフトでチェック。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly