iPhone6はこのデザインで確定なのか、、、

スポンサーリンク

連日出てくる、次期iPhoneのモックアップなどの流出写真。ここまで同じデザインのものが流出するということは、おそらくこのデザインで確定でしょう。

「iPhone 6」のモックアップと「iPhone 5s」との比較写真やアルミ製モックアップの写真が新たに公開される | 気になる、記になる…
もうこのデザインで確定かと。

ニュースを見れば見るほどガッカリするのは僕だけでしょうか。ガッカリとまではいきませんが、まったくワクワクしません。現行iPad、iPod touchデザインの流れそのままのデザイン。本当にこれでいいのでしょうか。

完成形とされる「iPhone 6」の4.7インチ版のモックアップと「第5世代iPod touch」との比較画像 | 気になる、記になる…
驚きがないデザイン。

こうやってiPod touchと比べると、ますます感動がありません。iPhone3GSからiPhone4、iPhone4SからiPhone5へとデザインが変わった時は、もう少し驚きがあったはずです。しかし、今回のiPhone5sからiPhone6へのデザイン変更は、、、今までで一番退屈なデザイン変更のように思います。

iPhoneが大きくなるのが良いのだろうか

世の流れ的に、スマートフォンが大型化していくのは仕方がないことかもしれません。しかし、iPhoneまで大きくなる必要があるのでしょうか。僕の周りでは、今のままのサイズがいいのに、と言う方がたくさんいます。これ以上大きくなると、片手で持てなくなります。

実際にNexus5などの大型スマートフォンを使っていると分かることがあります。それは、フリック入力で文字が打ちにくいということ。OSの違いからくる、文字入力の感覚の違いもありますが、微妙に画面が大きいせいで、親指のコントロールが少々難しいのです。

この問題をAppleはどう片付けるのか注目したいところですが、とくに手を打たず、今のままのフリック入力の画面がただ大きくなるだけのような気がします。今のままのユーザーインターフェイスで画面が大きくなると、間違いなくフリック入力はしにくくなります。

不安しかありませんが、どうにか文字入力の快適性だけは確保してほしいところです。

その他にも、画面が大きくなることで発生する、画面解像度の問題もあります。今までは解像度を倍にすることで解決してきましたが、iPhone6では、そのやり方では解決できないようです。この問題をちゃんと解決しないと、Appleにとってドル箱と思われる、アプリからの収益システムが崩壊してしまいます。ここだけは、かなり力を入れて、問題が起きないようにするでしょう。

次世代iPhoneのRetinaディスプレイの解像度は今後どうなる?? | IT Strike
意外に大きな問題。

とにかく、期待より不安ばかりのiPhone6。夏の終わり頃には、その姿を見ることができるかもしれませんが、あまり期待せず待つほうが、精神衛生上よろしいかと思います。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly